2019年05月27日

でんじろう

昨日たまたま観た番組が酷かった、でんじろうVS防弾ガラスという感じ奴で、何か科学もヘッタクレも無い、身も蓋もない感じで呆れてしまった。

中途半端な何でもあり感で防弾ガラスを破ろうとするも破れないという、防弾ガラスの宣伝にしか見えないのですよ。

別にあそこまでやるのであれば破れない方がおかしいと思うけどね、敗れないでんじろうって馬鹿なのと思うモノ。

火炎放射器にテルミット爆弾とか単に見た目派手にしたいだけだよね、火炎放射器OKならばウォーターカッターでも良いんじゃないと思うけどね、同じ熱でももっと高温のもので良いわけだし。


実に意味不明なのよ。

問題になりそうだけど身近にあるモノ、予算一万円までとか制限とかがあって、科学知識でどうするかとかじゃないと番組として成立しないのです。

単に見た目ド派手するだけ結局何をしたいのかわからなくなってしまうのです。



普通のガラスの弱点をつく攻撃をガラスメーカーのアイデアが上回るというので無いと見応えないよね、破る為の科学知識と従来の弱点を克服する為の科学知識と技術力のせめぎ合いを見せないと単なる馬鹿番組になってしまうのです。

posted by mouth_of_madness at 23:08| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

チャンネルはそのまま!

漫画原作のドラマ、HTB北海道テレビが制作というのがキモだと思います。

ちゃんとしているけれど微妙に緩い、その感じが原作の緩い感じにジャストフィットしています。

キー局のゴールデンのドラマだったらもっとドタバタのギャグドラマで中途半端な恋愛ドラマが入っていたのではないだろうか、NHKだともう少し真面目に成ってしまいイマイチ弾けない感じで微妙に残念感漂う気がする。

ちょうど良い匙加減で作られていると思うのです。

原作のエピソードの引用の抜き加減もうまいと思います、ジックリ見せることも出来たはずだけどそれをドラマの尺でやるとテンポも悪くなるし、五話しかない尺だとそれをやるとメインのストーリーの邪魔にしかならないと思うのです、日々流れる時間というモノもテレビ放送のキモだったりするわけで良い決断だと思います。

でもこのドラマの魅力のキモは雪丸を演じる芳根京子です、画面上でワチャワチャと一生懸命頑張っている雪丸の姿を見ているだけで愉しめるのですよ。
幸せな優しい世界が底にあるのですよ。

シナリオがどうした、演出がどうしたという事を超越している魅力がそこにあるのです。

このキャスティングでこのドラマの成功は約束されていると断言できるくらいにナイスなのです。
posted by mouth_of_madness at 23:44| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

視聴率

テレビの視聴率が悪くなって行く。

でもふと思う、昔より明らかにチャンネル数は増えている訳で下がるのは当たり前だよね、なんでキー局てBSまでやっているのと思うし、更にはCSでも番組をやっている訳で微々たる影響なのかもしれないけれど自分で自分の首を絞めていると思うのです。

チャンネル数から考えると15パーセントとかとんでもない視聴率ですよ、10パーセントでも物凄い視聴率なのですよ、でも昔の感覚で視聴率を捉えるから局側もスポンサー側も勘違いしてしまう。

録画もあるしネットでの配信もあるから昔の考え方では全く対応できていないのが現状なのです。

でも今だに昔の仕組みに囚われているのがテレビをつまらなくしていると思う、これさえもきっと古いのかもしれないけれど検索ワードや、バズっているとかをもう少し分析して影響力等を視聴率に変わるビジネスモデルにするべきではないだろうか。

従来の視聴率モデルで行くのであればスポンサーに現状の多チャンネル状態を理解してもらうしかないと思う。

局側もスポンサーありきの国内メインで商売するのではなく世界戦略を考えるべき時代なのです。


まぁ人材不足で厳しそうとは思うけどね。


posted by mouth_of_madness at 23:29| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

