2018年08月27日

恐るべしインターネット

海外で竹内まりやが人気とかいう記事を読むとちょいと不思議よね。

シティポップが人気とか言われると更に奇妙に感じるね、ルーツはあんたらのAORとかじゃないのという感じもするのに密かにうけているらしい。

まぁ当時のハイファイな感じの録音とかも今聞くと新鮮だったりもする部分もあるのかもと思う、でも最大の魅力は歌い上げない感じが楽に聞けてそこが疲れた時にグッと来るのかもしれない、また日本語のトゲのない感じとかも良いのだろう。

ルーツが自分達に有るのも聴きやすさに貢献しているのだと思う、そこにちょいとだけ異国エキゾチックが加味され懐かしさと新鮮さが同居する音楽になっているのだ。

あと良い感じに日本の文化とが生活の一部に入り込んだお陰で理解できる様になったというのもあるのだと思う。

でもネットて凄いと思う、なければこのまま聴かれることも無くフェードアウトしていた可能性があった作品が拾い上げられる、場合によってはコレが拡散して新しいブームすら作り上げる可能性すらある。

また多感な時期に色々なものに触れることで新しいセンスを手に入れるかもしれない、コレが新しい文化になればもっと色々な視野が広がるのよ。

ふと思う、アメリカの銃犯罪から脱却するにはネットがキーかもしれない、センスが変わる事で今までの考え方と違う方向に行った時に銃犯罪が減るのではないか?

法では反発を生むけどセンスが変わる事では反発は少ない筈だ。
posted by mouth_of_madness at 22:51| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

マドンナ

マドンナが最近の音楽はみんな同じに聴こえるという発言。

確かそうかもと思うけど、そういう事を言うと老化だと言う反論が来るのですよ、確かにそれもあると思うけどね。


でもふと考えた、ヒット曲のパターンというか人が心地よく感じるパターンというのが実はそう多くないのかも、それを周期的に回している感じではないのかと思う。

たまに新しいパターンも生まれるけど商売的に消費されあっという間に陳腐化する、新しいジャンルが生まれると似たようなモノがジャンジャカ出て流行になり衰退するのをこれまで何度も目撃したでしょ?

中々新しいパターンは生まれないのよ、映画もバンバンリメークしたりするしで商業化はあっという間に鉱脈を掘り尽くしてしまうのです。

商業化は売れるセオリーを踏襲するからある種のパターン化に陥りやすいだろうしね、食わなきゃならんから実験ばかりをやるのは難しいよね。



まぁ今回の記事商業音楽の権化みたいなマドンナが言うというのが面白い部分でもある。
posted by mouth_of_madness at 22:49| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

MGMT

有線で流れててグッと来たグループ。

有線で聴いたのは一番新しいアルバムの曲だったけどファーストアルバムから実に素晴らしかった、懐かしさ新しさが共存しているポップスなのです、何で今まで聴き逃していたのだろう思いました、メッチャ好みの音テンコ盛なのに。(ファーストアルバムは2007年)

これまで聴く事が無かったのは音楽雑誌とかキーボードマガジンとか読むの止めたからかね?

でもまぁ最新アルバムのおかげで遅れたけど発見出来て非常に良かったです。


それにしてもこのひねくれた感じのポップセンス実にカッコ良いのよ、格好良すぎるのですよ、ボーカルの声もなんか繊細な感じで気持ち良し、実にエフェクト映えする声なのです。


なんか中学生の頃ニューウェーヴとかを聴きあさってカッコイイもの発見してウヒョーっとなった気持ちを思い出しました、僕自身最近は大分枯れていた感じもあるというか、刺激に麻痺しているというか何か新しいモノ聴いてもイマイチという感じが多かったのですよ。

探せど探せども見つからない感じ。

つい最近なくなられたAVICHIとか聴いても別に嫌いでは無いけどグッとは来ないねという感じだったしね、Skrillexもスケアリーモンスターズも最初聴いた時はオッと思ったけど他の曲は別に何にも感じなかったのよ。

探せばグッと来るモノはまだまだ隠れてはいると思うけどね。

音の匙加減も実に丁度良い、今はいじろうと思えばドンドンいじれるし、実験的な、前衛的にな事をやろうと思えばハード的にはかなりの事が出来るでもそれが面白いかというとそうでもなかったりする、やり過ぎてメロディーとかがズタボロになったり、病的に音入れ過ぎて窮屈だったりね。

でもこのグループ適度の隙間とこれ以上やるとポップスでは無くなるというラインをキッチリ守っているのですよ、ベースはシッカリとポップスなのです、其処がいい、音で遊んでいてもベースがシッカリしているから曲として気持ち良く聴く事が出来るのです。

久々の良い出会いでした。
posted by mouth_of_madness at 20:44| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

新しい音楽

ほとんどの人が三〇歳で新しい音楽を探さなくなるらしい、ピークが二四歳といいう話。

でもふと思う、そもそもほとんどの人新しい音楽なんか探していないと思う、流行で流れてくる音楽をただ聴いているだけ、聴いていただけ、 周りの人の影響とかで微妙にジャンル変化があるだけ。

聴くのは嫌いではないけどそこまで音楽に興味なんか持っていないのが実情。

音楽好きの人は居る、でも新しい音楽が好きか否かという問題もあるし、好きなジャンルを極めるだけでも膨大な時間やお金が必要だったりするからね。

それに新しい音楽という定義も難しいよね、最新流行曲が新しいの? それとも自分聴いて来なかったジャンルが新しいの、技法的にも曲的にも全く新しいジャンルが其れなの?

探すというのもどういう事よと思うしね、聴いた事のない音楽を片っ端から聴いて「オッこれは新しい」という事している奴そうそうおらんでしょ。

まぁCMで聴いたり、テレビで聴いたりでイイ感じと思った曲がライブラリーに追加されるという感じが殆どじゃないの?これを探していると言えるのか?イイもの見つけたという感じはあっても探していた感はないよね。

また若い頃と生活スタイルも変わるからね、二四とかは就職して変わった状態じゃないの、三〇は結婚とかで変わるとかで音楽に対する付き合い方も変化しないと駄目になるんじゃないの?

といった妄想の為に何だろうとなる。



おまけ

抜歯して歯茎がグニャグニャ状態。入れ歯は硬くなるのと両サイドの歯茎の位置が安定してからだという感じ。
posted by mouth_of_madness at 19:49| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

ロック離れ

ロック離れでギブソンの経営が厳しいらしい。

そもそもロックはとっくに死んでいたんじゃないの?そりゃ離れるでしょうよ。

シンセが売れなくなるとテクノ離れとか言われるのかね、ターンテーブルが売れないとヒップホップ離れと言うのかね、まぁどうでもいい事だけどね。

そりゃ流行りモノですから廃れる事もあるでしょうよ。

ロック離れが起きているのはわかっていた筈だと思うけど、今更記事にする事なの?(まぁ記事自体はギブソンの経営問題なんだけどね、でも原因の一つに書く事自体が・・・)多分記事書いた人もそこまでロックに興味もないと思うけどね、昔は若者といえばロック好きだよねという様な思い込みだったりするのではないかと思う。

そもそも若者とロックってそんなに歴史があるモノではないのだけどね。

更に言うならばロックと思っていたモノの殆どがすでにロックではなかったのだ。

全ては流行り、廃り、新しいモノが生まれてというサイクルですよ、そもそもロックがずっと続くと思うのが変だよね。

○○離れというのは後ろ向き過ぎなのよ、それにより生み出された新しいモノをもっと愛でないとね、まぁそれが良いモノかどうかという問題はあるけどね。
posted by mouth_of_madness at 21:12| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

80s

僕が多感だったと時に影響を受けている80sの音楽、今も聴くとグッと来る。

音楽としては今の音楽の方が高度で作り込みも凄いのかもしれない、でも楽しさという面では80sの音楽の方が上ではないのかと思う。

そして80sの音楽だけ何か異質な感じがするのですよ、なんか脳天気なのですよ、兎に角馬鹿な感じが溢れているのです。

現代の「きゃりーぱみゅぱみゅ」はカラフルかもしれないけどそれ以上に人工着色と蛍光カラーに溢れた感じがするのです、なんかピカピカなのです。

色々な所がスキだらけだから聴いていて緊張する必要もない、耳障りの良い音をただ聞き流す事の楽しさがあるのです。

当時のPVとかを見てもなんか非常に幸せそうなパーティピープルな感じで、吹っ切れた青空な感じに溢れている。(別に青空の映像という訳ではなく、精神的にという事で)

丁度技術的にMIDIとかが出て来て音楽製作が手軽になった部分もあると思う、当時のシンセの音のキラキラ感も色を添えている。

でもねぇその技術が進むにつれ音楽作りはより細かい作業に突入していく事になる、その作業の細かさが隙間を埋め聴く事に緊張を強いるのですよ。

そして一人で黙々と作る事により個人の思いが重たくなり、メッセージ性が高くなったりすると聴くのがしんどくなるのです。

みんなで聴く音楽もあるよというかもしれないけれどなんか連帯感みたいなメッセージ性とかを感じると重たくなるのです。

音楽にもっと軽薄さとユーモアを!!
posted by mouth_of_madness at 22:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

Daiwa Boys

ダイワハウスのCMで役所広司がボーカルをとるバンドがなんかいい感じ、ゆるいテンポが実にしっくりくるのです。
DaiwaBoys
https://youtu.be/ehjXW7FcT-E

カントリー? フォーク?

これまであまり聞いてこなかったジャンルなので実に新鮮なのですよ。

CMからの流れで調べてみたら「The dead south」というグールプがいい感じなのですよ、何かこうやって音楽を聴いていくと隙間のない位に色々な音が散りばめられて構築されている音楽って疲れるよねと思う、若い時はそれでも良かったというかそれが好きだったけど今は隙間が心地良いのです。
The dead south
https://youtu.be/B9FzVhw8_bY

隙間と太い音、存在感のある音というのが逆に空気の音を感じさせるのです。

無音という名の音なのです。
posted by mouth_of_madness at 21:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

去年の日本の曲

2016年youtubeで観られた邦楽ベスト50とかいう類いの動画を見て思った。

音がピクリとも耳に残らない感じに驚いた、兎に角僕には音が悪いのです、なんかみんなシャカシャカいっている感じの音なのです。

低音が入ってはいるのだろうけど何か耳に残らないのですよ。

それに曲は違うのに音的にはどれも同じ様な感じで違いを感じないのです。これを老化というのかもしれないけれどこのサウンドの駄目な感じは実に嫌、実にツマラナイ。

サウンド的には昔の歌謡曲の方がバリエーション豊かだったのではないかと思う、ザ・ベストテンとかがやっていた頃の方が色々な曲がテレビとかから溢れていて良かったのではないか。

他チャンネルや様々な動画があって選択権があるけれど何でこれほど同じ様なモノが氾濫するのか?それが流行というモノなのかもしれないけれど何かがおかしい。

後何だかんだでyoutubeって狭い層しか観ていないのではないかと思う。

価値観が何処かで固定されている感じがするのです、自分で選択しているように思えても流れに取り込まれている、色々なモノに揉みくちゃにされていないから強靱さが足りない弱いセンスになってしまうのです。

いや揉みくちゃにされなくても一途に深いのならば良いのだけどコントロールされた一途では深みが足りないのです。

この感じ何かに似ていると思ったらファミレスです、ファミレスマニアに言わせたら違いはあるしそんなに薄っぺらではないと言われるのかもしれないけれど、安定したソコソコ感が今の音楽チャートなのです、何となく工業製品の如く売れる要素を分析して作られているのではないかと、あるクオリティラインを維持して色々な人に好まれるバランスをとる商品になっているのです。
posted by mouth_of_madness at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

レコード大賞

知らない曲がレコード大賞。

まぁここ何年もヒット曲っていうモノを良く理解していない、興味がないというのもあるけどね、といっても子供の頃はレコード大賞とった曲って興味無くても耳にしていたりした。

歌番組というのが崩壊しているのもあるだろう。

テレビが力を失ったのも大きいのだろう、ネットで好きなモノしか観ないという状態が続けば他の流れは存在しないが如くなっていく、共通認識がなくなっていくのだ。

そしてこれは邦楽だけではない、洋楽にしても今年の大ヒットという感じイマイチピンと来ない、何となく音楽の力が無いのだと思う。

MTV時代が最期だったのかもね。

ピコ太郎は世界的に当たったのかもしれないけれどどちらかというとアレは音楽の力というよりネタの力、本業のお笑いの力だと思う。

ドンドン消費される音楽、消費されるから力がありすぎると駄目なのかもね、半年にわたってヒットとかいうのは業界が許さないのかもね。

あと音楽の力が弱くなったのはPCとかでレコーディングとかが出来る様になったからかもね、ひたすら細かくエディット出来る様になった為にパーソナルになりすぎているのだと思う、マニアックになりすぎているのだ。

四角形でいうと全周20cmでの面積みたいなモノなのかもね、良いモノは5cm×5cm、でもマニアックなモノは1cm×9cmみたいな感じなのだと思う。
posted by mouth_of_madness at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

ムーンライダース

ワーハピ2016で期間限定での再結成状態のライブを観た。

非常によろしくない、なんだろうバンド感はないしズルネバもっさりしているのですよ、軽さがないのです、40周年という事での再結成という事なんだけどファンの人はこんなモッサリしたのを観たい、聴きたいのかね?

昔好きだった僕は観たくないです、まぁ僕はずいぶん前からピンと来なくなってろくに聴いてはいない訳で、熱心なファンではない訳ですが、ワーハピで観たライブはガッカリ感が迸る。

全然声出てないしね。

熟成しすぎて渋みしかない感じ、ちょいとヒネたポップ感覚は若さがないと駄目なのだと思いました、鮮度がないと何か拗らせたオッサンが中途半端にはしゃいでる様にしか思えないのです。

雑味が抜けて、贅肉がそぎ落とされ軽い音楽になっていれば良いのにね。
posted by mouth_of_madness at 22:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

有頂天

有頂天の曲「BYE−BYE」がここ数日ツボにはまっています。

有頂天自体はそんなに嫌いではなかったけど、最高だという事もなく何となく聴いていた感じだったのです、この曲も発売された当時聴いた事もあったけど買う事もなかった感じです。

それがふとYOUTUBEのオススメみたいな感じで耳にして頭の中でグルグル回るのです。

今聴くとあの時代のレクイエムみたいな感じがするのですよ、あの時代に浮かれていた者に送る、未来に向けて仕組まれた曲なのではないかという感じがしてチョイと鳥肌モノなのです。

寝かした方がイイ曲というのもあるのかもね。

寝かす事により熟成され、自分の記憶の壊れ具合とマッチし時代の空気を思い出す様な効果が出るのだと思う。

この曲の場合は懐メロというのとはチョイと違うのよ、脚色された思い出なのよ、なんか微妙に言葉に出来ていないけれど、現在から過去を懐かしんでいるのではなく、もっと未来の年老いた自分が過去を思い出している感じなのよ。

未来の記憶と過去の記憶の衝突なのよ。

同じ様に三木鶏郎の曲も僕には響くのだけどね。
posted by mouth_of_madness at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

サクラあっぱれーしょん

youtubeのおすすめで聴いた曲なんだけどコレがなんかツボにハマッタ、それを切っ掛けに他のでんぱ組の曲を聴いたのだけど他の曲はイマイチピンと来ない、この曲だけが僕的には良い曲だった。

僕にとっての一発屋という事になるね現時点では。

この感じと同じのは随分と昔になるが爆風スランプの「嗚呼!武道館」と同じ感じの衝撃です他の曲はピンと来ないのに一曲だけが妙に気になるという感じが実に似ているのだ。

またこの「サクラあっぱれーしょん」ですが僕の好きなメトロファルスとどことなく似ている感じがあるのよ、曲調とかは違うのだけど言葉の遊び方というかてやんでぇという感じになんか類似感を感じたのですよ。

まぁこんな事をいうと何を寝ぼけた事を言われるかもしれないけれど僕的には類似性を感じたのである。

それにしてもこの曲なんで此所までツボに入っているのか未だに分析出来ていない、まぁ実際は分析なんかしていないのだけどね、コレで飯を食っているのならば分析しないといけないのだろうけどそうじゃないから自分の心に問いかけるだけ。

ただ他のでんぱ組の曲と違う感じはなんとなくわかった、他の曲はなんかあざといのよ、チョイと変わった事をしようという気負いがなんか五月蠅いのよ、歌詞も何か微妙にヒネろうとしてスベっている感じがどうにも面白く無い、この曲もその辺を狙っているのかもしれないけれど丁度イイ匙加減で馴染んでいるのよ、メンバーのそれぞれの持ち味をクドくならずに出している感じが心地良いのですよ。

まぁそのあざといいジャンクな味わいが好きな人も多いのかもねと思いつつ、この曲が一番の毒菓子で毒が強くないと駄目なのが僕かもしれないだけど、それはそれ、コレラは虎狼狸というものよ。
posted by mouth_of_madness at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

木星

ホルストの惑星です、それもオーケストラ版も良いのですが僕は冨田勲のシンセ版が好きです。

なにかアニメというか映像感というか物語感がグイグイ来るのです、そんなモノは音楽の雑味というのかも知れないけれど実際には実在しない宇宙船の乗組員に泣きそうになるのです。

木星に辿り着いた喜び、荘厳差に圧倒され、徐々に地球から離れていく物悲しさ、スイングバイの加速、木星の嵐といった感じが何か壮大な宇宙計画を観ているようでゾクゾク来るのです。

以前歌詞をつけヒットした平原綾香のバージョンではこの感動が無いのです一部を切り出した感じではガツンと来ないのですよ。

音楽が与える映像絵巻、偶にこういうのがあるのですよ、音の魔力というかなんというか脳にシビれる、鳥肌が立つ様なシビれる様な体験が。

ストコフスキーのトッカータとフーガはなんか昼メロ的映像が再生され笑ってしまうけどね。
posted by mouth_of_madness at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

ロックは何故駄目になったのか?

ロックは死んだとか言われるけど何が駄目になった理由なのだろうか?本当に死んだのかという話は横に置いといて。

何か何時もの書き出しでありきたりでカッコ悪いね・・・

兎に角駄目になっていると思う部分は格好良くないという事だと思う。

カッコ悪いというのが駄目というのはこの冒頭を読むだけで理解出来る筈だ。


演奏の技術とか、曲の良さとかといった部分ではなく本能に根ざした衝動、格好つけといった部分が無くなっている部分ではないだろうか。

中途半端にアートとか表現とか、自己の内面とか、政治的スローガンとか言い出した事がカッコ悪い感じになりブレーキをかけているのではないだろうか。

ウヒョーッこれカッチョ良いという衝動がアートであった場合は問題がないのだがアートの表現にロックを選んでは駄目なのだ、衝動が衝撃が薄まってしまうのである。

本質を見失ってしまうのである。

頭で考えすぎて駄目にしているのである、格好いいという迸りを理屈で駄目にしてしまうのである。

これって美味しんぼの料理が頭で理屈で考えて五月蠅い食べ物になっているのと同じだ、安酒だろうが化学調味料だろうがガツンと来るモノが食べたい、下品な味だろうがこれよこれというモノが食べたいのを抑えては物足りないモノになるのだ。

エロにしてもアートに方向に向かいすぎて勃起しないのは駄目なのである。


ロックとは勃つ音楽で有るべきなのだ、其処に痺れるのである。

頭で表現者であれとか考えている時点で駄目、衝撃を何処まで増幅させるかそれこそが由一必要なモノ。
posted by mouth_of_madness at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

ロックってカッコ悪い

「今時、まだギター使ってんの?」との発言の記事を見てグラグラ来る程の格好悪さ。

これをみるとやはり「ロックは死んだ」というジョンライドンの発言にも頷ける感じがするのである、ミュージシャンですから音に拘りがあるのは仕方の無い事かもしれないけれどなんかまだ其処って感じがするのである。

ロックってカッコイイ音楽なのよ、こんな発言にはちっとも粋というのがないよね。

小さい所に拘る事は別にかまわないけれどそれを悟られる事は実にカッコ悪いのよ、それなのに自分の拘りをアピールしてしまう始末。

拘りはねぇ作品で語れば良いのよ、まぁ大体の拘りは気付かれない様な気がするけどね。

もう一つカッコ悪い事が有るとしたらこの発言に過剰に反応するギターリストである、サラッと受け流す余裕が欲しい、ギターが好きでそれを演奏しているので有ればそんな事でグラついては欲しくないね。

まぁ実際にこの発言に噛みついているのは僕の様な一丁噛みか野次馬が大して面白くないけど面白がっているのが実情だと思う、殆どは興味も何も無い。

興味があっても何か気の利いたコメントを出しているモノもいない筈だ、誰もが不真面目に反応しているだけだからね。
posted by mouth_of_madness at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

不幸自慢

両耳が聞こえない作曲家、実はゴースト作曲家がいたというニュース。

コレが問題になるという事は音楽を聴いていないという事だよね、音楽の良し悪しをキャラ性に求めていたりするから問題になるという事だよね。

当事者同士はギャラの取り分だのとかで揉めても良いけど、リスナーと曲の間には問題は無い筈だよね。

可哀想だ、助けてあげようという意味でお布施的に曲に金を出していたのであればそれは詐欺だといえるかもしれないけど、曲に感動してお金を出していたとすればそれは詐欺というにはチョイと大げさ過ぎる感じがする。

多分この作曲家は誰かというのを厳密にしていくと結構大変な事になりそうだよね、演奏とかに関してもライブではメンバー自身で演奏していてもレコーディングでは違ったりとか色々と名前の出ない影武者はいると思うよ。

作曲に関してもっとザックリした曲のモチーフだけで後はスタジオで作られたモノとかもそれなりにあるだろうしね、アレンジャーが実質は作曲を完成させていたりとかは普通にある筈。

アイドル的な歌手とかがアルバムで自作曲を作ってみましたというモノとかにもきっとそんなモノは山程あるのではないの?

アイドルにしても作られた本人と違うキャラを楽しんでいたりする訳だから、その耳の聞こえないというキャラを楽しんで来たのだったらそれで良いではないの?

別にスギちゃんがワイルドでなくても、レイザーラモンHGがハードゲイでなくてもテレビ等で観る時に面白ければ別に問題ないでしよ。

所詮はキャラモノですよ。

問題はCDとかの販売とかコンサート中止という部分、曲が凄いのであれば作曲者を正規表記して販売すれば良いし、コンサートも行えば良いと思う。

ただ偽物だという事で曲に価値が無くなる、売れなくなる、コンサートに来なくなるとなれば曲なんか聴いていなかったという事でしょ、曲の良し悪しなんか関係無く作られた物語性、キャラ性に感動していたという事だよね。

そんなモノと同じ扱いを受けたベートーベンの不幸・・・・

あと音楽家であの曲を評価していた人は影武者発覚でも引き続き評価しないと駄目だよね、あれだけ凄いと言っていたのだから作曲者が変わっても評価は変えては駄目だよね。

大体こんな感じか。


後気になるのは不幸自慢というか、不幸を乗り越えて来たという者を安易に評価する感じ、作品ではなくその背後にある物語に騙されてしまう感じが実に嫌。

イジメを乗り越えたとか、昔悪かったとか、病気で色々な夢を奪われたとか、確かに健常者や平々凡々な所にいた人よりは大変だったかもしれないけれどそれで作品の評価をチョイと良くするのは何か上から目線的で嫌だね。

安易に奇跡だ、天才だという部分に自分が努力していない部分を誤魔化す感じがして嫌、売れるからといって不幸を売り物にする駄目な大人が実に嫌だね。
posted by mouth_of_madness at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

Heavenly MusicとRandom Access Memorise

最近買った細野晴臣とDaftPunkの新譜。

コレがどっちも良い感じなのだ、どっちの作品もゆったりとした幸せな気分にしてくれるのである、作っている人が好きな音楽を楽しんでいる感じが滲み出ているのだ。

特にDaftPunkはこう来たかという感じがするが、この作品に繋がるモノがコレまでの作品にも散りばめられていた。

今回のアルバムタイトルが「原点回帰」の方がしっくりくる感じである。

もっとエグイ、エレクトロニック・ダンス・ミュージック路線に突入してもおかしくは無かった、だが行き過ぎたダンスミュージックに対してもっと音楽は楽しいモノだよ、緊張感溢れるダンスミュージック、刺激だけを求めた電子ノイズなんて面白く無いという明確な意思表明に思えるのである。

「Heavenly Music」の方は前作からの延長という感じ、でも前作の「Hosonova」よりもっとラフな感じがする。

ザックリとした感じが非常にいい、音楽の在り方への提案みたいな感じに思えるのである。

もっとプライベートにゆったりと楽しむ音楽があってもいいという感じ、作り込まれた流行曲、新しい刺激的な音楽、斬新な曲といった最先端の音楽という部分に踊らされがちだし、デカイ箱に集まる様なモノ、ヒット曲が良いモノと勘違いする人もいる。

それが悪いとは言わないが音楽が消耗品になってしまう部分もあるのだ。

音楽ってそういうモノなのか?そういう感じで音楽を作っていたりするから音楽産業が縮小する事に右往左往したりするのではないの?著作権絡みでやたらシビアにももめたりするのも商品という観点で音楽を見ているからではないのか?

確かにそれで食べていくという関係上ある程度守るというのは大事だと思うけどね。

何らかの大惨事で様々な記録メディアが駄目になっても人々の口から口へ歌い継がれるモノが有っても良いのではないか、いや音楽を次の時代にもって行くという事はそういう事ではないのか?

記録メディアに残されたモノは記録でしかない、それらはいずれ死んでいく、歌い継がれる事で音楽は永遠のモノになる、歌詞が多少変わったり、節回しが多少変わったとしてもそれは大した事ではないのである。

そんな事を考える様な作品でした。
posted by mouth_of_madness at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

トランペットが足りない

アニメの主題歌やヒーローモノのテーマソングを聴いていて思う、最近の作品はトランペットが足りないと思う。いやトランペットに限らずホーンセクションが足りない様な気がする。

これって音楽の作り手がそれらのアレンジを良いと思っていない世代になったのだろうか?その可能性はある、音楽の作り方がMIDI等によりコンピュータベースになり此等のアレンジがカッコ良くなり難いのではないか?今でこそサンプリング等でホーンの音は良くなったが初期のシンセ等で作られたホーンは違うモノ、異質なモノだったのである、その過程でそれらのセンスが失われたのではないかと思う。

また昔のテーマソングを書いていた人はクラッシック畑やジャズ畑の人が多かったのではないかとも思う。進駐軍相手のジャズ等の流れから自然にホーンが馴染んでしまったのである。

今はテクノ等の打ち込み系の流れから入っている人が多いのではないか?YMOからの流れで打ち込みとサンプリングの民族音楽的アクセント等で無国籍な響きを出すといった事はお手のモノという感じがするのである。

ザックリとした音楽的流れはこんな感じではないだろうか。

だがもう一つ別の理由を考えてみる、勧善懲悪のアニメが減っているその流れがホーンセクションを奪っているのではないか、インパクトが強すぎる為に微妙な心理を描くアニメや学園生活のモヤモヤ、ウハウハ等を描くのには不向きになっているのではないだろうか。

時代や視聴者が単純明快な答え、熱血を気恥ずかしい子供じみたモノと考えているのである。

更に勝手な妄想をしてみる、左翼的教育によりトランペットの音=進軍ラッパ=軍国主義といった変な連想ゲームがあり封印されていったのだ、子供の情操教育から排除されていったのである。

昔の漫画を見ればわかるがまだ「紫電改のタカ」「大空のちかい」といった戦記モノ漫画とかがあったのだが子供が読まないというのかもしれないが封印さたが如く今は消え去っているのだ。

編集者は時代にそぐわないというのだろう、しかし非難や抗議が来るかもしれないモノをあえて連載する必要はないという考えなのではないだろうか。

主人公を日本人にしてバトルモノにすれば戦争を肯定する感じがどうしても出てしまう、かといって主人公をアメリカ兵や中国兵にするというのなんか違うという感じだしね。

そんな感じでトランペットも封印されてしまったのである、今に甲子園の応援のブラスバンドも学ランの応援団も封印されてしまうのである。
posted by mouth_of_madness at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

世界標準

日本の音楽事情は世界のトレンドから遅れているらしい。

だが遅れて何か問題があるのあろうか?ビルボードチャートに出ないと駄目なものなの?ビルボードって世界の音楽がランキングを争っている感じはしない。

まぁ確かにアメリカのヒット曲は日本のヒット曲に比べたら世界で売れている様な気はするけどね。それもまぁ英語の文化圏の強さという事では無いのという気もする。

高校生の時と違ってMTV、ベスヒットUSAとかも観てないから今のアメリカのチャートなんか詳しくは無いけど何か面白い音楽があるの?という感じだ。

FMとかで聴く範囲でこれだという感じはそんなに無いしね。これが世界クオリティの音楽トレンドだと言われても別に僕にはそれが何としかならない。

大体世界標準に合わせる意味がわからない、それって多様性無くす事だよね。世界中がバラバラで俺達の音楽どうよとバラエティ豊かに色々な音楽あった方が面白いのである。

ビジネス的には世界に出た方が良いのかもしれないけれど無理に世界に出ていく必要も無いしね、やりたい音楽の完成度を高める事が出来る状況と色々な音楽が生まれる状況こそが大事で大ヒットする事とかは二の次だと思う。

まぁこんな事を言うと必ず世界に出るだけの能力の無い者の戯言と言われるのだけどね。

それでも僕はドンドンとガラパゴス化して、国、地域により音楽の幅がある方が良いと思う。マーケティングをして売れる商品化をして行く事で均一化していくそれってどうなのよと思う。また売る為に初回限定版だの握手券だのとおかしな方に行くのもどうなのよという問題もあるしね(まぁこれは日本のガラパゴスか)。

また昔のミュージシャンは洋楽とかを貪欲に吸収していたとかいうのはチョイと恥ずかしい、むしろ今の方が洋楽も邦楽も同軸線上で俺はこれが好きと言える若者達の方が正しいと思う、変なコンプレックスが無い感じが余程良いのである。

世界的にはパンを食べているからご飯を食べるなと言われても困るのだよ。世界的に納豆が通じないからといって駄目だと言われてもガラパゴス化と言われても困るし、マクドナルド、KFC、コカコーラは世界中にあるからアレこそが世界クオリティと言われても「で?」としか僕には言えないのだ。
posted by mouth_of_madness at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

ポジティブパンク

音楽のジャンル訳は実に意味不明である、まぁその分け方がわからなかった所でそんなに問題はないのだが、意味不明感に頭がクラクラするのである。

ポジティブパンクって何がポジティブなの?と思うのである。表面的にしかそのジャンルの音楽を聴いていないという事なの?

ヘビメタとかにしてもハードロックよりゴツイという感じなのだろうけど重金属っていわれてもねぇ・・・デスメタルとかは何じゃそりゃである。

プログレに関しても今となっては古くさいと思うだろうし、ニューミュージック、ニューウエーブにしても実に不味い感じがする。現代音楽はいつ古典音楽に化けるのだろうか?時代を感じさせるモノはジャンル分けには不適当ではないだろうかと思う。時間が経つと意味不明になるからね。

また80’sとか90’sという分け方もどうなの?あまりにもザックリしすぎていない?80年代風のアレンジとかいわれても訳がわからなかったりするのである。80年代の前期、中期、後期で音楽は変化しているだろうし、その時代のジャンルによっても違うのだから。
posted by mouth_of_madness at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする