2018年06月19日

MOZU

テレビドラマがあっての劇場版。

テレビドラマも最初こそ「オッ!」という感じだったけど段々失速し2ndシーズンで拙いぞこれになり劇場版でどっちらけになる。

それにしても何だろうこのスケール感のなさ、日本を牛耳る組織のショボショボ感、其処まで力あるならテロみたいな囮作戦なんかする必要なんか無いと思うけど。

それにそのフィクサーは何であんな所で療養しているのよ、もっと良いとこで療養できるよね、なんか自称フィクサーなんじゃ無いのと思う、人材にはイマイチ恵まれていない感じだし。

たけしの演じるフィクサーぶりをみても単にヤクザの親分程度の感じ、カリスマ性もなければ神秘性もないもう少しバケモノ感が欲しいよね、単に生に執着するような爺では何の威厳もない。

また頭のチョイとおかしなキャラが出てくるのだけどいつもながら思う何であんな風に笑うのか、定型化したキチガイの演技はもう腹一杯です。

まぁ酷いこれ劇場でみたらきっと凹む。

シリーズを観てきて最後がこれかというのもダメージがデカイ。

posted by mouth_of_madness at 22:55| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。