2018年03月30日

放送法

放送法の4条撤廃という議論で日テレとかは駄目だしをしているけれどその中でテレ東だけが微妙に違う感じで実に面白い。

他の民放がこれまで守って来た公共性といったイメージで自分達を神聖なモノのの如く言う中、テレ東の視聴者のメリットになるのであれば、我々民放も新しい提案をするチャンスが広がるということという発言が実に頼もしい。

多分他の民放はガチガチの利権でこれまで甘い汁を吸っていたのだろうでもテレ東はチョイと立場が違い利益は少ない分その構造に対して手を出せるチャンスとみているのではないだろうか。

番組の評判は良かったりするのにそれを上手く現金化出来ていない現状を打破したいのだろう。

コンテンツのアイデアは負けていないという自負があるのだと思う。

現状の電波利権を守るより、新しい仕組みで次の利権を手に入れる方が得策だと考えているのだと思う。



むしろ制限がとれるのに他の民放の連中は狼狽えるのだろうか?
posted by mouth_of_madness at 23:38| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

話題性

テレビ番組で韓国情報を挿入する。

コレってもしかすると韓国に対して何か思惑があるのではなく単に番組のネタ不足、話題不足という状況を打破する為の安易な作戦ではないだろうか。

兎に角コレをやれば反応する連中がいるという事に目をつけた作の様な気がする、実に簡単に反応するからね、パブロフの犬の如く反応するからね。

ネガティブでも炎上でもいい話題になりさえすればという馬鹿な手段の様な気がして来た、局側からしたら堪ったモノではないかもしれないけどね、作り手としては反応する馬鹿がいる事になんか満足感を得ているのではないかと思うのです、こんな事で充足感を得る能力のない輩がやりそうな感じでしょ?

過激とかタブーを破ったとかで満足する様な輩がやりそうでしょ?人が顔を歪ませれば大喜びという自己満足。

まぁ何の根拠もないんだけどね。
posted by mouth_of_madness at 17:55| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

踏み絵

「72時間ホンネテテレビ」に出なかった事務所のタレントはジャニーズ事務所に忖度したそうだ。

出るか否かで度量が試されるらしい。

なんかこれまた気持ち悪い記事だと思う、ゲスい事務所間の構造を作り単に面白がっているだけの何の根拠もない記事ではないだろうか。

何処の事務所が酷いだの、圧力だのといった変なパワハラがあるみたいな記事に読者とかは飛びつくかもしれないけれど、本当にそんな事があるのだろうか?

仮に圧力が有ったとしてもコレってビジネスですよ、自分の所の利益を最大限にする、何か法を破っている訳でもないしね、どっちにつくのが利益に繋がるかという事であって其処までグジグジいわれる様な事でもないと思うのです。

テレビ局にしても視聴率のとれる事務所と喧嘩するのは困ると思えば手を結ぶし、とれない事務所ならば切るというモノでしか無いと思うのです。

其処を踏み絵といういかがわしさ、何か其処に正義と悪の境界が有るかの如しですよ、出た側の事務所のタレントにしても何らかのメリットが有ると考えただけだと思う、色々な事務所の人が出るので有ればウチが出た所でそんなに問題にならないと考えた所もあるんじゃないの。

芸能界の力関係の再編とかを考えていたりするかもね、ジャニーズよりこっちの方がこれから伸びるという思惑かもしれないし。

出るか否かでタレントの好感度変るってなんか気持ち悪くない?

実際に何があったのかなんか一視聴者とかには何にもわかっていないのに安易に善悪の判定をするこのおかしさに気がつかないと駄目なのよ。

それに考えようによってはビジネスパートナーを裏切らないという見方も出来ると思うのです、これまでの良い関係性を壊すというのは人としてどうなの?という考えも出来るのではないだろうか。
posted by mouth_of_madness at 20:49| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

めちゃイケ

「めちゃイケ」と「みなおか」が終わるというニュース。

そんなに大事なニュースなのか?ニュースにする様な事なのか?ずっとツマランだの視聴率悪いだのいわれていた訳でそういうモノなんじゃないのと思う。

確かに好きだった人は残念だろうし寂しいだろう、憎んでいた人は大喜びな事かもしれないけれど、テレビ番組って何時かは終わりが来るもんでしょと思うのです。

殆どの番組ってその番組のファンでないと殆どが知らないうちに終わるのですよ。

このタイミングでいうのはもしかすると閉店商法じゃないのとゲスの勘ぐりをするよね、終わって次の番組が始まるまで油断は出来ないよね、いざ終わった、次週より「めちゃイケDX」が始まるとか「シン・みなおか」といいだしかねないからね。一度終わってリニューアルとかね。

何となくロス現象を作ろうと企んでいるのではないかと思うのです。

色々と好きなモノが解散したり、終了したり、死んだりとか日常的にゾロゾロとある、その度に右往左往していたら精神的にもたないでしょ。

大概はすぐに忘れるのです。「いいとも」も終わるときにロス現象が起きるとか言っていたけど何事もないように日常は続くのです。

なんか乗せようというセコさに気持ち悪さを感じるのです、寂しいという感情って意外と簡単に想起させる事が可能だからね。

卒業式とかで泣く人って多いでしょ?別に死ぬ訳でもないし永遠の別れでもないのにね、単に日常が壊れる事やこれから変る事の不安とか入り交じっているだけなのにね。

新しい日常が生まれればすぐに忘れる類いのモノなのよ。
posted by mouth_of_madness at 21:28| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

バリバラ

今年も24時間テレビに対抗したらしい。

先日書いた感動ポルノ、その気持ち悪さが滲み出ている感じだったみたいです。

感動の押し付けとそれだけじゃない本音風の悪ふざけ、どっちも不愉快です、いやバリバラの方がチョイと不愉快度合いが高いかも、善意に酔っているだけかもしれないけれど、感動し応援しようという人を馬鹿にするのはどうなのよ?

そりゃ勝手に感動し、障害者はこんなだというイメージ固定は重荷になる事は不愉快かもしれないけれど、善意の部分に関してはもう少し言いようがあるのではと思う。

障害者がチョイと上から目線で愚弄し、世の中にはこんな面もある、切り口が斬新でしょとさらに上から目線でニヤニヤしているプロデューサーという感じが気持ち悪い。

どいつもこいつも上から目線で人を煽り商売にする。
posted by mouth_of_madness at 22:31| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

テレビ番組

民放の作る番組、もっと危機感持たないとネット配信に負けるよ。

アマゾンプライムとかでオリジナルの奴とか観ているとなんか自由度が違う感じがするのですよ、出来の方はイマイチだったりする番組もあるけれどなんか微妙な如何わしさとかもあり良い感じです。

CMマタギのリピートとかもないから観ていて楽というのもあります、またいち早く4K番組を配信出来ているのも素晴らしいと思うしね。

オリジナル番組とかがもっと増え、海外ドラマ等がもっと充実するのであれば年会費が3倍位でも安いかもと思います。

電波利権で利益を上げるというのは本来の商売の道から外れているのですよ、コンテンツのサービスで利益を上げるのが本筋、同じクオリティの画質ならばそれは電波で来ようが電線で来ようが観る側としては何の違いもない、それに配信ならば録画の必要もないしね、視聴率という面でもより良い感じで測定出来ると思う。

また評価つける事でそれも参考になるしね。

後は緊急速報のテロップを出す機能とかがあれば良いのかもね。

日々のニュースは取材等の面でアマゾンとかでは辛い面あると思うけど週一の討論番組形式ならばある程度報道番組も出来るのではないかと思うし、これからそういうコンテツも欲しいと思います。

そうなってくるといよいよテレビ厳しくなるよ、ニュースしか取り柄がなくてそれがフェイクとなれば何も観るべき物が無い感じになりかねない。

それにアマゾンプライムの金額ならば不正アップロードにも効果がある様に思う高ければ不正アップロードの動画を観る者もいるかも知れないけれど安いからそんな事するのがバカバカしくなるからね。