トクサツガガガ

NHKのドラマ面白く無い訳では無いが実に微妙な感じ。

このドラマ、テレ東のドラマ24の枠だったらとかTBSのドラマイズムの枠だったらもっと面白くなったのではないかと思ってしまうのですよ。

微妙な生真面目感がどうにも座りが悪いのです、キャスティングとかも良いので実に惜しい感じがするのです。


NHKは新しい方向に変わろうとしているのかも知れないけれどその方向性が微妙な感じもする、その一環としてのゾンビドラマもあるのだろうでもコレもまた「カメラを止めるな」のヒットの便乗した感があってどうにも迷走している感じがするのですよ。

技術はあるけど愛がない、思い入れが無いというか、楽しんでいる感が微妙に足りない感じがするのです。

まぁ実際は愛はあるのかもしれないけれどそれを形にする経験値が少なくて微妙な感じになっているのかもね、枷を乗り越えるだけの能力がないのかもね。


大河のいだてんも微妙な感じだしね、何かがスンドメしていてハッチャケないのです。






posted by mouth_of_madness at 22:47| Comment(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

テレビがつまらん

お正月番組がちっともグッと来ない、なんかもう少し面白い番組作れよ。

レギュラー番組のSPやドラマの再放送という感じで何かハレの日の感じがしないのですよ。

そのおかげ録画した未視聴番組の消化は進むのだけどね。

ネタ見せのお笑い番組にしても番組が変わっても出るメンバーが同じ感じで飽きちゃうのですよ、それにCMが多く番組が細切れで集中しないのです。

この貧乏臭い番組構成がテレビがダメになったと言われる所以なのかもね。

予算が無いとか言うのかもしれないけれど、金をかけるべき時に節約するるともっと酷い未来が待っている、賭けに出ないとダメな場合があると思う、まぁ正月がそのタイミングかと言われると疑問もあるけどね。

そうは言ってもテレビ局は新春番組を作っている訳でそれならばもう少しどうにかしろと思う。

posted by mouth_of_madness at 17:05| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

本当に面白いのか?

テレビっ子の僕ですが、本当に面白いと思っているのかという感じが最近フツフツと湧いて来る。

単に習慣的なモノで見ないという状態が気持ち悪いという感じではないかという気がするのですよ、偶に面白い物があるからある程度続く訳だけど、どうにも最近自分の中でマンネリ化している気がするのです。

仕事が忙しくて時間もなく落ち着いてみる事が出来ていないというのも面白さ半減の理由だとは思うけどね。

観た充実感とかがどうにも欠落している、まぁ忙しいと生きているという感覚もなくなるのだけどね、そういう状態でテレビを見ては本来はダメなのだろう。


そんな風に考えていくと、美味しいとか面白いとかいうのは自分の精神状態や肉体状態がそう思わせるのかもね、最近テレビがつまらないと言われていたりするけど、これは番組内容が劣化したのではなく、色々とやる事が多すぎてゆったりとテレビを楽しもうという精神状態ではないのかもね。


posted by mouth_of_madness at 23:45| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

記号化

相棒でのシャブ山シャブ子という薬物中毒の怪演が問題になっているらしい。

まぁおかしな薬物中毒患者というのが依存症に悩む患者を傷つけるとか極端な演技が差別を助長するという話。

でもねぇそれを言い出すときっと何も演じる事は出来ないと思う、ある種視聴者にわかりやすく提示する為に記号化するるのですよ、記号化された様な者だけではないと言われても困るのです。

色んな人がいるからと言いだしたら演じる人は途方にくれます、全部を提示なんて無理な話だし、演じるキャラクターに色々な要素を詰め込みすぎるとこれまたリアリティがなくなるしね。

また依存症に苦しむ人がいるとしても極端演技でこうはなりたくないと思わせる狂気の演技は新規の依存症を防ぐ為にはいい事なのではないか?それにねおかしな目で見られるのは法を破り、精神とかを破壊する様な薬に手を出した自業自得ではないのか?手を出した理由にも不幸な出来事があったの言われてもピンとこないよね。

