2020年02月01日

ブレグジット

おめでとうイギリス。

これからきっと色々と大変だと思うけど、政治と経済を自分達の手に取り戻した事は良い事だと思う。

まぁそんな事をいうともっと小さい単位でイギリスからの離脱とかを言い出しても良いのか、極端な事をいう輩は沖縄の日本からの離脱も認めるのだろうなと言われる。

多分状況と場合によると思う。

EUなんかそれぞれの国の力関係で理念が歪んでいる感じ、経済的に一体化だというくせに何処かが破綻しても面倒は見ない、独自通貨ならば何とか出来ることもEUの仕組みのせいで対策がとれないという歪な一体化だからね。

企業論理で動きその経済業態で強い国がEUという枠組み牛耳り利益を上げ社会還元もしない。

組織として穴だらけなのに組織の仕組みの改善が出来ない状態に陥っていると思う、移民とかにしてもEUという枠組みで決められ受け入れさせられるって無茶な話しなのよ。

元の理念は良くても社会情勢の変化に細かいところまで国家の事情に上手く対応できなくなった組織に何時までもしがみついていたらそれこそ地獄です。

手遅れになる前に一歩前に踏み出したイギリス、これが成功するかどうかが今後のヨーロッパの流れに大きく作用する、EU側は失敗するように邪魔をするだろう、成功すれば後に続く国はドンドン出てくくる。

EU側はドキドキ状態かもね。
posted by mouth_of_madness at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。