コンテンツ保護の面でも実にいい感じなのです、変な規格のCASとかで面倒臭くなるより実に健全、録画用のDVDとかブルーレイに変なモノ追加する必要もなくなるしね。

テレビ関係者はこの流れを甘く見過ぎると痛い目に遭う事間違いなし、流れは早いよ、小売りがネット通販によりダメージを受けているのと同じ事が起きるよ。

売っている商品が強くなければ淘汰されるのです、これまでは電波利権で独占だったかも知れないけれどすでにその構造はネットにより壊れつつあるのだから。

今にユーチューバーに視聴率で負けている番組とかにスポンサーが金を出さない日がくるよ。
posted by mouth_of_madness at 22:31| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

フジテレビの社長交代劇

今でも死にそうなのにこの交代劇、もう自殺したいのという感じしかしないのだけど。

むしろ40代ぐらいに若返る位の事やらないと駄目だと思う、今の変化について行く事が出来る柔軟性が必要だと思うのよ、スポンサーに頭を下げる役割としてのベテランとかは必要かもしれないけれど現在のメディアの荒海の舵取りをするのは若さが必要。

単純な経営とかいう感覚では駄目だと思う。

そんな風に思ったけれどもう若者のテレビ離れに関しては諦めた、高齢化社会に向かっているからその高齢者向けに特化するという戦略なのではないかと思えて来た。

時代劇とかを復活させたり、北の国から的なドラマとかやるとか(いま倉本聰の昼ドラとかをテレ朝でやっているし)を考えていたりしてね。

意外と高齢者は金持っているから新しいスポンサー戦略を考えればこれはこれで商売に成るかもね。

ネットで呟かれているフジテレビ反日説とかを払拭しようと考えているのであれば「ユアタイム」とかを昔の11PMの様に曜日により司会を変え曜日毎に報道の方向性を大幅に変えるみたいな事をやるべきではないか、単純なコメンテーターでの変化ではなく曜日により政治的立ち位置がガラッと変る位の極端な変化をつければ面白いのではないかと思う。

笑い物にする事なく真面目に極論を展開するのだ。

同じ事象に対して違う視点を提示するそれこそが面白い筈、一度に両方やると何か視点がブレ駄目だけど曜日を変えてやればブレが押さえられのではないかと僕は考える。

討論形式は単に混沌になるしね。


まぁそれにしても僕はなんでこんなにフジテレビの混乱に関して反応しているのだろう。

何でこんなにテレビが好きなんだろうか。
posted by mouth_of_madness at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

フジテレビは何故失速したか?

フジテレビの視聴率がもうねぇドンドンヤバくなる。

何でそうなったか?ネット上では「フジデモ」の影響「嫌ならみるな」が原因とかネトウヨの人が喜んでいたりもしますがきっとそんな事ではない。

センスがおかしく成ったからデモが行われただけでデモのせいで落ちとは思えないのですよ、単に落ちる予兆に反応しただけというのが本当の所だろう。

多分調子の良かった時の事が現在では足を引っ張っているのだ、多分フジテレビが調子の良かった頃の人間が現在では上に立ち老害になっているのだと思う。

自分の成功体験を現在でも成功すると勘違いしているのだと想像する。

状況もセンスも全然変わっていいるのにそのスピードに対応できない50代という感じで駄目になっているのだ。

20代、30代を自由にさせ俺がケツを拭くという感じがあれば良いのだが多分そんな事はない、そしてかっての「面白く無ければテレビではない」という精神を忘れているのだ、作り手がこんなん面白いやろというパッションを持っている感じが番組から溢れていないのである。

視聴者の事を下に見て「こんなのが好きなんだろ」という感じが駄目なのよ、下に見てもいいのよ、でもねぇそれならばこれが面白いって事だ、このセンスについて来られるかという位のモノが必要なのです。

これがわからないのはカッコ悪ぜという位の思い上がりが必要なのです。

庶民に合わせてやっているという思い上がりの方向ではそれは見透かされてしまうのです。

作り手がこんなの観たい、俺はこれが面白いという気持ちが無い限り復活はしないのではないだろうか、まぁその思いが無くても徹底的なマーケティングでそれなりまでは戻るかもしれないけれどマーケティングで失敗したときのダメージは情熱爆発での失敗と違い暗いモノを残す。もっと弾けてればという後悔を残すのだ。

ドンドンとネットで情報は消費される、流行もドンドンとかっ飛んでいく、其処に自分の面白さをぶち込む意気こそが面白いのである、視聴率はそれだけでは中々とれない筈だ、でもあそこは面白いモノを作ろうとしているという信用が生まれてこそセンスの良い奴の作った番組が大ヒットに繋がるのです。
posted by mouth_of_madness at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

中途半端

ドラマに他のドラマのキャラが出るパターン。

でもねぇ中途半端すぎるワケですよ少なくとも前クールでやっていた分はグズグズなのですよ。

やるならばトコトンやりなさいよ、中途半端過ぎるノイズは邪魔なのですよ、同時期にやっているドラマを観ていないと良くわからないネタなのに他のドラマを観たいと思わせない様な絡みならば無い方が良いのです。

再放送で観た場合とか意味不明になるでしょ?

ガッツリと組み込まれていれば他のドラマを観ようかというテンションにもなるだろうけどそんな感じではないからね、他のドラマを観なくていいから楽っちゃ楽だけど本編にあからさまにいらないシーンがあるのがどうにも嫌。

一度トコトンやってみて欲しいと思う。

刑事ドラマ>>そのドラマに出ている若手刑事の恋愛ドラマ>>その恋愛ドラマでの彼女が働く企業ドラマ>>その企業ドラマに出てくる不正を行うライバル企業と政治家の癒着が刑事ドラマでの事件に絡んでくるといった感じで是非。

安易?
posted by mouth_of_madness at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

テレビを買った

ブラウン管のテレビが壊れたから新しい液晶の4Kテレビを購入しました。

まぁ壊れたのは実際は1年以上前ですけどね。

これまで余っていた液晶モニターをテレビ代わりに使っていた、それでも何か大きな問題がある訳ではないのだけどやはりムズムズと物欲爆発で買っちまいました。

結果、大満足。

今まで観ていたモニターは壊れてた?、と思う位に色鮮やかになりました、単に彩度が上がったという訳ではなく有るべき所の色がちゃんと出ている感じです。

副作用としては雑なセットが安っぽくなる部分ですが、これまで観ていたモノが新鮮に見える感じは実に楽しいです。

タダでさえテレビっ子の僕ですが更にテレビを観そうな勢いです、仕事が忙しく無かったらなぁと思う位に愉しめています。

前のハイビジョンブラウン管に買い換えた時も細かくなったと感動を覚えたけれど今回それ以上です、別に4Kの番組が観られている訳では無いけれど色のキレが良いと目が良くなった様な感じで4K映像を観ている様な錯覚すら有るのです。

其処でふと思った、最近テレビが面白くないという人多いでしょ?これって小さいモニターやスマホとかで観ているから映像が頭に入って来にくく成っているのではないか?

番組に入り込めてないからではないかと思います。

ながら観をして集中していないとかが原因の一つではないかと思うのです、映画館とかだと大した映画で無くても大画面、大音響、暗室効果で面白さ5割増し的感じが有るでしょ?

本当に面白いモノならばそれらが無くても大丈夫だけど、ソコソコとか完成度は低いかもしれないけど個人的にツボにはまる様なモノはある程度集中して観ないと駄目だったりするのよ。

それには、やはりそんな環境がないとねと思いました。

視聴環境を変えるだけで面白さがアップするかもよ、是非。
posted by mouth_of_madness at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

くだらない番組

くだらない番組ばかりだからテレビは観ない、その時間は本を読むか映画を観ているとか言う人って今だにいるよね、むしろ増えているかもね。

でもねぇ、くだらない本も山程あるし、しょうも無い映画も山程ある、どちらにも読まなきゃ良かった、観なきゃ良かった、物凄く時間を損したというモノは僕の日常に溢れている。

でもねぇ、そのクダラナイ物があるというのは体験しなければわからない事だし、人生はそれの積み重ねでもあるのです。

それにねぇ自分の力で面白いモノに辿り着こうと思えば山程のツマラナイモノを消費し辿り着くモノなのです、人に勧められた面白いモノを愉しめば確かに効率いい事だと思う、自分で探した面白いモノはそれより低レベルの面白さかもしれないでも自分が辿り着いた面白さだ、殆ど誰も注目していない面白さに到達するかもしれない。

