2018年07月15日

パラレルワールド

SFとかのネタでよくあるパラレルワールドネタ。

わかちやすくする為に成功例と現実といった対比になったり劇的に違ったりする、またタイムマシーン等で過去を改竄して分離した感じとかね。

でもねぇどうなの?

実際にパラレルワールドがあるとしたら無限に世界は有るのですよ(その事を考えるとパラレルワールドなんか存在しない様に僕は思う)物語は分かりやすくする為にそうしているのはわかっていても何か腑に落ちない。

都合よく違う世界に行けるのが納得いかない感じがするのです。

実際には違いがわからない世界も無限にあると思うのです、違いがわかる世界も無限に有るのだ、それなのにどうにも当たりが出過ぎなのですよ。


なんらかのメカ等で検索するにしても無限にあれば検索時間はどうなると思うし、行きたいワールドの事を考える事で行けるといった場合でもその条件を満たした世界は無限です、どうするのよと方法が想像つかないのです。

実に都合のいいパラレルワールド設定にしか思えないのです。
posted by mouth_of_madness at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。