2020年10月30日

一度死んでみた

全く内容がないと感じた、ただそこに話っぽいモノと映像が有るだけの感じなのよ。

ある意味凄い、此処まで空っぽな映画はそこまで無いと思う、映画の中で魂ズというデスメタルバンドが出てくるのだが魂がないからこれは「ズ」だという件があるのだがこの映画自体もそんな感じ。

面白いネタっぽいモノを入れただけで何も響いて来ない、此処まで来ると不快にもならないしつまらないという感想も出ないけどね、何にも感じないからね。

そういう意味では凄いともいえる。

ここまで来るとこの映画の存在さえ疑うよね、本当に僕はこの映画を観たのか、映画を観たという夢をみただけで実際にはこの映画観ていないのではないかとすら思う、

きっとこんな映画はないに違いない。
posted by mouth_of_madness at 22:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。