2018年07月23日

俺物語

ゴリラ男の純情ラブコメディ映画。

実に爽やかな仕上がりだと思うけど猛男の勘違い状態だけで映画全部とは引っ張りすぎだとは思う、まぁまとまりとしてはいいと思うけどね。

マンガ原作だから過剰の演技をするのだけどそれがあまり変に見えないのは実に良かった、ちゃんと振り切っって演技しているからだと思う、中途半端があるとそこに違和感を感じるのだろうけどそれがない為にリアリティが生まれているのだ。

まぁ柔道のシーンは酷かったけどねもう少しちゃんと投げるべきだと思う。

今観ると、主役の鈴木亮平とヒロインの永野芽郁が同時期に大河ドラマの主役と朝ドラの主役をやっているという状態がなんかチョイと面白い、更に言えば猛男の感じが絵に描いたような感じの西郷どんなだけに更に面白い、たいがでも後半あんな風になっていくのだろうか?


posted by mouth_of_madness at 07:23| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。