2018年02月28日

エイリアン・コヴェナント

またしてもエイリアンですよ、プロメテウスの続きな感じですよ。

これがねぇまたしてもツマラナイのですよ、これエイリアンシリーズにしておかないと予算が集まらないからエイリアンにしているのではないかという感じの映画です。

前作のプロメテウスもそうでしたが中途半端な創造主と人間、それと人間が生み出した新しい人類みたいな事が五月蠅くてどうにも面白く無い。

イヤ別にその様なテーマが駄目と言うのではないのですよ、エイリアンが暴れるシーンとどうにも繋がらずチグハグな感じがするのです。

また格闘アクションとかも非常にヌルい感じでなんでこんなモノ入れるのですかという感じだし、2代目艦長問題とかも何だこの中途半端な人間ドラマはとなる始末だし、着陸船が壊れるエピソードも実に雑な感じです、パニックになればあれがリアルです言われるのかもしれないけれど僕には雑としか思わない展開です。

まぁ冒頭の宇宙船の事故も何それという感じだしね。

なんか尺の為?という感じしかないのです。

実にダラダラとした厨二病な感じの映画に仕上がってます。
posted by mouth_of_madness at 21:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。