2018年08月17日

パラキオン

今日帰る時に夜道で謎の会話をしているオッさんがいた。

そうパラキオン、世の中を占めるのはパラキオンの一派、ああそうねセオチンもいるね、君いいこと言うねというような会話をしているのだけど一人なんです。

こういった感じの一人にしか見えないのだけど会話している人っているよね、ヘッドセットじゃないのとか言われるかもしれないけれど多分違う。

会話しながら相手を見ている感じがあったからね、指差しもしてたし。


昔からこの手の人よく発見する方なんですが今日はちょいと不安になった。

この人って僕にしか見えていないのではないか?

そしてその人もその人にしか見えていない誰かと会話しているのではないかと。

そもそも街中を歩いている人全てがこの世界の人間なのだろうか?何人か幽霊だったり別の時空間の人間だったりしないだろうか?

僕の頭がおかしくて居もしない人を脳内で作り出しているのではないかと思ってしまうと一瞬動けなくなりました。

見ていても認識しない、逆に見ていなくても認識する、全ては脳内で作られた世界に生きているのが人間そう考えるともう今目の前にいると認識している存在は何?


この妄想の堂々巡りに入り込み抜け出せなくなると狂ってしまうのかもね、電波系の人がそうなった結果なのかも。
posted by mouth_of_madness at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。