2018年07月28日

分散が足りない

都市部への一極集中の問題はズッといわれているけれど労働時間の一極集中も実はよろしく無い。

もっと分散するべきです通勤ラッシュの緩和の為にも分散するべきです、生活時間を一緒にしないと問題が起きると言う意見もわかるけどね、でも僕はもっと分散させるべきだと思う。

分散が上手く行けば深夜も電車の運用も可能になったりして新しいライフスタイルが生まれるのではないかと思う。

兎に角会社が9時から10時始まりの17時から19時終わりぐらいで並んでいるのは実に面白くない、そしてその時間に合わせてテレビ番組等の時間編成も組まれていたりする。

確かに集中すると色々なモノが効率が良いのだろう、でもねぇ今は色々なモノが変化して24時間動くモノが増えているのですよ、人の生活時間帯の幅も昔に比べて拡がっているのですよ。

そのライフスタイルに合わせてもう少し企業も勤務時間の幅を拡げるべきですよ、フレックスタイムというのも有るけれどこれもコアタイムとかで縛られ意外と普通の勤務と変らなかったりするのですよ。

6時始業の15時終わりの会社とか、17時始まりの26時終わりとかでも良いと思うのですまぁ今は電車とかの通勤環境がその様になっていないから厳しいけれど。

これが可能だと保育所問題とかも解決したりするのじゃないのかと思うのです。

もっと柔軟に時間割を決めれても良いと思うのです。

技術職的な事をやっていると仕様が決まってしまうと打ち合わせ等もあまりなく黙々と自分の仕事をこなすという感じだだったりするからね、後はチャット、メール等で進捗状況確認と情報共有で動いていくからね、打ち合わせが多いところはプロジェクト毎に時間を決めていけば意外と回るのでは無いかと思うのです。

効率化とは違う反対意見として健康の為には昼間働くべきという意見が出るとはおもうけどね。
posted by mouth_of_madness at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。