2019年04月15日

差別はナクナラナイ

差別は無くなりません、ある程度までは色々な法律と教育等で押さえることは出来ると思いますが差別の無い社会は無理です。

差別反対と言っている人達、差別する人を受けいれる事が出来ないでしょ?

そういう人にレッテル貼って差別するでしょ。

こんな風に人は嫌悪感や恐怖、優越感から拒絶するモノがあるのですよ。

人はそんなに自分の感情を抑えて生きられるほど強くは無いのです。

ついつい自称正義を振るっているときも差別的に成りがちなのも人の欠点。

正している俺の行動は許されると勘違いしている状態って実に差別的でしょ?

また差別された思う人がいる以上差別が有ったという考えも差別を無くす事が無理な部分。

人の感じ方に任せるって駄目です、感情に左右のされたら何処まで行ってもおとしどころが無く何度も卓袱台返しが起きるのですよ。

キリが無いのです、人のあやふや感情は質が悪いのです。

こんな風に考えるとどう考えても無理でしょ?
posted by mouth_of_madness at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。