2018年07月25日

うなぎが廃棄

うなぎが大量に廃棄されている件について。

これって廃棄する事前提に高い値段をつけているという事だよね、捨てるくらいなら出し抜いて安く売ろういう業者はいないのだろうか?

まぁいないから高値で安定しているのだろうけどね。

これと似たような事がクジラでもあるみたいだしね、高いから売れ残る、安く売って廃棄を減らすより高く売った方が儲かるという仕組み、これらって需要と供給で価格が決まるという事じゃないという事だよね。

今の値段で売っていいから捨てるのやめなよと思うのは僕だけ?

安く売っての絶滅とかは避けたいから値段は据え置きで良いと思うのよ、それは供給が少ないから高いで納得ですよ、廃棄は供給過多な訳でそれは避けてという事なのよ。


商売で数を確保するのが大事なのはわかるけど、確保出来なければビジネスチャンスを逃すわけだから、でもそのエゴで無意味な死を増やすというのはちょいといただけないと思わなきゃ、廃棄処分の費用がかかるより大事なのよ。

その感覚を失うと商売はどんどん貧しい方向に行ってしまう、金が儲かっていたとしても商売的にはドンドン貧乏くさくなるのです。
posted by mouth_of_madness at 22:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。