犯罪をカッコよく描くとかより余程健全だし、色々な側面を描くあまり犯人の過去とかで同情の余地ありとか情感たっぷりに描く方が問題としては大きいよね。

拉致監禁されて無理矢理薬物中毒にされたのならば別だけど。

これまでも色々なドラマや映画で少し極端に演じられたモノは多数あるだろう、その度に差別を助長するとか言ってきたのか?これからも続々抗議するのか?なんか自分のムカつきだけに抗議するとしたらチョイと酷い話です、理屈に合わないのです。
posted by mouth_of_madness at 22:57| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

ショッカー

仮面ライダーを久々観たらこれが結構出鱈目でちょいと微笑ましくなった。

観たのは13話のトカゲロンの話なんですけどね、どう見てもこれ作った時酔っぱらっていたのではないかと思う位にぶっ飛んでいるのです、冷静に考えると無茶苦茶なこと言っているのがわかるはずなのにそんなことお構いなしで突き進むのです。

ショッカーの首領は研究所襲撃に失敗した怪人に弱音を吐くなというし、科学者チームにどうにかしろと小言を言い、その事に反論する科学者に説教をする。


謎の首領に反論できる環境も凄い感じがするのですよ、この頃の企業とかで社長に反論できるような企業ってそんなにないと思うのですよ、そう考えると実にオープンな組織に思えるのです、部下に日本支部は業績が悪いからしっかりやろうぜという事をいう首領も中々オープンな感じですしね。

またバーリアを破壊する爆弾にしても実におかしいのです、バーリアは原水爆でも破壊できないといっているのです、でも科学者はそれを破壊する爆弾を作りあげるのですがそれを撃ち出す発射台は作る事を発想できないというマヌケ具合。

その破壊爆弾もどういうモノかというと5kgの重さで20mの距離で投げ込まないと効果が出ないという謎仕様、それが実行出来ない怪人って意外と体力大した事無いのという感じが更に笑いを誘う。


それが出来る怪人作る為にクソみたいな性格のサッカー選手を改造してしまう無駄な作戦、飛び道具とかで発車するのはきっとショッカーの美学に反するのだろう、普通ならば発射装置作る方が手間かからず良いと思うけどね。

きっと原水爆を越える威力という事を考えると20mという距離にいたら無事じゃ済まない感じがするけどね。

後爆弾って蹴って大丈夫なのと思うね、その程度の衝撃では爆発しない?バーリアの衝撃が無いと爆発しないのであれば今度ラストがおかしな事になるしね・・・・

子供の頃はカッコイイと思っていたFBI設定の滝だけどアメリカの組織の仕組みを知る歳になるとチョイとこれは無いよね?、もう少しちゃんとしているべきと思うね。


大人に成るというのはこういう事かと思いました、素直に愉しまず、別の楽しみをしてしまう、純粋では無くなったと思うのです。





posted by mouth_of_madness at 21:45| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ガッツリ

朝ドラの鬱展開で泣いたとか、会社に行けないとかいう感想の記事。

そこまでガッツリと心に響くならば通勤前のバタバタしてる時に見ない方が良いのではと思う、夕食済ませて一息ついてドップリと見るべきでしょ?

そっちの方がより充実したドラマ生活が出来ると思うのだけど、余韻に浸れるしね。


朝なんか時計がわりのモノで流し見で十分なモノというのが楽ですよ。

それにして朝ドラって人死ぬよね、成長させる為の安易な出来事なのか知らんけど死ぬよね、今回の朝ドラ特に死んでます。

そんなに人死ぬと感動するの?なんか麻痺しているというか変な回路組み込まれているというか、ここ押したら泣く、感動するというスイッチが出来ている感じです。

そしてそのスイッチを押す仕事が脚本家の仕事なのかもね。

やる気スイッチではなく泣く気スイッチをね。


死んでもピンと来ないから僕は人が生き返るモノを観ているのかもね。

posted by mouth_of_madness at 22:27| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

