2019年09月15日

ストレステスト

雇用状況や労働者の精神状況を管理したいという感じのストレステストとかをやった。

悪かったら解雇されるのだろうか?不利になるのだろうか?

何だろうこのテストこそがストレスに成るような気がするのは僕だけか?


何か良い感じにしたいというか苦情は回避したいといった理由なのだろうけど、どうにも薄っぺらな方法で、無駄ではないとは思うけど何となく非効率な感じ。



これでストレスが凄いという結果が出た人、一体どうするのよ?休めって言うの?でもストレスを感じるような事をしているから給料を貰えるという事でもあるからね。

ストレス耐性の低い人はそれに向いた仕事をやれという事なの?でもそれで給料が大幅に減ればこれまた別のストレスよね。


改善する方法が難しいよね、好きな事や美味しいモノ、酒とかも改善になると思うけどお金がかかるのがね、消費税が上がるのも発散の機会を奪うしね。

年十二万くらいマッサージだの飲み会だのが領収書だせば年末調整で戻って来るくらいの事をして欲しいよね、対人関係の問題は難しいけれど金で解決するストレスは国がどうにかしてと思う。

ストレス抱えている人が想像以上に多ければ其処までしなければ色々と問題が起きますよ。

ストレスとストレスがぶつかると酷いことになるから出来るだけ安易でも金で解決していかないと社会は不安定になる、ストレスを連鎖させないのが大事。
posted by mouth_of_madness at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。