大体観るモノ聴くモノ常に傑作だらけって有り得ないでしょ?駄作に触れて傑作の良さを知るのですよ。傑作を知って駄作を判別できるのですよ。

まぁ本とか映画はある種のアーカイブ化されている様なモノだから既存の傑作だけを追うだけで人生の時間を十分に消費できるけどね。

今残っている過去の作品は時間とかにさらされ残ったモノ、今の作品の大半は駄作、売れもしない廃棄されるだけのモノ、それらは視界に入りにくいから存在を知らないだけ。

そもそもテレビが駄作だらけといえる程テレビなんか観てないでしょ?誰かが言った、書いた意見でそのモノをこういうモノだと思い込んでいるのが実情ですよ。

それこそがくだらない状況。

誰かにとってくだらない番組が自分にとってくだらないとは限らないでしょ?
posted by mouth_of_madness at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

女性主人公

今シーズンのプライムタイムのドラマを観ていてふと思った。

何か女性主人公のドラマ多くね?まぁ元々増えて来ていたのだとは思うけどアッと思った。

基本的に女性の職業モノが今シーズン多いのですよ、これも女性が輝く社会政策とかの一環なのだろうか?と思ってしまう位に多さに改めてビックリするのです。

NHKの朝の連ドラも3連発でモデルありの起業家モノという感じですしね。

これには何か社会の空気とか以上に作為的なモノを感じるのです。

今日日男性は男性主人公のドラマなんか観たいと思わないのかもね、主演の女優が良くて話が大きく破綻さえしなければよい、女優が綺麗に撮れていれば良いという感じなのかもね、女性は女性主人公が男性社会にガツンとかましてくれれば痛快と思ってくれるのかもね。

視聴率とかを考えればこれが現時点ではベストなチョイスなのかもね。

その結果でこの様な状態ならば良いのだけど、国連人権委員会とかフェミニストの団体とかから圧力がかかった結果だとすればこれは非常によろしくない。

この空気が続くと知らないうちに男性は萎縮してしまう事になりかねないのです。

チョイと前の下町ロケットで信念の有る会社みたいな表現の為に悪い企業を作ってしまうのも実によろしくない、話としてはわかり易くなるし、現実的かもしれない、でもここはライバル企業も真っ当で時間との勝負的な競い合いとかにして欲しいとも思う。

敵、味方、保身的だったり、悪事を企んだりとかセクハラ上司だったりとかわかり易い形で駄目男性を描くとか有る種の差別としれと思います。

ドラマの中でも男性は生き辛いとなればドンドンと男性は駄目になりますよ、多分精神的には女性より弱いからね。
posted by mouth_of_madness at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

同時配信

テレビ放送と同時にネットでも配信する様にしようという話、ラジコのテレビ版。

いよいよこれまでのテレビの形の終わりの始まり、でもねぇこれは実は良い事だと思う、これまでの視聴率という現状に合わない視聴者反応からの離脱が出来るのです。

それにねぇキー局という歪さからもバイバイ出来る可能性があるのです。

現時点では地方局がガタガタになるという理由で同時配信していないという話みたいだが、確かにゴールデンの番組をキー局から購入しその枠を販売する事で利益を得ているのだろう。

この利益に関しては無くなると思うし、しばらくは辛いとは思うけどだがこれまでその地方でしか観る事が出来なかったローカル番組でもコンテンツの内容次第では全国、いや枠組みによっては全世界の視聴者を得る事も可能な訳ですよ。

北海道ローカルが深夜番組を席巻した様な事や関西の番組が全国的に観られていたりする事もこれまであった訳ですよ。

地方の番組が他のテレビ局が番組購入する事無く観る事が出来る様になれば視聴のチャンスが増えるのですよ、新しいブームが作れられるのですよ。

また違う視点で作られた番組により視聴者の意識に厚みが出て来れば番組作りに変化をもたらすと思う。

地方のニュースと全国のニュースの違いとかが情報の厚みになれば更に良いと思う。

ネットのインフラを充実をさせる必要はあるけれど電波インフラの問題を解決するよりは全然楽だとおもうしね、電波で8K放送とか可能なの?

緊急時の保険的に電波は残す必要はあるけれどそれよりもっとネットを強化しようよと思います。

今も時間に縛られたくなくて録画とかで観ている訳ですよ、確かに同時性という意味もわかるし共通社会認識、流行、話題というのを作るのには必要かもしれないけれど、観る為の時間からの解放、録画からの解放という様な利便性の方が良いと思うのよ。(同時配信からは一歩先に進んでいるけどね)

また後で検証出来る様になると番組製作も迂闊な事が出来ないというのも良い事。

権利関係と換金方法、ビジネスの仕組みを考える時期になったのですよ、遅いくらいだけどね。
posted by mouth_of_madness at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

余裕なさ過ぎ

高視聴率番組ドクターXの話が現実離れで有り得ないと批判殺到って記事、ネタだとは思うけど本当に怒っていたら余裕なさすぎです。

そんな事で怒る医者に病気を任せて良いのか?と思うのは僕だけだろうか?

本格医療ドラマとかで実話を元にとかいうようなドラマならばわかるけど漫画みたいな痛快医療コメディに対して有り得ないとかいうのはチョイとねぇ。

ドラマの影響で患者がいう事を聞かないとかスーパードクターを呼べとか、医院長は腐っているとか言い出すのであれば文句を言うのもわかるのだが。

単にちょいと荒唐無稽すぎるからといってバカにしていると怒るのはねぇ、いや実際にはちょいと苦笑い程度で記事が面白可笑しくしたいだけかもしれないけれど。

殆どのドラマ、真面目に語りだしたらどれもこれも非現実的でしょ、刑事モノとかどうするのよ。

あんなに同じ所轄で事件ばかり起きていたら治安悪すぎでしょ?すぐ解決するしね。

学園モノとかにしてもそうだし、リアル風はあってもリアルではないというモノ。

ドラマの有り得ない部分なんか飲みの席で有り得ないと酒の肴にするとか、ドラマの感想文としてネタにいう様なモノ。

でもそのドラマの世界感にマッチしている場合は現実と違うというのは野暮な話です。

ドラマの中で提示されているルールを無視した時にこそ有り得ないというモノなのです、メロンと高額報酬、それに何でも自分の患者にしてしまうとかはドラマの中では通常運転の設定だから文句をつけるべきではないのです。

文句を言うとしたらそれまでメロンだの高額報酬だの人の患者を横取りだのという事をしておいて視聴者からの苦情とかかで急に普通になった時ですよ、それこそが有り得ないという事なのです。

有り得ないとか言い出したら007シリーズとかどうするのよ。


まぁテレビの感想文と視聴率アップの為のネタに反応する僕にも余裕がないという事なのかもね。
posted by mouth_of_madness at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

ズレ

若い人はあんまりテレビを観ないそうです、テレビすら持っていなかったりするくらいにテレビ離れしているそうです。

そうなんだけど番組って若者向けが多いような気がするのよ、まぁ僕がオッサンに成っているわけだから30代向けでも若者向けに見えるのかもしれないけどね。

まぁ若者向けという事で話を続けると、観ていない、持っていない層に向けて番組を作って視聴率がとれるのだろうか?

対象と番組内容がズレているからおかしな事になっているのではないか?

スポンサーが売りたい層と観る層のズレというのが原因なのかもしれないけれどどうにもよろしく無い状況になっているのですよ。

兎に角ズレているのです。

大体作っている人がこんな番組観たい、観たかったと思っているのだろうか?オッサンディレクターやプロデューサと若手制作者との間で気持ち悪いズレ感を感じていると思うのですよ。

結果誰の為にも作っていない感じに仕上がっていると僕は思う。

僕も仕事でモノを作っているけどオッサンが若者はこうだよねというディレクターの意見とかをきくと絶対にそれ間違っていると思っているからね、僕もオッサンだから推測はするけれどその推測により導き出された若者はこうという意見はかなりズレていると考えているからね。

考える事は良いけれどわかっちゃいないというのを理解しておくべき。

子供の頃に大人はわかってくれないと思っていたでしょ?

