2019年09月04日

シャザム!

これまたアメコミヒーローモノ、中身が子供だからチョイとお馬鹿テイストの映画。

じつにばらんすが悪い、コメディとシリアスが混じり合っていないから観ていて非常に疲れる。

またバトルシーンもなんか単調で見応えがない。


力を持った者が暴走し、理解者と喧嘩、でも其処で成長して仲直りの有りがちな展開、それは良いのだけど混ぜ具合が良くないためにグッとこないのよ、すれ違う部分はもっと丁寧に描きゃなきゃダメよ。

もっと主人公の内面をしっかり描かないと選ばれた理由とかもピンとこないままです。

敵側も育てられ方が悪くてグレた、選ばれなかったから拗ねたではイマイチだよね、同じような境遇でもグレなかったみたいな対比が無いから何だかなぁとなる、それならば本質的にダメ人間という部分をもっとちゃんと描かないと、選ばれなかった内面をちゃんと描かないと。

また主人公は力の無駄遣いをするのですよ、やはり其処で一度力が使えなくなるような部分が欲しい、事故をおこすという演出を入れてはいるけれど、譲られた力は使い放題というのは話的にどうなのよ。


なんか色々と雑で駄目映画なのです。
posted by mouth_of_madness at 23:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。