2019年04月22日

政治批判芸

政治批判芸の大半は面白くないのは何故か?

あまりにも稚拙だからだと思う、批判するだけの知識がないまま批判をしても薄っぺらいし、単に批判だけならネットに山程転がっている訳ですよ、芸ならばもう一捻り加えて支持者も非支持者も成る程と思わせる鋭さがないと面白くはならないのです。


また与党に特化した批判だとどうにもピンスポ的で変な思想感がノイズになり笑えないよね。

お笑いに転化させるつもりはないというスタンスでやっているというのであればもっと理論構築をちゃんとしないと説得力はない、単にやり口が嫌いと言われても困るのですよ。

浅い知識と誰かに吹き込まれた政治思想ででがなり立てられても五月蝿いだけなのです。


また嫌韓本とかを批判している様な人の安倍政権批判も同じレベル、単に憎しみの暴走だけしかない阿呆な悪口、そこから抜け出せない永久地獄、コレはもう政治批判云々のレベルには達していない、阿保な学校の帰りの会レベル、〇〇君は臭いですとかとそう大して違わない。
posted by mouth_of_madness at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。