2020年09月07日

ケバブ旨し

ひさしぶりにケバブを食ったけどやっぱり旨い、スパイスが効いているけど辛いという訳ではなく甘さも感じるのが良いよね。

スパイスのおかげで甘ったるくなる事もないのが素晴らしい。

また野菜とも非常に相性が良いのも夏の暑いときの食事に抜群だと思った。

ケバブとライスの組合せわせもカレーとは違う感じのエスニック飯で食が進む。

この辺スパイスで脳と味覚、胃袋を刺激する事で暑さに打ち勝つ感は日本の食事が弱い部分かもね。

七味や山椒、山葵や芥子はあってもスパイシー感はチョイと弱いと思う。

上記のモノはスパイスで食わせるという感じでは無いよね。

だからこそカレーが国民食になったのかもね、無いモノ感がもの凄くてコレは凄いと驚いたのだと思う。

ただ今日のケバブ旨かったけど食べ過ぎたせいで今も腹が減らない昼から9時間は経っているけどまだ其処まで減っていない、コレは非常に不味い夜中の2時ぐらいに小腹が減るパターン。
posted by mouth_of_madness at 22:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。