2020年10月25日

ヒトラー病

自分の考えと違う政治を行うとついついヒトラーと言ってしまう人々。

学校で暗記だけして勉強しなかったのだろう、また大人になっても観察をしないのだと思う、あと我儘な子供なのだ。

自分の考える通りこそが正しい政治、それに反する事を政治が行う事は独裁という無茶苦茶論理、独裁=ヒトラーという安易な考え、捻ってポルポト、でも毛沢東やスターリンとは言わない、チベット問題、ウィグル問題、香港問題に合わせて習近平とも言わない愚鈍さよ。

僕は昔から何度か言っているけど、世の中を駄目にするのは賢いと思っている人達のせいだと考えている、本当に賢いのならば問題はないが勘違いしているだけの馬鹿に毛が生えた程度だからね。

結論ありきで仮定を埋める様な思考に賢さは無い、そもそも好奇心がないというのは大問題よ。

左翼も保守も好奇心がないから新しい形での政治を考えようとはしない、進歩的と言っても大半は他人の受け売りで俺は更にもう一歩進めるぜや、それよりもっと新しいモノを考えるぜという心意気は感じられない、その様な賢さは皆無なのだ。

犯罪を肯定していると思われるのは心外だが詐欺師とかの方がよほど社会を観察していると思う、新しい形の詐欺を社会に合わせて作り上げるという部分は凄いよ、ある意味賢い、犯罪に行く面は賢く無いと思うけど。

言論をいう人が良い人であったとしても賢くなければ問題なのよ、良い人か否かで物事を考えるのは間違っている、内容で考えるべき、また自分が知らなかった事を知っているから賢いと安易に考えては駄目、自分より賢いだけで政治等を動かすに値するだけ賢いかというのは別の話なのだ。


安易にヒトラーとかいう人は大体馬鹿と思って間違いない、独裁だと言いたいだけのペナペナな知能しかないのだから。

ヒトラーに気をつけろ、独裁者を産むのは独裁者では無いそれを支持する人々が生み出すのだ、人類を遥かに超越した様な能力者ならば自分だけで独裁者になれるけどね。
posted by mouth_of_madness at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。