2019年06月12日

煩悩

人間の本体は煩悩、悟ったりして煩悩を無くそうとするけど、それは無駄だし馬鹿なことなのよ。

煩悩が悪いもの的考えの氾濫が諸悪の根元、自分がやりたい事や興味の有ることこびりついたこれまでの人生でのしくじりといった何とも処理に困るモノかもしれないけれど、妬み嫉みとかです見たくない自分の陰の部分かもしれないけれどそれこそが自分の本体なのよ。

無くしてスッキリ晴れ晴れ生まれ変わって別の人って馬鹿なのよ。

楽になるかもしれないけれど感情の起伏を無くして型にはまった人になるなんてつまらない人生。

失うもの多すぎ。
posted by mouth_of_madness at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

激痛2

どうにも肩が痛すぎる、病院にいき痛み止めの注射を打って痛みは少しやわらぐが10の痛みが8になる程度でまだまだ痛い。

痛みで眠れなかったので今大変眠いのだが横になると激痛がくるので結構厳しい。

痛みで変な汗かくし、意識飛びそうになるし。

でも此処まで痛いと微妙に変なテンションになっていく。

半笑いですよ、痛みがくるとキターってなるのです。

生きるってこういう事かもと実感中。

まぁ実際は痛みから逃れる為、脳内麻薬とかが出ているのだろうけどね。


それにしても寝てるときに一人関節技で肩関節にダメージって、人生とは自分との戦いというけれど、ちょいと寝てるときの自分の技強過ぎ。
posted by mouth_of_madness at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

激痛

肩に激痛。

痛すぎて意識が飛びそう、病院に行きます。
posted by mouth_of_madness at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

権力批判

マスコミとか芸人は権力批判するのが仕事といった間違った考え。

批判するべき対象は間違っているのにその事に気がついていない状況ですよ、その間違ったモノが権威を持っていたり権力を持っていたりする時に批判しなければ駄目なのですよ。

政権が嫌いだからという理由で批判したり、思考停止状態で政権は悪という決めつけで批判するのは余りにも愚かなのです。


権力批判で笑いを取る、高度な知識がないと馬鹿丸出しになってしまうのです。

単純な政権批判に酔い「俺ってわかってる、世の中馬鹿ばかり」となる馬鹿ばかり、マスコミは何で自分達が批判されるのかもわかっていない、自分達が批判されるべき間違った権威に成り下がっているのですよ。

また言論の自由を盾にして自分達を批判する者を断罪する、恐るべき暴力装置に成り下がっているのよ。


まぁマスコミを批判する言論も暴走しておかしな事になっているから実にややこしいのだけどね。

マスコミも芸人も気づきを与えるというのが本質なのだと思う、でも気づきではなく単なる自己主張をするからね、客観性を失っていては駄目なのよ、自分すらも客観視できる冷徹さが必要なのです。

好き勝手なことを言う事が出来るのが報道の自由性とかいうのも間違っているからね、嘘やデマとか自分の主義主張は報道ではないからね、自分の考えとは違っていても調べた事をそのまま出すべきなのよ、報道しない自由で隠す事もまた捏造ということをしれ。

影響力で世論を形成するのであれば嘘の報道等で詐欺に問われる覚悟してもらわないとね、国にはこの辺の法整備もちゃんとしてもらわないとね、出鱈目な自由だけが暴走するのはよろしくないのよ。
posted by mouth_of_madness at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

良くない傾向

文化人やタレント、偽知識人とかが政治について語りたがる傾向、実によろしくない、普通の人が政治について語るこれも実によろしくない、僕ごときがこのブログで語っているという状況は間違っているのよ。

でも語ってしまうけどね。

一見社会に興味がありそうです良さそうだけど、中途半端な知識で結局は語るわけです、間違ったノイズを垂れ流すだけなのですよ、そして中途半端にいいねを貰ったりすると勘違いをしてしまうのですよ。

また大局を見ずに語り、自分の理屈に何故か自信もってしまい意固地に成ったりもする、間違った考えに固執するとおかしな方向に行くのですよ。

語っている事の歪さは其処彼処に転がっているでしょ、ネット徘徊していれば良くぶつかるでしょ。

それにね語るという事は結構上手くいっている可能性が高い、本当に不味い場合語る余裕なんて無い、そこそこ上手くいっているから口出ししたくなるのです、その流れを馬鹿の考えで分断するっておかしな話。

馬鹿は余計なこと考えず目の前の自分の事をを黙々とこなしていくべきなのよ。

多分概ね世の中は良い感じで中途半端に時間を持て余している、そうなるとふと気付いた日常の不満点にケチをつけたくなるのです、でも所詮は頭の悪い言いがかりに過ぎない。政治の事一つも話せないと馬鹿に思われるとでも思っているのだろう、でも実際は僕も含めて馬鹿ばかり。

下手な考えで世の中が停滞させる事の害悪、その害悪でけっきょくは自分達が苦労をする、自分達が言い出したのに責任を取らないというかあやふやにして政府に対して怒りをぶつける。

なんて無責任。


posted by mouth_of_madness at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする