2020年10月15日

政府の暴走

左曲がりの人とかはやたらと政府の暴走がという恐怖症に囚われている。

でも実際には政府は暴走したくてもそうそう暴走なんか出来やしない支持率が無い状態では暴走なんか出来やしないのよ、私設軍隊とかを持っているなばまだしも、暴力装置もまともに持っていない政府に暴走はほぼ不可能なのよ、せいぜい小金を懐にナイナイする程度。

むしろ政府の暴走より民衆の暴走の方がやばい、この暴走が加熱し乗せられた神輿政府がヤバい方に突き進むのです、煽り煽られでおかしな方に邁進しだした時が危険なのです。

これは民衆が暴走しているから、おかしいと思っている人が何かを言っても止りようがない、反対の意見は非国民の意見になってしまうのよ、これは政府じゃなく自警団な民衆の暴走なのよ。

マスク警察とか何かやばいでしょ?コンプライアンスの暴走もタダの言葉狩り集団になり物事の本質を見なくなる、反するモノは袋叩き、ネットの誹謗中傷も同じ、ホリエモンの煽りで簡単に暴走したりするでしょ、単に面白がりの悪戯気分よというかもしれないけれど簡単に人は暴走して自分が何をやっているのかわからない状態になるのよ、高揚感に支配されるのですよ。


その点でいくとヤバさを感じるのは韓国ですよ、ネットの情報で偏った見方をしている可能性があるけれど親日罪的な言論があり日本由来の建物等を破壊し、親日認定の故人の墓を暴く、結構コレヤバいよ。

それに日本をミサイルで壊滅させろという便所の落書き的言論の流れが有るのには注意しなければダメよ、物凄くアホな理由でぶっ放されたらたまったモンじゃないよ、理性ではする訳ないと思う事をするのが暴走だからね。

便所の落書きには本音があるのよ、ミサイル撃ってスッキリしたいという、戦争の勝ち負けよりとりあえずスッキリという風に民衆の暴走で傾くからね。

政府なんかより民衆が圧倒的に怖いのに政府にイチャモンをつける歪んだ正義感、歪んだ正義感こそが民衆の怖さなのよ。


あんまり期待しない、まぁこんなもんじゃないのという位の距離感で生温い生活をするのが丁度いいのよ、より良い生活がある筈だとか、そうでなければダメというような余裕の無い感じを暴走させてはダメだし、イケイケどんどんもダメなのよ、これらは暴走する要素だから。

posted by mouth_of_madness at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。