2018年02月25日

ドクター・ストレンジ

マーベルヒーローモノ、今回は魔法使い。

まぁ色々と便利能力の持ち主です、時間戻せたりするからね、でもバトルでは強いのどうなのか微妙にわからない感じが良い感じ。

今回のドルマムゥとの戦いは我慢比べで敵が諦めるという感じだしね、負け続けでもそれをループさせる事で相手を泣かすという感じがチョイと面白です。

またアイテムのマントがいい感じ、面倒見が良さそうな感じとイタズラ好きな愉快なマント、今後の作品でこの凸凹コンビがイイ味を出しそうな気がします。

主人公の我が侭な感じというか独善的という性格、トニー・スタークと似た様な部分もあるけれどチョイと弱腰な感じとかもキャラ的に人間臭くてイイ感じです。

この映画の見所は時間を戻す感じとサイケな異世界トリップの部分です、この部分だけでも十分に楽しいです、今回は2Dで観たけれどもう一度3Dで観たいと思いました、ビルとかがグリグリグルグルと動くところとか、空間が伸びるシーンとかはきっと3D観ると違う気持ち良さがあると思いました。

一歩間違うと単なる漫画映画になりそうな所を冒頭の医療モノ演出、闘病演出等を入れる事で頭がその様に切り替わりその後の魔法演出もシリアスに思えるのです、これぞムービーマジック。
posted by mouth_of_madness at 22:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。