2018年06月24日

怠惰

田原総一朗とか青木理とかがモリカケ問題解決していないのに支持率が上がるのは一体どういうわけなのだと疑問を投げかける。

BS朝日の番組観てないからわからんけど、多分これこういう理由で支持率が上がっているという答えは無いと思うし、国民を説得できていないマスコミの報道姿勢の不備とかを分析する事も無かったのではないだろうか。

支持率が上がる理由がわからないのであればそれを調べなさいよと思う、それが仕事でしょ?

基本思い込み、先入観で報道している間は真実なんか見えて来ないと思う、結論として偏向するのはその人のポリシーだろうから良いとしても取材の段階から偏向していたら現状なんかわかる筈はないですよ。

偏向したいのであれば現状を理解した上で誘導しなければ効果は出ないと思う、更に直ぐバレる様な切り貼りとかでは今の世の中段々と人は騙されないのではないかと思う。

昔は通用した手法が通用しなくなった、それを嘆いたり、国民が頭が悪いとかいったところで何の問題解決にもならないのです。

あまりにも怠惰です。


時代の流れが読めていないのですよ、色々な取材等を重ねていれば時代の流れは大きく変化している事に気が付く筈なのにそれが読めていないのは、頭が悪いか、取材をちゃんとしていないという事なのよ。

次の時代がどうなるかはわからなくても現状は取材と分析である程度は理屈は立つ筈、それをやらないのは怠惰以外何者ものでもないのです。


引導を渡す若手が出てこないと駄目よね、圧倒的取材と論理構成で現状を分析して伝える能力のある者が老害を過去のモノにする様な感じでないと時代に取り残される。

そういう意味では若手も怠惰なのよ。

まぁ取材の為には人脈がとかいうのだろう、若手はそれが無い、年月を使わないと人脈は出来ないとか温い事を言うに違いない、若手は思慮がないとか適当な事を言うに違いない。

年寄りの先入観に凝り固まった害悪と比べるとどうかなと思うけどね。
posted by mouth_of_madness at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。