2020年10月20日

派遣

派遣社員推進で人材の流動性があがり経済の効率化が上がり経済発展するみたいな事を言っていたけどそうなってないよね。

流動性というより低賃金で切り捨て易くなっただけ。

いつもドキドキの不安定な生活が貯蓄に走らせ経済は停滞。

多分派遣より少し年収が低くても正社員の方が金を使えると思う、実際は正社員より低いのが覇権よね、退職金出るようになったといってもインチキのような仕組みだったりするからね。

実際経済成長をみても派遣を進めた意味を見いだせ無い。

不安定な生活が結婚を阻害し、少子化に成っている可能性も高い。

派遣の仕組みは出来た、次はダイバーシティというバカチンな妄想で外国人を入れ更に低賃金労働者を増やし儲けようという浅はかさ。

更に横ばいが続く事になるだろう。

低賃金で会社が儲かるという考えが間違っているのよ。

低賃金労働者は購入する者に成り得ないのだ、その者達に者を売ろうと思えば更に安くするしかなく何時までも経済成長が出来ないまま貯金を使い果たすのです。

労働者=消費者という事を忘れるから駄目なのよ。

物を売りたければちゃんとお金を渡さないと購入する事は出来ないということを忘れては駄目なのよ。

余剰のお金がなければ面白い事も生まれない。

貧乏くさいミニマリズムみたいな事を良しとする感じになってしまうのよ。
posted by mouth_of_madness at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。