それに視聴率で測るというのが既にズレているよね、録画があるし、これだけ放送数や映像コンテンツが増えれば昔と同じに考える事がおかしいよね、これは広告代理店やCMスポンサーの感覚が昔のままなのかも、多少は時代に合わせているだろうけどズレているから視聴率を気にしてしまう。

更に見逃し配信とかにしても非常にズレていると思う、最終回まではそれまでの話全部観られる様にしておかないと続きモノは後追いが出来ないよね。

TVerにしてもどう考えてもセコいしね、違法アップロードをして欲しくなければ自分とこで出せば良いのですよ。

もうアクセス数で小金が入るようにすれば良いと思うよ、DVDを売るとかいうビジネスモデルも既に壊れているのにそれに拘るのもズレですよ。

むしろ海外向けに英語字幕入れる位のサービスこそが今は必要なのではないのか?

コンテンツとして質を上げ世界にうって出る位のガッツが必要なのです、世界にうって出るとか考え無くても面白がって作るとサイレント図書館の様に広がったりするのだけどね。

アニメもビジネス的にはまだまだ厳しくても、一部のマニアだけかもしれないけれど日本向けに作ったモノが世界に拡散していくのですよ。

コンテンツの拡がりかたは昔と違っているのに新しい手が遅れている、余りにも大きく成りすぎたキー局の思い上がりがズレを引き起こす。

相変わらず自分達がトレンドを作り出しているとかメディアとしての力を過信していると大崩壊が訪れる、新聞がグダグダになっているのと同じ。

ニュースとは何か?という事を考えずに新聞紙を作るという事に拘りおかしな事になっているのですよ、しっかりとした取材、様々な意見と視点というモノが大事なのにそれをおろそかにし、想像とプロパガンダと己の思想を垂れ流す間違ったモノになれば駄目になるのは当たり前。

でも己の上級市民としてのプライドが邪魔をして動けない、己が駄目になったいう事も理解出来ないズレなのよ。
posted by mouth_of_madness at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ハッとした

視聴率が悪いと脚本家と出演している役者が叩かれる記事は良く見るけど監督が叩かれるプロデューサーが叩かれる事って殆ど無いよね。

いやむしろそっちの方が大事だよね。

酷い脚本、演技だったとしてもそれらを採用した方が悪いよね。

何か優先順位が違うよね、色々と動き出して修正不可能とかあるかもしれないけれど、当初考えていた能力をはるかに下回るモノだったとしてもそれに決めた者を叩くべきなのよ。

政治家の不祥事を首相に任命責任と批判するのと同じだと思うのです。



まぁ更に言うならば視聴率が低いのを誰かのせいにする記事って何の為にあるの?マーケティングの為に分析会社が事業者にに向けて出す記事ならばわかるけど一般人にそれを教える必要はあるの?

先入観を与え何か誘導したの?

事務所間の争いの一環?テレビ局間の視聴率争いの一環なの。

もっと今は視聴率低いけど此所に注目して見れば面白いという様な記事書けば良いのにね、面白さを伝える事をメインにすればと思います。
posted by mouth_of_madness at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

新鮮

いつもと違う場所でテレビを見る。

同じ日本なのにやっている番組が違う、確かにゴールデンとかは同じだけどズレると途端に違う。

また本編以外でもCMがチョイチョイ違うから実に新鮮。

また自宅ではケーブルテレビに加入しているから生活に組込まれたチャンネル数、流れが全然違うのもあって日頃見ない番組を観るのも新鮮です。

このテレビの違いもまた文化の差異を生み出すよね、共通感と異質感がこのチョイとしたテレビプログラムから生み出されていると思うと感動しますよ。

ネットとかで感覚の共有をしているのは錯覚。

テレビ番組の違いによって共有は簡単にずれて行くのよ、高校過ぎた位から自我で意識的観る事が出来るから大丈夫と思っているかもしれないけれど無自覚で観ていたモノの影響は潜在意識に刷り込まれある種のセンスを作ってしまうのです。

ローカルCMの異質感にお昼のワイドショーに深夜番組のチョイスだったりに色々なモノが隠れているのです。

日本の共通性と多様性微妙なズレと厚みは此処にある。
posted by mouth_of_madness at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

タダ

4K録画出来ない問題での違和感、地上波はタダで観ているという部分ですよ。

実際はタダで観てはいないのですよ、スポンサーを通して間接的に払っているのです。キー局の広告売り上げで考えると月1200円位は払っている感じだと思います。

広告費は薄く商品に上乗せされている訳だからね。

また電波使用料は格安です、これを他の通信会社が使用すればもっと高速な通信が出来るだろうし価格も安く出来るかもしれない。

本来の電波価値より大幅に低価格だとすればそれもまた国民がその分を払っているとも言えるのだ。

そしてCSとかよりタチが悪いのですよ、観ていなくても契約させられているのだから、まぁCMなんかうっていない企業の商品だけを買えば良いのかもしれないけど結構難しいよね。

タダというのは嘘、騙されているのですよ。


だからこそ「嫌なら観るな」は安易に使っては駄目な言葉なのです、お金払っているのに観るなですから無茶苦茶な話なのです。

お金払っているから文句を言うのですよ。
posted by mouth_of_madness at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

4K

4K放送や8K放送は録画出来なくするという案、CMが飛ばせないようにする案。

なんか馬鹿みたいに思える、ただでさえ色々な配信サービスが強化されていくのにその様な事で利益を確保しようという小ささは笑うしかない。

コンテンツ屋としてどの様な番組を作るのかというのを真剣に考えろと思うよ、単純に人が映像を観る事が出来る時間は限られている、その限られた時間を如何に奪うかが大事なのよ、それはねCMも同じ無理矢理見せてもあまり意味がないと思う、観たいと思わせない限りCMの間にトイレに行ったりするだけ。

そもそも仕事のスタイルも余暇の過ごし方もテレビが無料娯楽の王様だった頃とは違うのよ、ネット配信サービスも独自製作のコンテンツを作る社会変化をしているのに未だに利権にしがみつき損をしている感じがする。

ネットである種の電波利権の旨味は無くなっているのにそれに気がつかない、電波だと新しい圧縮の仕組みとかが出来ても直ぐに対応出来ないという欠点をもっているのにね。

強みはねぇ今まで毎日、放送を続けた、コンテンツを作り続けたという部分なのよ、不特定多数を楽しませてきた流行を作り続けたという部分なのにその事を理解せずにおかしな方向に行こうとしている。

大丈夫?

既に個人の動画配信にすら負ける様になっているのは映像屋としての敗北ですよ。

ネット配信が増えてビジネスとして成立するのであれば更にコンテンツ制作会社は増えるよ。日本映画にアメリカ資本が入っている様に、今に日本のテレビ局の下請け製作会社にアメリカ資本が入り日本に特化しつつも海外進出も可能な番組作りをやり出しますよ。

おかしな議論をする前に如何に視聴者を引きつけるか、視聴環境変化に対応するかを議論するべき。


利権を守るという事をメインにするからおかしな事になる。
posted by mouth_of_madness at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

半端ないクソ番組

RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015,マジですかこれ?

半分再放送というか同じ試合を2回流す、試合より煽りやCMの方が長いのではないかという番組構成、確かに年末とかの番組はCM多いけどこれはチョイとマジかと成る位に酷かった。

試合展開による時間配分の難しさはわかるけど、生放送ではないのだからどうとでも上手く編集出来るでしょ?

そもそも生放送ではないのに枠とりすぎなのが問題ですよ、この辺のセンスの無さがフジテレビの没落の原因だと思えてくる、また煽り多めも日頃格闘技に興味を持たせるという事なのかもしれないけれど此所まで多いとチャンネル変えると思うよ、あくまでメインは試合の部分の訳で何時始まるのよとなったら退屈するってモンよ。

また煽りでテンション上がって試合がショボかったりしたらテンション駄々下がりですよ。

集中力とかの事考えたら二時間半位で試合てんこ盛りにするべきだと思うね。

どうせ紅白に勝てないし、ガキ使にも対抗するのは大変だから雑な番組を作ろうという考えが実に卑しい考え、其処までならばもっと開き直れよと思う。

貧乏臭い豪華感はいらない。

そもそもボブサップと曙の試合を真面目に観たいと思うのか?これもまた格闘技知らない人には知名度のタレントが必要なのとかいう理由でしょ?でも其処まで今はバリュー無いと思うよ、あの人は今的な感じですよ。

僕が今の空気を読めている訳ではないけれど、これは読めてないと思うけどね・・・・・

まぁ視聴率とかが凄く良かったら読めて無いのは僕という事が確定するけどね。
posted by mouth_of_madness at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする