2018年07月22日

人類が馬鹿になる

前にも書いたけど人類が馬鹿になっているという状態。

この理由を妄想的に考える、これって情報過多というか情報を入手すれば問題が解決するからではないか?これから更にAIとか普及していくともっと馬鹿になるのではないかと予想される。

また仕事が専門的になっていくのも馬鹿になる要素だと思う、専門は詳しいのだが関係無い事は知らない為に脳が全体的に鍛えられないのである。


また情報についても必要の内容がピンポイントで収拾出来ると時間的には効率が良いのだろうかそれの理屈を理解する事無く中途半端な状態になってしまうこれもまた馬鹿になる要素なのだと思う。

数学とかで数式を知っていれば答えはでるでもその数式の理屈を考える事が脳の発達をさせると思う。

確かに情報の検索というのも脳を使う部分だとは思うけどやはりそれに特化すると脳の発達は一部になってしまうと思う。


良く学校の勉強なんて意味が無いもうタブレットとかで十分とかいう人もいるけどこれでは徐々に人類は馬鹿になり新しいモノがドンドン生まれなくなる。新しい知識が生まれなくなる社会になるのではないだろうか、新しいモノが生まれない社会で段々検索する事も減りドン詰まりに陥るのではないかチョイと怖くなるのです。
posted by mouth_of_madness at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。