2019年11月01日

成金と金持ちの違い

成金と金持ちに違い、それは金の使い方なのだと思う。

自分の利益の為に自分にお金を使うのは成金、もっと大きな視点で国が豊かになれば結果として自分も儲かるという風に使ったり、社会を厚みのあるモノにするという視点でお金を使えるのが金持ちなのだと思う。

使い方に余裕が有るか否かの違い。

人は良い使い方をしているかどうかを結構よく見ていると思う、持っていても使い方が汚いとその程度の人ねと思ってしまう、やっかみ、妬み、嫉み等の色眼鏡で見ている訳だからそれを払拭する様な粋な金遣いをしない限り成金とバカにされる、良いお金の使い方を何年もしてやっと認められる、認められても安心しては駄目、セコい使い方をすると一気に悪評で塗り替えられる。

わかりやすい利益との対峙に人間性が出てしまい色々な内面がさらされるのだ。

東京オリンピックのドタバタを見ると、利権塗れの金にせこい輩の利益追及、IOCのセコく傲慢なモノが垂れ流されてよね。
posted by mouth_of_madness at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。