2020年02月06日

Youtube

Youtubeってテレビの人の敵だそうだ。

まぁ時間をとられるという意味でも、スポンサーをとられるという意味でもそうかもしれない、でもそもそもテレビ局同士が敵だよね。

CSとか多チャンネル化した時点で敵だらけなのですよ、更にチャンネルが増えただけのこと。


後はそれまでのセオリーと違ってやる気が有れば才能の有無に関係なくコンテンツを垂れ流す事が出来るように成ったこと、実はこれが一番大きいのかもね、才能のコントロール、芸能システムの格付けでのギャラの配分といった事が崩壊する事がテレビタレント的には厳しいのかもね。

これまでは才能有る、自分の立場を脅かす若手を潰すことも出来たのが、才能があれば自分でガンガン人気者成れる場が出来たというのは驚異なのかもね。

権力が壊れることの恐怖がYoutubeを敵対視する事に成っているのよ。

面白いコンテンツを作る者がいるのならばそれに参加すればいいし、客がとられるので有ればもっと面白いモノを作れば良いだけのこと。新しいフォーマットがふえただけの事に恐怖を持つ理由がわからない。

テレビに良さ、Youtubeの良さ、わかった上でそれぞれに合った面白コンテンツをつくれば良いだけのこと、長年作ってきた自分達の才能を信じるならば何も怖くないはずなのよ、これまでやれなかったような事も出来ると思えば夢が膨らむだけだと思うけどね。



金にかえる仕組みを考えれば良いだけなのよ。
posted by mouth_of_madness at 22:56| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。