2018年05月21日

引きこもり

こもる期間が長くなれば長くなる程状況は悪化する、多分その事は本人も分かっているけど辞められない、それくらいに追い詰められる外の世界とは何なのだろうか?

殆どの場合は精神が鍛えられていない為に生活する為の体力がないという事なのだろう、マラソンを練習をする事なく参加させられたら辛いだけで限界が来たら倒れるでしょ?多分そんな感じだと思う。

でもそのマラソンは強制参加なのですよ。


暴れたくもなるし、引きこもりたくもなると思います、でも止まると再始動は更に労力がいる。


中高年の引きこもりの実態調査をする、数とかが分かったところで何の意味もない、既に手遅れです、まぁ親とかが死ぬと現実に引きずりだされるのだろうけどね。


中高年の事を知るための予算があるのならば逃げたくなる社会についてもっと知り改善するべきだし、子供にいち早く現実を理解させ生き抜くための体力をつけてやるべきなのです。

中高年の引きこもりは残酷だけど見捨てるべき、中途半端に甘やかすから更に悪い状況になるのです。
posted by mouth_of_madness at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。