吊るし上げ

テレビドラマで視聴率が悪かったりすると主演俳優が叩かれたり、脚本家が叩かれたりする。

なんかもっともらしい理由を捻り出すがなんの説得力もない感じでゲンナリする。

でもあんまりプロデューサーとか監督って叩かれないよね、映画だと監督も叩かれるけど。

それにしても役者が叩かれるのはチョイと可哀想すぎると思うのです、余程ひどい演技ならまだしも、普通にシナリオに沿った演技している限り叩かれる理由は無いと思うけどね。役者が駄目だとしたらそれをキャスティングした人に文句言いなさいよ。

あとテレビドラマの質が低いとしたらそれの大半の問題は視聴者のせいだと思う、ドラマを見る目がないのが質を落としていく原因ですよ、視聴者が厳しく見るのであればゴリ押しと言われるジャニーズドラマとかも無いと思うのですよ、いくら事務所がプッシュしても視聴率が低ければ使わないのですよ、でもファンの人が盲目に応援してしまうからねぇ、ファンも厳しくしないと駄目なのよ。

あくまで全て商売だからね、厳しい目をなくすと消費者はすぐナメられてしまうのよ。


でも吊るし上げと厳しさは別物だからね、更に見当はずれの吊るし上げなんか単なる悪口に過ぎない。
posted by mouth_of_madness at 23:26| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

占い

朝の通勤前に見ているテレビでやっている今日の運勢的占いコーナー。

まぁ占いなんてモノはどうでもいい事なのだがこのコンテンツにつきもののラッキーアイテム、コレがチョイと面白いと思うのです。

占いを信じる人には実に効果的な宣伝戦略に思えるのです、高価なモノは宣伝できないけれど安い物ならばいい感じなのではないかと思うのです。

今日のラッキーアイテムは納豆とか、アイスクリームとかいう感じのモノだとふと買い物とか食事に行った時に意識して購入の切っ掛けになるのではないかと思うのです、信じて居なくても番組を見た事により微妙に記憶に刷り込まれる可能性もあるし話のネタとして買う可能性もあると思うのです。

ある種の気づきを作り出すのです。

人間なんて情報により判断が変化するのよ、孤独のグルメとか見ると明日アジフライ喰うかとか考えちゃう事あるでしょ?それよりは弱いかもしれないけれどラッキーアイテムはアジフライでも意識させる事により人は誘導される事が起きる筈。


posted by mouth_of_madness at 22:33| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

ゲイ

なんか最近ドラマで登場するゲイネタ、NHKの朝ドラにまで出てます。

微妙に多い感じがするのは気のせいだろうか?まぁ多いといってもまだまだ大した本数ではないのも確かだけどね、でも増えてはいる感じ。

アメリカとかだと色々な人種を出すみたいな感じが有ったりするみたいだがこれから日本もそんな感じでゲイ設定の人を一人入れるみたいになったりして。

でも微妙に違和感を感じるのは僕の気のせいだろうか?

認知させる、嫌悪感や間違った先入観を無くすのが目的なのかも知れないけれど何か不自然、多分作り手が時代の波に微妙に悪ノリしている感じがするのがその違和感の原因かもね。


またゲイ以外のレズとかは出さなくて良いのか?とか思っているときっと今にレズカップルとゲイカップルが偽装結婚の共同生活する様なコメディタッチのドラマとかが作られるのだろう、もうやってるのかも知れないけど。

あとこれらの人々を悪人に描く事は可能なのだろうか?

犯罪者に描かないにしても嫌な奴とかに描く事は可能なのか?

