2018年06月30日

賢いけど充分では無い

東大とかの有名大学を出ている人、賢いとは思うけど充分に賢くは無い。

プロの賢さというのがあるとしたら殆どはアマチュアな賢さなのです、例えるなら高校野球で甲子園に出たといった感じだと思う、そこからプロ野球選手になれるのは一握りで、更にプロで大成出来るのは更に一握り。

大概の人よりは賢いのだけど賢さが足りないから人を導き世の中を良くするというまでの能力がない、世の中を良くすればより快適な生活が出来るのにその事に気がつかない程度の賢さなのですよ。

自分の快適さで満足したり、周りが馬鹿に見えるという様な所で停止している様な馬鹿なのです。

馬鹿に説明する時間を無駄と考えている様では賢さが全然足りないのです、サクッと馬鹿にも理解できる様に説明出来てこそ身についた知識があるといえるのです。

知識等を共有することによりより大きな事が出来るのにそれが理解できていない、人間性という事もあるかもしれないけれど僕はそれらの人は賢さが足りない為にそこまで思考が回らないのです。

賢いといっても歴史に名を残す程の凄みのある天才の感じしないでしょ?

雑誌とかメディアでおもちゃにされるのが関の山です、金儲けは出来たとしてもそれが精一杯の賢さなのです。



まぁそんな事いっても僕なんかクラスの野球チームでも補欠にもなれない愚民だけどね。
posted by mouth_of_madness at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。