2021年01月19日

小利口ファシスト

本当に賢い人は群れない、孤高になるからねえ、孤独と生きる感じ。

馬鹿も群れない、群れる意味がわからないから。

この意味で紙一重という意味がわかる。

凡人は群れる。群れることで安心を得ようとする。

此処にたちの悪いモノが跋扈するのよ小利口が自分達が優秀であるという勘違いから凡人を支配しようとする、馬鹿の群を導かないとというどうしようもない思い込みが暴走する。

また俺達賢い倶楽部を作ろうとする、ドンドンとたちの悪い状況に成っていく。

コレがある種の言論統制だのをしだすのよ、一見正論に思えるような言論の暴力で人を支配しようとする。

凡人がこの賢い倶楽部に入らないと遅れている、自分は馬鹿じゃないという恐怖感から言論暴力を一緒に成ってふるいだす。

凡人狩りが進み世の中は歪みだす。

この頃には正常な判断の力では暴走を止めることは不可能。

チョイと待てという考えを持つ人間は血祭りに上げられ屍が積み上げられる。

正しいと考えている人達の暴走を誰が止められようか。

たくさんの血が流れて戦いが収まるまで止まりはしない。

今の世の中、俺は進歩的、賢いと思いあがっている人をそこかしこに見つけることが出来る、徐々に一つの方向にまとまり牙をむく。

危険な世の中よ。

ネット上の奇妙なマウンティング等の狂気にもう少し注意するべき。
posted by mouth_of_madness at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。