2018年08月03日

東京医科大学

医科大学の女性受験者減点問題。

やり方は確かに褒められたモノではないのだがこれを単純な差別問題として考えては駄目ではないか?この様な事になった医療現場での問題が受験に影響しているのですよ。

現場で役に立たない、結婚等で辞めてしまうという流れがあっての減点な訳ですよ、文句を言うならこの医大に文句言うのではなく女性の価値を下げた先輩たちに言うべきなのですよ。

入試で優秀でも現場で働かない、短い期間だけというという者を育てるより能力はチョイと落ちるかもしれないけれどバリバリ働いてくれる人間を育てた方が人の為になるよね、育てられる人数には限りがある訳でその中でベストな人材確保という意味ではスジが通っているのです。

多分受験の前にちゃんと告知していれば良いのですよ、ウチはそういうポリシーですとね。

まぁ実際問題男性でも辞める奴は辞めるから、スマホじゃないけれど何らかの縛りで医療従事をさせる、しない場合はなんらかのペナルティとかがあるとかをやらないと、指導が無駄になるからね。

こうすれば男女の問題ではなくなるからね。

posted by mouth_of_madness at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。