2018年09月16日

世界の構造

大東亜戦争以降、第二次世界大戦以降世界の構造は変わったという考え方がある、確かに表面的にはそうかもしれないし、分かり易い植民地的なモノではなくなったと思う。

それをやるとまた手痛い目に遭うという危機感が直接的支配を回避させている。

でも実際には支配の方法やり方を変えただけである、実質世界は昔ながらの野蛮なまま、ある種のルールを押し付けて支配をするのです。

G7って何様よ、国連て何様よこの辺の歪な感じを見ると何も変わってはいない感じがするでしょ?

世界平和を、世界の発展をとかいってはいるけどこれらの組織に反する考えは認めない権力機構だからね、国連なんてすべての国が対等で無いという面を見てもおかしいでしょ?おかしくても加盟しなければ大変危険な目に遭うと思われるから加盟しているのでは無いだろうか。


このおかしな支配構造の打倒に動く国はもう出ないのだろう、別の支配構造を作ろうという連中は出て来るけど単なるさらに遅れた酋長社会的なモノに成り下がるだろうから期待は出来ない。

難民等によりヒャッハー社会になり壊れる可能性もあるけれどそれもう酷いの一言。

日本は軍事でその支配構造に戦いを挑み負け、戦後は経済でその構造に挑んでまた負けた、今最後の戦いかもしれない文化で負けるともう日本は立ち上がれないかもね。

思想汚染が進みゆく日本にどれくらいの時間が残されているのだろうかと思います、ご機嫌を伺いながらひっそりと暮らしていこうという感じにまで行き着けば日本終了です、国はあっても国じゃない微妙な状態。
posted by mouth_of_madness at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

G7

麻生大臣のG7に関する発言の有色人種の件に反応する人達。

他の国は色々な人種で成り立っているとか屁理屈をつけていたり、グローバルだなんだといってみたりという感じが実に滑稽に思えるのは僕だけだろうか?

有色人種に過剰反応し過ぎだと思うよ、逆にこの部分に過剰に反応するという部分に日本人である事に劣等感や差別意識を感じるのは僕だけですか?


あの発言で問題があるとすれば仕組みの一つであるG7に入る事がまだそんなに大事なのかという部分にこそ問題を感じるべきです、まだまだ世界の統治機構がある種の牛耳られている事に対して考えを巡らせるべきです。

またG7が非常に遅れているのではないかと考えるべきなのです、まだ世界はそこに居るのかと気付くべきなのです。

どうにもその古い組織にいる事喜ばれてもねぇという感じになるべきなんですよ、まぁ入っている事には意味はあるけれどそう自慢するものでもないという事です。

G7とは価値観の一つでしか無いのです。

有色人種発言なんかよりG7に入って喜んでいる人としての器の小ささにガッカリするべきなのです、もっとデッカい大志を持って欲しいよね。




posted by mouth_of_madness at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

政治話

最近思う事、政治、政策は良いか悪いかで判断するもんじゃないのではないかという事。

多分殆どの政策にはいい面悪い面があるのですよ、誰にとって良いかという事なんですよ、そう考えていくともう好きか嫌いかという感じで判断して良いんじゃ無いのと思うのです、本当は良くないのだろうけど。


でもねぇ内閣変わればガラッと変わる部分もあるし、国際情勢でも変わる、胆力がないとマスコミの風向きでも変わる様なモノ、一貫しない様なモノを良し悪しで考えるだけ無駄な気がするのよ。

この変わり方を考えると様々出るダイエット本の流行の様な気がするのです、ちゃんとやれば効果があるのかもしれないけれど、ちゃんとやらずに効果が今一つで新しい方式に飛びつく。

政治も国際的流行とか社会の流れに暗にに飛びつき問題が出てグダグダになり新しい流行に飛びつくのですよ。

そうなるともうね良し悪しではなく好きか嫌いか、面白そうか面白くなさそうかという知能より肌感覚で選ぶのが正しいのではないかと思えて来るのです、駄目なんだけど、それの方が余程分かり易いのではないかと思うのです。

まじめに語るモノがない感じが衆愚政治の行き着く先なのかも。
posted by mouth_of_madness at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

理不尽

ホラー映画にほ色々と理不尽な事が起きて人が死んでいく、怪物だったり幽霊だったり、とんでもないサイコさんだったりが事件を起こす。

でもホラー映画の理不尽は安心な理不尽である、出鱈目な理不尽だから実は怖くても怖くないのです。

しかし現実の理不尽は滅茶苦茶怖い、理不尽に殺される前までの段階に阻止するチャンスが何度もあった筈なのに事が起きるのですよ。

ストーカー犯罪に関しては警察に訴えていたのに殺されたりするのですよ、でもねぇ大概は教育です、躾でちゃんとしていれば防げるのが大半だったり、ちゃんと見ていれば、おかしくなってる事に気がつくパターンも多いと思うのです、実際にはおかしくなっている事に気がついていながら見なかった事にした事により犯行が起きるという状況だと思う。

これこそが理不尽ですよ。

阻止する事が出来たのに様々な理由をでっち上げモノを見ようとしない対策しようとしない、これこそが人間の横着な部分が起こす理不尽な犯行なのです。

赤ちゃんの近くに煮えたぎるヤカンを置きぱなしにしている様な状況を見ない様にする部分が人間にはあるのですよ、それを未来にどうなるかわからないといって無視をするのです、絶対に触れるとは限らない、スペースによってはむしろ触れない方の確率の方が高いかもしれないそんな妄想に逃げ込み犯行を見過ごすのです。

この積み重ねによりとんでも無い犯罪が起きたりすると考えるとホラー映画の理不尽なんて可愛いものでしょ?

計画では震度7まで対応していたのにここ地震少ないからといって予算浮かす為に震度6までの手抜き対策しかしてなくて地震きて倒壊して被害にあったら非常に理不尽でしょ?

多分こんな事は世の中に溢れている、様々な理不尽が偶々の運で絶妙のバランスを取っているだけ、いつ何かが起きてもおかしくないのよ対策出来たのにやらない、勝手にいらない、無駄という考えの先に来る理不尽な被害。
posted by mouth_of_madness at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

セクハラのない世界

一切のセクハラのない世界。

多分それはなんの味気もない様な世界に違いない、そんな事を言うとセクハラを肯定するのかと言う反論が来るだろうけど僕はそう思う、世の中は男でも女でもなく単なる人間という記号に成り下がるのだ。

今はまだそこまでではないかもしれないが一つずつこの行為はセクハラという事が決まっていくとさらに細かな内容が対象となり窮屈な状況になる、その時に人はその社会に合わせる為に徐々に感情の一部を失って行くのだ。

きっと今に洋服とかも男女差が無くなるよ、体の線を出す事自体が駄目になるよ、スカートとかももちろん駄目よ、また顔が露出するのも駄目になるからみんな四角い袋みたいなモノをかぶって生活。


そうなっって来るとテレビ番組も状況は絵でわかるけどほぼラジオかよという感じになるのではないか?

セクハラのない世界とは全てのセクシーが無い社会になるのだ。

posted by mouth_of_madness at 05:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする