2018年03月20日

昼飯の問題

再就職して悩むのが昼飯の問題、実に問題。

前職では会社で自分で昼飯を作っていたのでしっかりとした食の計画でバリエーション豊かに食ベる事が出来たのだけどこれが外食となると意外と悩むのですよ。

それに外食は人が多くて並ぶのも嫌とかいう制限も加わるし、雨の影響もある。

実に厄介なのです。

会社員のかた実に偉いと思う如何に飽きない様にバリエーションを持たせるか、コストを抑えるかという事を近隣の飯屋でこなしている訳だからね。

長い事それやっていなかったからどうにも苦手になっているのです。

また夏場とか冷や麦とか食べたいと思っても中々難しい、冷やしうどんとかざる蕎麦、冷やし中華は可能でも冷や麦は中々難しい。

現時点ではまだイイ感じのローテーションが組めるだけの店の発掘も済んでいない、早い所これが済まないと、何を食べるかと徘徊する無駄な時間に休憩時間が消費されてしまうのです。

昼飯が決まらないと夜飯も決まらず実に大変なのです、夜飯の問題になってしまうのだ。
posted by mouth_of_madness at 22:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

ココイチ ロンドンに行くの巻

ココイチがロンドンに店を出す、一部のイギリスのココイチファンがちょいと興奮している。

でも日本式のカレーって元々イギリス経由じゃないのか?元々イギリスにはカレー料理があるのです。

ココイチがないのならば、イギリス人が同じような店を出せばいいのにと思うのですよ。

ココイチのカレーって特別変わったカレーではないしね、まぁトッピングとか量とか辛さとかが好みに合わせて選べるシステムを定着させた感はあるかもしれないけど。

味わいに関しては家でカレールーで素に作った感じなのですよ、一人暮らしとかで家で作る手間の分を代行という感じが日本でウケた感じではないかと思うのです(根拠はないけどね、自分が食べた感想からの推察)


そう考えるとイギリス人に一番受けるカレールーを探しだしそれを振る舞う店でも商売に成る様な気がするのだが。

それじゃ駄目なのかね、ココイチのズバ抜けた味わいが何かあるのかね?それとももうブランド強すぎる?同じ味わいを出しても無駄という事なの?

トッピングシステムに特許が有るよう思えないし、辛さの調整にも特許が有るように思えない、トッピングを充実させるという面は確かに良い経営システムを作らないと不良在庫とか捨てるモノが増えるという事はあるのだとは思うけど、現地でトッピングの材料を仕入れる仕組みとか現地の人間の方が有利だと思うしね。

まぁイギリスで当たるかどうかは今の所は未知だけど勝算があって出るわけだからねぇ。

そう考えるとイギリス人ビジネスチャンスを逃している感じがするのです。
posted by mouth_of_madness at 20:34| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

洋食

洋食という名の日本食。

似て非成るモノ、日本人の口に合うように、ご飯に合うように味付けとか色々と変化を遂げたモノ、でも日本人は外国の食べ物だと思っていたりする。

外国人からすると不思議な食べ物に見える洋食。

まぁ中華料理にしても天津飯とか作りだしていたりする、でもこれは中国にはないこれまた不思議料理だったりする。

餃子とかにしても焼き餃子が主流になり変化をしていたりする。

多文化共生とは本当はこんなモノではないのかと思う、ルーツは色々と別のモノだったのが混じり合い新しい文化を創り出す、でもちゃんと根っ子にはルーツの事を思う気持ちが残っているという状態こそが大事なのではないだろうか。

バラバラのモノが存在しているのはただ集めただけで共生では無いと思う、其処には調和が無いからである。

調和する過程で混じり合う、そして新しいバランスが生まれどちらも満足という感じになるのが大事なのだと思う。

お互いの長所を引き出し喧嘩しないように混ぜる、時間はかかるし技も必要だけどその地道な作業こそが新しい喜びを作るのです。

日本でのサンバカーニバルにしてもまだ微妙な違和感が残るけど今にコレも良い感じに調和していき日本の祭りとして面白祭りになる日が来ると思う。

クリスマスも混じったし、ハロウィンにしても徐々に日本的味付けがされて行くのだと思う、今はまだ馬鹿騒ぎがチョイとウザいけどね。

宗教的要素が抜け過ぎておかしく思われる部分もあるけどピースな感じで纏まる事の方が大事だと思います。
posted by mouth_of_madness at 22:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

肉まん

肉まん良く食べるのだけど具が多いのは実は間違いではないかと思う。

たしかに具が多いというサービス精神は嬉しい事なのかもしれないけれど多すぎるのは饅頭ではなくなるのですよ。

おにぎりとかで具が多すぎてご飯が少ないと変な感じするでしょ?それと同じだと思う。

あくまで具は皮を美味しく食べる為ものなのではないかと思うのです、中国の饅頭には具がなく蒸しパンみたいなモノみたいです、そう考えると皮の部分が本体なのですよ。

ならば皮の部分の味追求するのが正しい形、おにぎりが塩にぎりなるが如くにね。

皮を美味しくいただくための味付けそれこそが具の役割、多すぎるのは間違いなのです、具を食べ易くする為に皮があるのではないのです。

そう考えると蒸しすぎて皮がヌタヌタになっているのは商品としどうなのよというモノなのです、パン屋で黒焦げのカレーパンってないよね、それと同じ様なモノが売られているおかしな状況、具が本体という感じがあるからそんな変な状況になっているのです。

皮が美味しい肉まんがコンビニとかで買える日は来るのだろうか。
posted by mouth_of_madness at 19:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

キャノーラ油

キャノーラ油が認知症を悪化させる、学習能力と記憶力が悪化するという論文。

本当かどうかはわからないけれど、やっぱり世の中いい加減です、杜撰ですという感じ、結構それまでヘルシーみたいな売り方されていたモノが逆に振れるって酷い話ですよ。

これが本当で正しいとしたら、ここ十数年で人は少し平均的に馬鹿になった可能性があるよね、健康ブームに飛びつく事自体が馬鹿だったりするけどその人達は更に馬鹿になっているのですよ、ブームに乗せられ馬鹿が加速している訳です。

まぁそういう人達は既にキャノーラ油からエゴマとかアマニ油とかココナッツオイルとかに変わっているかもしれないけどね。

トランス脂肪酸でマーガリンは駄目だ健康を害するとなってみたりと食は大変です。

ふと思う、食べて健康に何にも問題の無い食べ物って有るのだろうか?キッチリ一日に必要、分解出来る量だったら問題無い?でもそのキッチリとした分量で味覚の快楽を満足させられる?

まぁ生まれてからずっとおいしいという概念を待たせないようにすれば大丈夫かもしれないけれどね。

なんか健康にならなければという狂気とストレスが更なる病気を生み出すのではないかと思う。
posted by mouth_of_madness at 12:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

素麺

最近、暑いというのもあって酒の肴や朝食の前菜に素麺を良く食べる。

今更ながら気がつく、素麺ってあんなにシンプルなのに意外と味が違う、いや味というより舌触りというか歯ごたえというか兎に角違うのです。

これはねぇ色々と食べる楽しみが出来たと嬉しい状態、多分素麺によって冷たいので食べた方が合う、煮麺に合うとか中華タレに合うとか、ごま油が良いとか色々と楽しめそうです。

といってもまずはシンプルな素麺です、スーパーに売っているのは安いから色々と食べ比べても安いから実に経済的に楽な娯楽です。

現時点でわかったことはワサビは素麺にはイマイチという事、シッカリとダシが効いている場合は小ネギの薬味だけとかの方が美味い、茗荷も良いが量は控えめの方が良いと思う。

まだ試してないが柚子七味も意外といけるかもと思っている、煮麺では合うから冷たいのでもいけるかもと思っている、柚子胡椒もいけるかもと試す予定です。

実に安上がりな娯楽です。
posted by mouth_of_madness at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

豆腐危機

豆腐が安すぎてというより買い叩かれて倒産が相次いでいるという話。

確かに20円とかで売っているのとかを見るとどうやって作っているのと思うからね、豆腐製造業者に無理を強いていたという事なのだ。

豆腐業界全部が共同で無理と叫ばないと駄目という事なのだ、業界がもう少し値段の維持をしないと駄目なのだ、でもそれをやると値段を不当につり上げているというのだろう。

不当に低価格競争に巻き込むのはどうなの?企業努力にも限界はあるよね。

売らなければ良いとか言うのかもしれないけれど、中々難しいよね、ある種のチキンレースを強いられてしまうからね、売らないと言えば、その金額でやってくれるドンドン怪しい業者に流れていくからね。

人権費の安い海外に流れ、日本の豆腐業界壊滅とかになりかねないからね、まぁ限界でも同じなんだけどね。

まぁスーパーとかもある種談合して豆腐の最低価格とかを決めないと他のスーパーに客を取られるのかもね。

豆腐業界は200円欲しいとかいうけれどそれだと他の食材に流れる可能性もあるからまずは100円位を最低価格に決めるのが適当なのかもね。

定着したら150円ぐらいで安定すれば良いのかもね、豆腐ってそれ位の価格のモノという認識が消費者に刷り込まないとね。

うどん一玉19円とかも何か価格破壊過ぎ、世の中にはマジかという価格のモノがあるからね、もう少し消費者の方も製造者の事を想像出来る様にならないと駄目なのよ。

安いのは嬉しいけれどその陰で泣いている人がいたら気分悪いよね。
posted by mouth_of_madness at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

焼肉

僕は一人焼肉も平気です、4人テーブルだったりするとチョイと申し訳ない思いはありますが平気です。

でもそういう事を言いたい訳ではないのです。

焼肉って結構高いよね、家で焼肉をやれば全然安くする事は出来ます、確かにパック売りで肉を買うと種類充実だと高くなってしまう事もありますが基本的には安く食べる事が出来ます。

同じ金額出すのであれば店より肉の質を上げる事も出来ます。

でもねぇどうにも店で食った満足感と違うのです、腹一杯食べても店で食べた時の満足感とほど遠いのです。

何故だろうか? 

しかしついに理由がわかりました。

後片付けしなくて良い?とか部屋が臭くならないという理由ではありません、それも確かにメリットではありますが最大の理由は炭という調味料だったのです、ホットプレートとかでは焼き肉屋の味が出ていないのです、炭により味わいが増幅されているのです、またホットプレートでは油が落ち無いのも味わいを損なっているのです。

もう一つは炭が燃えている様子を見るのもテンションが上がるこれも実に大事な事です、焚き火とかもテンションがあがるでしょ、炎という演出が満足感を充実させるのです。

家が焼肉臭くなったり、油でベタベタになるのは避けたい所だけどあの匂いの中で食べるという事はやはり必要な事なのです、肉の焼ける匂いもまた味を良くするモノ(先に理由ではないとか言っているけどね)

この様に炭が作り出す味わいが焼肉には必要なのです。

家で豚トロを食べていてそう思いました、油が落ちて煙の匂いの無い状態ではただの塩味の脂身って感じでイマイチなのです、味付けが全然足りないのです。
posted by mouth_of_madness at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

好き嫌い

前日の流れで考える。

食べ物の好き嫌いって最初の印象のまま概念が固定されてしまった人なのかもね、これを個性という人もいるけれど僕には単なる未熟なだけという気がする。

多分、繰り返し食べるという訓練をしていないから脳とか舌に回路が出来ていないのだ。

動物の本能である危機回避能力が反応したままで避けている為に安全基準と美味さの拡張が行われないのです。

この本能で毒物から身を守るという事は出来ても、食糧危機とかが来た場合に弱い、この偏食性の為食べられないのだ、飢えるのだ。

人は訓練で色々なモノのマスターしていく、偏食があっても困らない世の中、訓練をしなくてもほとんど困る事は無いから訓練を止めてしまう、美味しさの可能性を放棄しているのだ。

親とかがピアノだ絵画だ、サッカーだと色々な英才教育をするけど食に関してはどうなのだろうか?一流な料理食べる事もいいが苦手を克服させる事も大事なのだと思う、味覚の幅が広い方が色々な味を楽しめるのだ。
posted by mouth_of_madness at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

素材の味

良く美食等で素材の味を生かすみたいな表現があるよね、でもねぇチョイと安い焼き肉屋でランチを食べていて思った。

有るレベル以下の食事をしていると素材の味もへったくれも無く味って調味料の味だよね、そもそも素材の味とか言うけれど素材の味って微妙じゃない?

果物とかのみたいにそれだけでガッツリ味があるモノとかはわかるけど意外と自己主張の強くない味の食べ物って多いと思うのですよ。

肉の味を引き立てる香辛料だのソースだのとかいうけれど実際は肉の味が美味いのではなく香辛料が美味くてそれを引き立てるのが肉ではないのか?主従関係が実は逆ではないのかと思うのですよ。

醤油味だ味噌味だ塩味、わさび味だとかいう事は多いけどあんまり秋刀魚味だの豚ロース味とか言わないよね、そういう面からみても香辛料、調味料とかがメインでそれらを引き立てる為に具材があるのではないかと思うのです。

マグロが美味いとか神戸ビーフが美味いとか言うけれど味付けなしで本当に美味いと思う人はどれだけいるのだろうか?

確かに良い牛肉と悪い牛肉では匂いだのが違うし歯ごたえとかも違う、味の違いはある、明らかにあるでも其処で人が期待しているのは塩味だったり、ガーリックフレーバーだったりではないのか?

それにカレーが人気あるのとかをみても結局は塩味と香辛料の辛みそれとあの香りが欲しいだけではないのかと思ってしまうのです。

食材の美味さより調味料に拘った方が満足度が高いかも、良い塩、良い砂糖、良い醤油という方に拘った方が味の満足度が高いのでは無いだろうか。
posted by mouth_of_madness at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

ソースと食材

以前もソースについて書いたけど、お好み焼きを食べていてまたしても思った。

お好み焼きもソースがメインでキャベツや小麦粉はソースを美味しくする為のモノだと実感しました、明らかに具材の味よりソースやマヨネーズ等の方が強いのですよ。

ソースに歯ごたえ等の食感と風味を与える為にキャベツや豚肉はあるのです。

そうこう考えるともしかするとフグとかもポン酢を美味しくいただく為のモノではないのか(まぁフグは本当に美味しい良いモノを食べた事がいのかもしれないけれど)、味噌汁にしてもそうだ、これなんかはもう名前からして味噌がメインですと表わしているよね、味噌のスープを引き立てる為の具材があるのです。

更に考えると醤油がメインの料理って何だろうか?醤油を一番引き立てる具材は何か?僕的には餅です、安い餅でも醤油を味わえるからね、煎餅とかにしても米というより醤油を味わっていると思う。

味覚って大きく分けると6味とかになる訳ですよそう考えると此等の味覚刺激の大半は調味料なのではないか?素材の味とか言うけれど料理の大半は調味料を味わっているのが実情ではないのかと考えてしまった。

調味料に足りない部分を補う為に食材の方があるのです、それ以外は栄養の為なのです。

マヨラーの人とかはまさにマヨネーズを美味しく味わう為に食材を選んでいるのです。
posted by mouth_of_madness at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

鶏の唐揚げ

海外の反応とかで日本の鶏の唐揚げとかとんかつとかにグッと来る海外の人々をみると何で?となる。

どちらも何となく日本の料理という感じがしないからね、フライドチキンとかあるし、元々カツ自体が西洋料理だよね、確かに微妙な味付けとかが違うから其処がキモなのかもしれないけれどどうにも腑に落ちない。

もしかすると海外って僕が思っている以上に色々なモノを食べないのでは無いかと思ってしまう、日本人は他の国の人と比べると色々なモノを食べているのではないだろうか。

海外でないとは思わないが日本って何となく仕組まれたモノかもしれないけれど料理のブームがあるよね、ラーメンが流行れば色々な味わいのラーメンが出て来るし、ティラミスとナタデココ、パスタ、イタ飯といったブームが毎年の様に出て来る、唐揚げにしても中津唐揚げとかの流行があるったしね。

このブームで生き残る為の競争が味を進化させるし、ブームに合わせ増える家庭用調味料と食材とかにより日常に新たなる味わいが追加されていく。

今現在もパクチーブームがあるよね。

昔は丸美屋の麻婆豆腐の素だったのが豆板醤、甜麺醤、オイスターソースとかを使い出したりするからね、スパゲッティもミートソースとナポリタンぐらいしか無かったのもカルボナーラやペペロンチーノとか明太子パスタとか和風キノコとか色々増えパスタと名前を変えるしね。

そんな事を考えると恐るべき食いしん坊国民なのかもね。

いや海外の人が美味しいモノが嫌いという訳では無いよ、ただ美味しいモノに飢えてはいない感じがするのです、日本人はなんか美味しいモノないかと探している感じがするのです。

これはもしかすると文明開化で新しい食が入って来た時のインパクトが鎖国とかの事もあり目茶目茶デカかったのかも新しい美味いモノがまだこの世には色々あるぜと刷り込まれたのかもね、更にバブルの時に加速されたのかもね。

でも美味しいモノ食べて幸せになる、日々小さな幸せを感じられる事の素晴らしさよ、これほど安上がりな平和維持は無いと思う。

唐揚げとビール、そして枝豆これらを安定供給出来る世の中を作る事が平和という事なのです、〆にラーメンとかあれば良いのです。
posted by mouth_of_madness at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

社会

カルシウムが足りないと怒りっぽくなるとかいうが、今の世の中のイライラによって起きている様に思える犯罪の大半は食が原因ではないだろうか。

カルシウムが足りないという栄養成分の問題ではなく満足いく食事がとれていないのだと思う。

食事の環境が貧しく成っているのだと思うのです空腹感はない、味も嫌いという訳でも無くても日々コンビニ飯やスーパーのお総菜を一人で食べるという様な食事が精神を蝕むのだと思う。

まぁでもこれからは子供の時からその生活をしている連中が増えそれが食事の満足に繋がる可能性も高いけどね。

料理は美味い方が良いし栄養バランスもとれている方が良いのは確かだけど、満足度というとチョイと違うのですよ、自分の為に作ってくれる食事とか、食事をする環境とかが大事なのです、大きな満足は無くても日々小さな幸福を積み上げて行く事が大事なのです、晩ご飯でストレスを発散出来る環境こそが必要なのです。

コンビニ飯とかには日々罪悪感とか侘しさ感を増幅させ日々ストレスを溜める事になったり、仕事等で溜まったストレスが発散出来ないのだ、腹は膨れても満足ではない。

食欲って凄い大事なのよ、性欲を持て余すと性犯罪とか起こしたりするでしょ?食欲が満たされないとこれまた欲の暴走で事件を起こすのです。

本能に根ざした欲はキッチリと処理する方法考え無いとね。
posted by mouth_of_madness at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ラーメン屋

美味いラーメン増えましたね、何か蘊蓄だのこだわりだのがあるラーメン屋。

でも僕が言いたいラーメン屋はそんな専門店ではなく昔のラーメン屋。中華料理屋というか中華定食屋というか昔ながらな感じの店です。

美味い店もあるのだろうけど大体があと一歩感に溢れている感じの店です。

この手の店って減っている様な気がするのは僕だけだろうか?日高とか餃子の王将とかがあるからそんな事は無いというかもしれないけれどメニュー的に似ているけれどチェーン店は違うのよ。

夫婦と子供くらいで家業みたいな感じがないのは違うのです、こだわりがあるのか無いのかわからない微妙な感じと昔からこの町でやってますみたいな感じがないとね。

それに煮染めた様な雑誌とか漫画本とテレビとかがないとね。

たいして上手くないのだけどなんかホッとするダラダラと食してもいい感じ、緊張感がない感じが良いのですよ、失礼な事かもしれないけれど味にそんなに期待してないから良いのですよ。

美味いモノ喰うぞというテンションがないから腹を満たす事に専念出来るのです、余計な欲が無いから楽なのです。

腹より味より漫画の方が大事だったりするのが良いのです。

でも商売的にはまずいのかもね、専門店化したために味にうるさくなってしまったのかもね。

ラーメンブームや美味しんぼとかで中途半端に味にうるさくなってツマラない感じの貧しい食事に成り下がっているのではないか?

カレーもカレー部とかいいだしていてチョイと拙い状況だと思う。

拘りが悪いのではないけれど拘り過ぎて何を喰いたいのかわからない状態になるのが拙いのです、カレーを食べたいのか拘りを食べたいのかわからなくなってしまう、普通の味だと何のヒネリもないという様なおかしな感想をいうようなおかしな状況に成ってはいかんのです。

ラーメン専門店が出耒ては潰れというのも不味いからではなく味のトレンドに乗り損なっているからというおかしな理由での潰れだったりもするのではないのか?

ブームに乗せられて美味い不味いを決めるのは間違っていると僕は思う。

イイ感じに腹が満たされる事が大事、グルメ気取りの蘊蓄では腹は膨れないし味もわからない、自分の味の好みを他人に決められてどうするよ。
posted by mouth_of_madness at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

まずいカレー

今日不味いカレーを食べた。

激ウマというのは珍しくても激マズというのは少ない、ほぼ皆無です。

今日その滅多にない激マズのカレーを食べました、味の好みは人それぞれなので店の名前とか上げませんけどチョイと不味すぎて吐きそうになりました、でも食べ物を粗末にしては駄目なので自分が注文したモノ腐っている訳ではないので最期まで食べました。

でもチョイと後悔。

これを書いている今もチョイと気持ち悪い。

何でこんなカレーを作るのだろうか?ステーキ系でランチ時の食べ放題のカレーとかもかなり不味いけどそれを上回る不味さ。

スパイスの効いていないカレーは不味い、塩味のあるドロドロしたモノとご飯を食うとなんか鼻水のかかったご飯みたいでウグッと成りますよ。

このスパイスが効いていないという状態で想像、インドの人とかで日本のカレーはスパイスが効いていないと言っているのはこんな感じなのかも。

辛さも旨さではあるけれどスパイスが効いているというのは辛さという事ではないよ、旨味を引き立てる、食欲を増幅させる香りなのよ。

スパイスが効いていないドロドロとしたモノって最悪ですよ。それもねぇまだ塩味とかが効いていれば良いけれどそれもない中途半端な塩味、それに辛みが強いと子供とかが食べないとでも思ったのかかなりの甘口、それもタマネギをしっかり炒めて出来たモノならばまだしも単に中途半端な味付けで甘ったるくなっているだけ。

不味いカレーは最悪なのです。

100円で買えるレトルトカレーよりも不味い。いやそれは100円カレーに失礼か、別に不味くないからね。
posted by mouth_of_madness at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

外食

男性の4割が1人外食に抵抗があるらしい。

そうかこれがコンビニ飯とかが成立する理由の一つかと思いました。

それと抵抗があると言ってはいるけど実は何か団欒が求めているのではないかという心の寂しさが裏に隠れている感じがする、多人数で来ている客を観るとその侘しさを実感してしまうのではないか。

そう考える飯食いながらひたすらスマホ弄っている人も侘しさからの逃避ではないかと思えて来る。

全く根拠はないけどね。

僕は普通に1人で焼肉だろうがしゃぶしゃぶだろうが平気だけどね、1人用になって無くても食べたいという欲求の前には関係無し。

食べたいモノを食す、別に犯罪を行っている訳でもないから平気。

其処でもう少し妄想を伸ばす。食という本能で1人が駄目な人ってエロという本能の時はどうなのだろうか?風俗行く時も連れだって行きたいと思うのだろうか?
posted by mouth_of_madness at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

圧力鍋

牛スジとかを煮込む時に圧力鍋を使うのだけど、もう少し効率よく圧力を抜く事が出来る鍋はないのだろうか?

確かにメーカーにより抜けやすさの差はあるのだけどまだまだ抜けなさすぎる。

圧力抜く時間も考えて調理すれば良いのだけど抜ける時間がイマイチ読めないのですよ。

是非とも鍋メーカーはどんな圧力状態でも2分以内に吹き出す事無く圧力が抜ける仕組みを作って欲しい、圧を抜く経路の洗浄が簡単な分解システムを達成して欲しいと思う。

圧が抜けない為に面倒臭くなって使っていない人も多いのではないかと思う位に遅いのです。

といってもそんなに毎日使っている訳ではないから多少は我慢しろという事なのかもしれないけどね。
posted by mouth_of_madness at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

ペプシ ストロングZERO

炭酸強め、カフェイン多めという触れ込みのコーラ。

でもあんまりピンと来ませんでした、キターッ!!という感じはありませんでした。

確かに炭酸は強いのかもしれないけれど(ゲップはかなり出ました)でもそれが味の刺激には繋がらないのです、まぁ結局は想像していた味、刺激とは違ったという部分が不満なのかもしれません。

始めてウイルキンソンを飲んだ時の辛ーっといった驚きが無かったのが僕的に駄目だった理由、従来のコーラの味から逸脱していない範囲のコーラ味なのです。

これ子供はキツいのではないかと思うくらいの冒険が欲しかった、甘味を捨て、舌がシビれる、花椒のシビレにもにた刺激が欲しかった、今のままだと記憶の中のジョルトコーラの方がインパクト有った感じがする、味が薄かったという印象もあるけどね。

苦み、辛みのギリギリのラインを目指して欲しいのだがそれだと売れないのかもしれない、でももう少しインパクトを残さないと話題にもならずに消えてしまうのではないか?

人により感想が分かれるレモンジーナの変な味に比べたら何の面白さもない味なのよ、面白ければ良いという訳ではないけれどこのストロングZERO甘さとは違う味わいを提供するべきだったと。

定期的に変な味のコーラを出しているのだから、激辛コーラに挑戦するべきだったのだ。
posted by mouth_of_madness at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

豚は賢いから食肉として再考しなければといった記事。

人間の価値観での賢さで評価し、それを食べないというのが人として進歩的という考え、中々脱力ですよ、チンパンジー以下の知能の人類が言っている様な気がするのは僕だけ?

知能の有る無しで食べるモノを決めるのもどうなの?その様な考えになる部分に人類の限界を感じない?自分の行動の正当性の言い訳、詭弁を考えているだけの小心者。

それが人類、いや一部の阿呆な人の言説で人類を語るのも問題だね。

動物も植物も様々な生物の屍の上に成り立っているのよ、命を喰らい次に繋がっていくのが生物の業なのよ、知能云々で食べる食べないを決めるのは本当は動物の事を考えてはいないの人類の我が侭なのよ。

コレはある種の保険。

本葉に動物の事を考えるのであれば、他の動物を喰らうこと無く人類で共喰をすれば良いのだ、抽選で食べられる人を選び喰らえばいいのだよ、でも自分が喰われる事の恐怖に耐えられない、自分達が喰われないように知能とかを持ち出しているのだ。

いやもしかするとこれはねぇ日本の捕鯨とか、他の国の猫、犬、猿といったモノを喰らうという部分を野蛮という事にしたいが為の言い訳を知能とかした事による袋小路なのではないか?

100程度前までは有色人種を良くて奴隷、後は人に似た生き物程度にしか思っていなかった白人の選民意識、その反動と過去の愚かさを誤魔化す為の動物愛護とかではないのか?

単なる宗教観、思想観をあたかも人類の定め様に云う傲慢、自分の物差が正しいと考える愚かさ。

これをみても人類が賢くないという事が現れているよね、賢くないから喰われても仕方ないよね。


動物に悪いと思うのならば美味しく食べて、その命に感謝する、まずは其処からよ、いや動物だけでなく植物にもね。
posted by mouth_of_madness at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

空腹の科学

根拠はない、全く僕の妄想科学でしかないし、差別的な発言になると思う。

国内で起きるおかしな犯罪、世界で起きるあまりにも暴力的理不尽って多分腹が減っているから、アメリカとか肥満大国とかいわれているけど栄養の偏りによる空腹なのだと僕は考える。

飽食の時代といわれていても栄養失調なのだ。

衣食足りて礼節を知るという言葉があるがコレが世界中で起きているのではないだろうか?物理的に足りない空腹の犯罪もあるけれど偏食による空腹による礼節の欠けた犯罪も横行しているのではないだろうか。

またグルメブームというのもコレは食による満足感の欠乏により食い意地の張った状態になっているのである、美味いと精神的満足と肉体的満足のバランスがとれていない状態がいまなのではないだろうか。

もしかするとマクドナルドの衰退も無意識のうちにコレでは空腹が埋まらないと自覚したのではないのか?生産地問題とか価格の問題、異物混入問題とかではないのかもね。

アメリカのフードスタンプ等で生活している人達の食を栄養バランスのとれたモノに変えるだけでクダラナイ犯罪は減るのでは無いかと僕は思う、防犯対策として警察等の力に回すお金を栄養に回すのである。

日本の犯罪率の低さは給食や色々なモノを食べる文化が犯罪を減らしているのでは無いかと思うのだ。

ジャンクフードが犯罪を呼ぶのではないのよ、それしか食べないという部分に問題があるのよ。世の中にはジャンクフードで生活している世界的企業家とかもいるとかいうけれど僕にはそれは特殊な例ではないかと思う。

他の面で満たされているからそれがブレーキになっているだけかもね、実際はサプリとか専属トレーナーとかがいて意外と栄養管理されていたりするのが実情ではないだろうか。

栄養不足で身体が欲した場合には食べる事が出来る環境にいるからね。

中国人が人を信用しないという部分もまた食に対して嘘をつく部分が根っ子に有るのでは無いかと妄想する、広大な大地、中華料理という土壌があっても格差が飢餓を招き、物理的満腹の為の食生活を強いられるそれが文化となり定着しているのではないか、ひたすら拡大するのも飢えを満たそうという気持ちの暴走。
posted by mouth_of_madness at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする