2018年09月18日

有害物質

有害だから原子力発電は駄目、廃棄物の処理が出来ないからダメという意見、たしかに問題だと思います。

でもソーラーパネルの廃棄物にも有害物質があってちゃんと処理をしないと大変危険らしい、また製造過程でも有害物質が出る、安いからといっても中国製を買ったりするけどその中国のメーカーの中には有害物質垂れ流しという事をやっていたりする。

日本にはその有害物質は関係ない?

安さの理由ももう少しちゃんと吟味するべきではないのか?

自分のだけよければ良いという環境保全の考えで自然エネルギー、再生可能エネルギーだろいうのであればそれは単なるエゴでしかない。

ソーラーパネル配置するために木を伐採とか何かとおかしかったりするしね。

また配置場所によってはパネルの反射光で生活に支障が出ている例もある、風力にしても低周波の騒音問題とかもある、引っ越せば良いじゃないですかといのであればそれは核廃棄物処理場と同じだよね。


これら問題は人間がメリットデメリットを客観的に判断できない事、扇動されるとあっいう間に流れに取り込まれる事なのよ。セールストークにコロっと騙されるのよ、また文化人という自称意識高い系の人は直ぐに飛びついてしまうのよ、そしてついつい善意から扇動してしまう。

でも知識が足りていなかったり、まだ問題が起きていなかったりでチョイチョイ間違ってしまう。

ある程度のロングスパンで物事見る事も大事ですぞ。

これまで進歩する過程で様々な問題が起きてきた訳で、新しいものには何か問題が内包していると考えて慎重に進めるべきなのよ。


posted by mouth_of_madness at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。