2019年09月05日

阿呆な野党

野党の阿呆な議員とか見ていると何で政治家目指したのと思う。

ヤジとか三流ゴシップ誌のような事を叫ぶために議員目指したの?まぁ俺を目指したのならば夢を実現したと言えるけどね。

まぁ実際は金とか先生と呼ばれチヤホヤされたいだけだよね、その為にヤジを飛ばすだけの簡単なお仕事をする。

まぁ与党の有象無象も似たようなモノだけどね、それでも政策を通すための一票になっているだけ仕事をしているとも言える。


本当に政治をやりたくて政治家になったのならば漢字クイズとかで時間を無駄にするとかないよね、細かい言論の揚げ足とったりとかは馬鹿らしくてやってられないよね。

黙々と理屈立てて政策の問題点を潰す、それが政治よ、議員の仕事よ。


誰がどの党が発案したかは関係ないのよ、発案されたモノを吟味し磨き上げるのよ、人となりの悪口言って何が国民の国のメリットに成るのよ。

発案されたモノに問題があるから廃案にする、それも確かに仕事ですけど発案されたという事を考えれば何らかの問題がそこにあるからなのよ、その問題を解決する対案を出さなければ廃案しても問題の解決には繋がらない。

対案等で案を潰さない限り意味はないのよ、暴言等で議員を辞職させたところで自分達の仕事はしていないのですよ。


悪口や人格攻撃しているヒマがあったら明確な議論で廃案しなさいよ。


でも馬鹿だからそれをやり続ける、その結果国も国民も損し続ける、まぁ国民も損している事にあんまり気がついていないのだけどね。

企業等に比べたら国会は温い、ライバル派閥の悪口言っているだけで成り立つってぬるま湯も良いところ。
posted by mouth_of_madness at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。