良い奴もいる、悪い奴もいるというのが自然に描ける様になってこそ市民権を得たという事だと思う。

そこまで行けない限り、腫れ物に触る感じでいるうちは駄目なのよ。








posted by mouth_of_madness at 07:33| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

リモコン

ブラビアのリモコンにUーNEXTとかabema TVとかのボタンがついたらしい、NETFLIXは既についているのがあったから他の動画配信の分がついたのが新しいらしい。

でもこの専用ボタンなんか違う、非常に泥臭く感じる、自分の利用している配信サービスと合わないと意味のないボタンになってしまうのよ。

ダイレクトで行けるのは快適だとは思うけど特定のサービスというのがどうも違う、サービスは増えていたりするからね。

地上波、BS、CS、配信、アプリという感じのボタンとチャンネルの+、➖との組み合わせ、テンキーとの組み合わせの方が良いと思う、配信とアプリに関してはユーザーが好きなようにカスタマイズ出来る様にする感じでね。

まぁそこまでするならタブレットとかスマホをリモコンにすれば良いという事になるのかもね。


基本的に配信タイトルの検索やyoutubeでの検索なんかリモコンでは面倒くさくてやってられないからね、音声入力はないとねと思うとリモコンにボタンつけるのもどこまで有効なのかと思います、無いよりは良いと思うけど。

最終的にはアレクサみたいなAIアシスタントになるのだろう、多機能をボタンだけでやるのは結構大変だろうから。
posted by mouth_of_madness at 07:47| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

放送法

放送法の4条撤廃という議論で日テレとかは駄目だしをしているけれどその中でテレ東だけが微妙に違う感じで実に面白い。

他の民放がこれまで守って来た公共性といったイメージで自分達を神聖なモノのの如く言う中、テレ東の視聴者のメリットになるのであれば、我々民放も新しい提案をするチャンスが広がるということという発言が実に頼もしい。

多分他の民放はガチガチの利権でこれまで甘い汁を吸っていたのだろうでもテレ東はチョイと立場が違い利益は少ない分その構造に対して手を出せるチャンスとみているのではないだろうか。

番組の評判は良かったりするのにそれを上手く現金化出来ていない現状を打破したいのだろう。

コンテンツのアイデアは負けていないという自負があるのだと思う。

現状の電波利権を守るより、新しい仕組みで次の利権を手に入れる方が得策だと考えているのだと思う。



むしろ制限がとれるのに他の民放の連中は狼狽えるのだろうか?
posted by mouth_of_madness at 23:38| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

話題性

テレビ番組で韓国情報を挿入する。

コレってもしかすると韓国に対して何か思惑があるのではなく単に番組のネタ不足、話題不足という状況を打破する為の安易な作戦ではないだろうか。

兎に角コレをやれば反応する連中がいるという事に目をつけた作の様な気がする、実に簡単に反応するからね、パブロフの犬の如く反応するからね。

ネガティブでも炎上でもいい話題になりさえすればという馬鹿な手段の様な気がして来た、局側からしたら堪ったモノではないかもしれないけどね、作り手としては反応する馬鹿がいる事になんか満足感を得ているのではないかと思うのです、こんな事で充足感を得る能力のない輩がやりそうな感じでしょ?

過激とかタブーを破ったとかで満足する様な輩がやりそうでしょ?人が顔を歪ませれば大喜びという自己満足。

まぁ何の根拠もないんだけどね。
posted by mouth_of_madness at 17:55| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

踏み絵

「72時間ホンネテテレビ」に出なかった事務所のタレントはジャニーズ事務所に忖度したそうだ。

出るか否かで度量が試されるらしい。

なんかこれまた気持ち悪い記事だと思う、ゲスい事務所間の構造を作り単に面白がっているだけの何の根拠もない記事ではないだろうか。

何処の事務所が酷いだの、圧力だのといった変なパワハラがあるみたいな記事に読者とかは飛びつくかもしれないけれど、本当にそんな事があるのだろうか?

仮に圧力が有ったとしてもコレってビジネスですよ、自分の所の利益を最大限にする、何か法を破っている訳でもないしね、どっちにつくのが利益に繋がるかという事であって其処までグジグジいわれる様な事でもないと思うのです。

テレビ局にしても視聴率のとれる事務所と喧嘩するのは困ると思えば手を結ぶし、とれない事務所ならば切るというモノでしか無いと思うのです。

其処を踏み絵といういかがわしさ、何か其処に正義と悪の境界が有るかの如しですよ、出た側の事務所のタレントにしても何らかのメリットが有ると考えただけだと思う、色々な事務所の人が出るので有ればウチが出た所でそんなに問題にならないと考えた所もあるんじゃないの。

芸能界の力関係の再編とかを考えていたりするかもね、ジャニーズよりこっちの方がこれから伸びるという思惑かもしれないし。

出るか否かでタレントの好感度変るってなんか気持ち悪くない?

実際に何があったのかなんか一視聴者とかには何にもわかっていないのに安易に善悪の判定をするこのおかしさに気がつかないと駄目なのよ。

それに考えようによってはビジネスパートナーを裏切らないという見方も出来ると思うのです、これまでの良い関係性を壊すというのは人としてどうなの?という考えも出来るのではないだろうか。
posted by mouth_of_madness at 20:49| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

めちゃイケ

「めちゃイケ」と「みなおか」が終わるというニュース。

そんなに大事なニュースなのか?ニュースにする様な事なのか?ずっとツマランだの視聴率悪いだのいわれていた訳でそういうモノなんじゃないのと思う。

確かに好きだった人は残念だろうし寂しいだろう、憎んでいた人は大喜びな事かもしれないけれど、テレビ番組って何時かは終わりが来るもんでしょと思うのです。

殆どの番組ってその番組のファンでないと殆どが知らないうちに終わるのですよ。

このタイミングでいうのはもしかすると閉店商法じゃないのとゲスの勘ぐりをするよね、終わって次の番組が始まるまで油断は出来ないよね、いざ終わった、次週より「めちゃイケDX」が始まるとか「シン・みなおか」といいだしかねないからね。一度終わってリニューアルとかね。

何となくロス現象を作ろうと企んでいるのではないかと思うのです。

色々と好きなモノが解散したり、終了したり、死んだりとか日常的にゾロゾロとある、その度に右往左往していたら精神的にもたないでしょ。

大概はすぐに忘れるのです。「いいとも」も終わるときにロス現象が起きるとか言っていたけど何事もないように日常は続くのです。

なんか乗せようというセコさに気持ち悪さを感じるのです、寂しいという感情って意外と簡単に想起させる事が可能だからね。

卒業式とかで泣く人って多いでしょ?別に死ぬ訳でもないし永遠の別れでもないのにね、単に日常が壊れる事やこれから変る事の不安とか入り交じっているだけなのにね。

新しい日常が生まれればすぐに忘れる類いのモノなのよ。
posted by mouth_of_madness at 21:28| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

バリバラ

今年も24時間テレビに対抗したらしい。

先日書いた感動ポルノ、その気持ち悪さが滲み出ている感じだったみたいです。

感動の押し付けとそれだけじゃない本音風の悪ふざけ、どっちも不愉快です、いやバリバラの方がチョイと不愉快度合いが高いかも、善意に酔っているだけかもしれないけれど、感動し応援しようという人を馬鹿にするのはどうなのよ?

そりゃ勝手に感動し、障害者はこんなだというイメージ固定は重荷になる事は不愉快かもしれないけれど、善意の部分に関してはもう少し言いようがあるのではと思う。

障害者がチョイと上から目線で愚弄し、世の中にはこんな面もある、切り口が斬新でしょとさらに上から目線でニヤニヤしているプロデューサーという感じが気持ち悪い。

どいつもこいつも上から目線で人を煽り商売にする。
posted by mouth_of_madness at 22:31| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

テレビ番組

民放の作る番組、もっと危機感持たないとネット配信に負けるよ。

アマゾンプライムとかでオリジナルの奴とか観ているとなんか自由度が違う感じがするのですよ、出来の方はイマイチだったりする番組もあるけれどなんか微妙な如何わしさとかもあり良い感じです。

CMマタギのリピートとかもないから観ていて楽というのもあります、またいち早く4K番組を配信出来ているのも素晴らしいと思うしね。

オリジナル番組とかがもっと増え、海外ドラマ等がもっと充実するのであれば年会費が3倍位でも安いかもと思います。

電波利権で利益を上げるというのは本来の商売の道から外れているのですよ、コンテンツのサービスで利益を上げるのが本筋、同じクオリティの画質ならばそれは電波で来ようが電線で来ようが観る側としては何の違いもない、それに配信ならば録画の必要もないしね、視聴率という面でもより良い感じで測定出来ると思う。

また評価つける事でそれも参考になるしね。

後は緊急速報のテロップを出す機能とかがあれば良いのかもね。

日々のニュースは取材等の面でアマゾンとかでは辛い面あると思うけど週一の討論番組形式ならばある程度報道番組も出来るのではないかと思うし、これからそういうコンテツも欲しいと思います。

そうなってくるといよいよテレビ厳しくなるよ、ニュースしか取り柄がなくてそれがフェイクとなれば何も観るべき物が無い感じになりかねない。

それにアマゾンプライムの金額ならば不正アップロードにも効果がある様に思う高ければ不正アップロードの動画を観る者もいるかも知れないけれど安いからそんな事するのがバカバカしくなるからね。

コンテンツ保護の面でも実にいい感じなのです、変な規格のCASとかで面倒臭くなるより実に健全、録画用のDVDとかブルーレイに変なモノ追加する必要もなくなるしね。

テレビ関係者はこの流れを甘く見過ぎると痛い目に遭う事間違いなし、流れは早いよ、小売りがネット通販によりダメージを受けているのと同じ事が起きるよ。

売っている商品が強くなければ淘汰されるのです、これまでは電波利権で独占だったかも知れないけれどすでにその構造はネットにより壊れつつあるのだから。

今にユーチューバーに視聴率で負けている番組とかにスポンサーが金を出さない日がくるよ。
posted by mouth_of_madness at 22:31| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

フジテレビの社長交代劇

今でも死にそうなのにこの交代劇、もう自殺したいのという感じしかしないのだけど。

むしろ40代ぐらいに若返る位の事やらないと駄目だと思う、今の変化について行く事が出来る柔軟性が必要だと思うのよ、スポンサーに頭を下げる役割としてのベテランとかは必要かもしれないけれど現在のメディアの荒海の舵取りをするのは若さが必要。

単純な経営とかいう感覚では駄目だと思う。

そんな風に思ったけれどもう若者のテレビ離れに関しては諦めた、高齢化社会に向かっているからその高齢者向けに特化するという戦略なのではないかと思えて来た。

時代劇とかを復活させたり、北の国から的なドラマとかやるとか(いま倉本聰の昼ドラとかをテレ朝でやっているし)を考えていたりしてね。

意外と高齢者は金持っているから新しいスポンサー戦略を考えればこれはこれで商売に成るかもね。

ネットで呟かれているフジテレビ反日説とかを払拭しようと考えているのであれば「ユアタイム」とかを昔の11PMの様に曜日により司会を変え曜日毎に報道の方向性を大幅に変えるみたいな事をやるべきではないか、単純なコメンテーターでの変化ではなく曜日により政治的立ち位置がガラッと変る位の極端な変化をつければ面白いのではないかと思う。

笑い物にする事なく真面目に極論を展開するのだ。

同じ事象に対して違う視点を提示するそれこそが面白い筈、一度に両方やると何か視点がブレ駄目だけど曜日を変えてやればブレが押さえられのではないかと僕は考える。

討論形式は単に混沌になるしね。


まぁそれにしても僕はなんでこんなにフジテレビの混乱に関して反応しているのだろう。

何でこんなにテレビが好きなんだろうか。
posted by mouth_of_madness at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする