2018年08月20日

移民政策

スウェーデンで車燃えまくり、移民政策の不満爆発らしい、きっとコレから元々のスウェーデン人も怒りが爆発するのだろう、それに移民の旗振りをしていたドイツも送り返す的な感じになっているし、フランスも酷い事になっていたりする。

多分ねこの流れ新たなるナチスを生み出す土壌として徐々に育っていると思う。

なんでこんな風になるのか?

理性と本能の軋轢ですよ、理性でコレは良い事だと理解していても本能では拒否している、その微妙な空気を移民たちは感じるし、甘やかされればどんどんダメ化するのですよ。

移民を入れる事と受け入れる事はかなり違うのよ。

ただ入れただけで何も認めていない状況なのです、対等ではない感じでは人は歪む。


人を混ぜる、文化を混ぜるというのは大変なのに、安易な薄っぺらな善意でそれを行うのはより大きな不幸を生み出すのです、内乱とか殺し合いになった時の責任を誰がとるの?

安易な移民を煽った連中は多分とらない、むしろ問題が起きた時には国民の民度低すぎると叩くと思う。


悪化した治安はさらに人を凶暴に悪質にするよ。











posted by mouth_of_madness at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。