2020年10月27日

優秀な遺伝子

優秀な遺伝子を売買して子供を産もうと企む人々。

かって危険な考えとして非難されたナチスの優生学を無自覚にやろうとする恐ろしさよ。

ここまでくると子供は完全にアクセサリーや投資商品よね。

出来が悪いと今に返品とかされる子供がでるのだろう。

また病気になった時のドナーが見つからないのよ、いても身内じゃないから提供してくれないのよ。

それにそういう子供が大量に増えたときに差が無くなったとしたら親の教育の質が如実に出たりしてね。

またその子供が結婚して子供を作ろうとしたら遺伝的には兄弟ですとかで子供作るリスクがものすごく上がったりとか。

遺伝の多様性が無くなって病気で人類滅亡みたいなヤバい状況になったりしてね。

そもそも2世って優秀?

2世以外でも優秀な人は山ほどいるしね、まぁ見た目は遺伝の力は大きそうだけどね。

遺伝の優位性は有るにしても環境の方が圧倒的に大きいと思うけどね。
posted by mouth_of_madness at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。