2019年07月14日

政治家の人数

何で国会議員ってあんなに必要なの?

基本的に党で意見が縛られているのであればあの人数はいらないよね、色々な考えが必要というのであれば議題ごとに専門の有識者を集め討論する方が良いのではないのと思う。

そもそも党という集まりこそが諸悪の根源ではないの?烏合の衆が集まるから変な問題も起こすし、責任の所在も不明瞭になる。

議員なんて20人もいれば十分でしょ、それぞれに議席数のウエィト付けだけやっていけば事足りると思うのです。

そしてそれぞれがブレーンを雇い政治を実行していくそれの方がよほどスッキリしていると思うけどね。

有権者のご機嫌取り議員なんて無駄なだけ、各県の情報は県会議員が中央に上げれば済む話、国政はもっと大局を見てやるべき事なのよ。

自分達の考えを広める為に講演会とかもやるのも無駄、そんなモノは月一ぐらいで当選した議員はネットでジックリ語れば良いのよ、いや義務付ければ良いと思う。NHKもそれを政見放送的に毎日流すのです。

アーカイブ化すれば考えの変化もわかるし、嘘等があればそれも残るのが良いのですよ。

何について語るのかも目安箱的なモノが有れば知りたいことについて話が聞けるしね、ちょうど数集まれば答えるホワイトハウス的な感じですよ。


世の中必要な無駄は有るけど、数埋めのタレント議員とかいる?これは只の無駄だと思う、これが独裁とかを防ぐとでも言うのだろうか?

殆どの議員何してるかわからないのよ、ヤジ位しかしていないでしょ?


陳情窓口?それならば議員である必要なし。


普通の生活をしていれば自分が投票に行く議員が何している奴なのか殆どのわからないというのが実情でしょ?とりあえず○○党かなとか言う感じでそこに所属する議員に入れているだけ。

そんな議員選びに意味があるとは思えないのですよ。
posted by mouth_of_madness at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。