2019年10月27日

自転車の修理

自転車のチェーンが駄目になって修理に持ち込むも規格が古すぎて合うチェーンがない、結局ギアも交換する羽目に。

安い自転車が買える値段の修理費。

20年近く乗っているし前のオーナー時代も含めれば25年は超える状態、もしかすると普通は買い換えるのかもね、でも修理してしまう。

何だろうねこの感じ、バンバン買い替え古いのを捨てる事ができる人って僕的には凄いと思う、僕はそれが出来ないからね、壊れてどうしようもない状態にならないとどうにも捨てる事が出来ない、でも新しいモノは欲しかったりして買い足してしまったりする、だから物が増えてしまう。

自転車修理をするも、チョイと新しいのも欲しいのですよ、まぁ今回は欲しいと思った物が製造中止になって買えなかったから。

今のは何かあった時のスペアにしたり(通勤に使っているから)、カゴやリアキャリアをつけるとかして買い物用にしたりという使い方があるからね。


通勤用はもう少し軽いやつにしたいという気持ちがあるのですよ、昔は気にならなかったけど今はちょいと重い感じがするのですよ、まぁギア周りが全般的に老朽化で駄目になっているから今回の修理で良くなる可能性もあるけど。

あと歳のせいか足が上がり難くなっているのでもう少しまたがりやすいモノというのもあるのよ。

まぁでも今回の修理でもしかすると今の仕事をしている間位は持つのだろう、あと10年乗って30年乗り続けるのかもね。


長く使っている言えば今通勤に使ってる肩掛け鞄、30年超えてるからね、色は日に焼け、洗濯で色落ちをして変わり果てているけどね、スピーカーは40年使ってるしでこれまた長い。

あと鍋とかも長い、テフロンのモノとかは駄目になるけど鉄製のやつはちゃんと使っていれば何の問題もなく使える、チョイと重いのが難点だけど、土鍋とかもそう、落として割らない限り大丈夫だよね、ちょいと高いモノ買っても寿命から考えたら安いモノ。

経済的にはモノを長く使うというのは経済を停滞させてよろしくないのだろうけどね、でもその分CDとかを買っているから許して。
posted by mouth_of_madness at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。