2018年08月13日

マドンナ

マドンナが最近の音楽はみんな同じに聴こえるという発言。

確かそうかもと思うけど、そういう事を言うと老化だと言う反論が来るのですよ、確かにそれもあると思うけどね。


でもふと考えた、ヒット曲のパターンというか人が心地よく感じるパターンというのが実はそう多くないのかも、それを周期的に回している感じではないのかと思う。

たまに新しいパターンも生まれるけど商売的に消費されあっという間に陳腐化する、新しいジャンルが生まれると似たようなモノがジャンジャカ出て流行になり衰退するのをこれまで何度も目撃したでしょ?

中々新しいパターンは生まれないのよ、映画もバンバンリメークしたりするしで商業化はあっという間に鉱脈を掘り尽くしてしまうのです。

商業化は売れるセオリーを踏襲するからある種のパターン化に陥りやすいだろうしね、食わなきゃならんから実験ばかりをやるのは難しいよね。



まぁ今回の記事商業音楽の権化みたいなマドンナが言うというのが面白い部分でもある。
posted by mouth_of_madness at 22:49| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。