2019年01月07日

Dr.Ai

Aiの診断で自己治療する世の中。

これは結構良いかも、これとスマートウオッチとかが連動して生活習慣と脈拍等のデータとかで日々の健康診断等をしてくれればかなり病気の前兆を教えてくれる様になり医療費の問題や、病院での待ち時間の削減にもなるのではないだろうか。

健康管理のデータが医者に渡せるという事も病気の原因の特定の効率化を図れると思う。

途中段階では医療ミス的な事が起きるかもしれないがそれに負けては駄目、Ai同士が情報を共有していく事で状況判断の精度が高くなり並みの医者の見立てより良くなる可能性を秘めているのです。

医者が経験を積み見立てが出来る様になるまでの経験値をAiならばあっと言う間にこなせるはず、またカルテのデータがあれば過去の症例も知識となり見立てに関しては恐ろしい情報量と経験値の医者になれる可能性を秘めているのですよ。

家で見立てが出来るとなるとじっくりと質疑応答も出来るのも優位に働く要素。

病院だと一人に使える時間が限られるからね。

処方箋まで出せればベストなのだがこれはAiを騙す様な受け答えで薬を手に入れる輩が出てくるだろうから中々難しい、事故にもなりかねないから責任の所在がらみもあり難しい筈だ。



データが増えれば人間の医者が気がつかなかった大病の兆候にAiが気がつくのではないかと期待する、ある種の法則性を導き出す日がくるのだ。



posted by mouth_of_madness at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。