2018年01月13日

豆腐

豆腐は菜食主義者の食べ物だからそうじゃない者が食べるのは冒涜らしい。

そんな感じのネット記事。

何かこれも差別、人権の暴走の結果、自意識過剰の現れのおかしな状態だと思います。

何勝手に豆腐を菜食主義者の食べ物にしているのよと思う、こういう輩は今に肉喰う奴は野菜喰うなとか言い出しそう、肉喰う奴は下等な人間とか、人間と認めないとか言い出しそうです。

今年に入って話題になっている差別問題、差別の意図は無かったという言論に対して差別されたと感じた者がいるのだからという反論、イジメるつもりは無かったといえば何でも許されるのかというイジメ問題にすり替える。

差別されていると感じた者がいるのだから差別、イジメられたと感じる者がいるのだからイジメという論理。

確かに加害者と思われる方の意見だけで判断するのはマズイ、でも被害を訴える方の意見だけで判断するのもマズイのよ、何かイヤな思いをしたら私は被害者と言い出したら世の中ギスギスですよ、訴えた者勝ちでは何も出来なくなる。

痴漢冤罪と同じ状態。

被害者意識の暴走が社会をドンドンと窮屈にしていくし、変な思い込みの常識やルールが思考停止や言論弾圧を生み出していく。

まぁ豆腐に関しては被害者は豆腐喰うなとケチつられた方だけどね。

嗚呼、自意識過剰な世の中にゲンナリ。
posted by mouth_of_madness at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

子ども食堂

一見貧困家庭の子供を救うのによさそうなモノに思えるけど社会的には問題解決にならず、ただ先送りしているだけではなかろうかと思う。

広島での朝食も何とかならないかという方針も更に状況を悪化させるだけの様な気がするのです。
子ども食堂で何とかなったら企業は雇用条件なんか変えませんよ、こりゃいいとそれに甘え低賃金で働かせます、そのせいで労働時間も長くしないと生活出来ないとなって益々家族はバラバラというモノです。

また馬鹿親とかがコレは便利と利用したりするのもあるだろうしね。

確かに緊急的には必要な事だと思います、でもこのボランティア精神が行き過ぎると国や企業はそれを仕組みとして組み込み本来国や企業がやるべき事をほったらかしてしまうのです。

難民問題とかにしてもそう、安易に受け入れるとそれに甘えた人々は自国を建て直すという事を忘れ、発展しなくなり自立出来ないのですよ。

移民にしても自国の労働資源、税収を支える為という考えで移民をやっていけば国はドンドン疲弊し、本来の国の色と言うのが失われ、名前だけのモノになりさがる。

安易な問題解決は急場を凌ぐだけで早急に問題を明らかにして改善する必要があるのです、子どもの貧困が問題ならばもっと労働面での改善をする方向に行かないと駄目。

何か子ども食堂をやっている事に慣れてしまい、問題を忘れている様な気がするのです、大変で充実していたりするとそれが満足感、達成感を生み。子ども食堂をやらなければ駄目な状況を打破するという考えが抜け落ちるのです。

助け合いは大事だけどその事により問題が抜け落ちるのは社会的に物凄いコストになるのです。

posted by mouth_of_madness at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

ロブスター

スイスで生きたままのロブスターを熱湯に入れたら駄目という動物保護法改正らしい、電気ショックか機械で脳を破壊してからでないと駄目という、もう何が何やらという感じ。

なんか頭で考えてこれぞ素晴らしい人としての行いだと思っているのかもしれないけれど、僕には馬鹿じゃないという感じしかしない。

殺して命を喰らうという事からは何も変らないのにね。

何か麻痺しているよ、多分昔と違い殆どの人は肉等を食べるときに動物をシメる所をみなくなった弊害だと思う、だから過剰に残酷行為と思う様になったのだろう。

コレまで生きていたモノを食べる、それを実感する事の方が命を知るという意味では余程健全です、目を背けたくなるかもしれないけれどそれを知っている方が人として健全です。

動物としても正しいのですよ、肉食動物は他の生き物の死を感じながら食べているのですから、変な理屈をつけて遠ざけるのは自分のやっている事を誤魔化す欺瞞でしかないよ。

まぁ戦争がロボット化するのと同じなのかもね、先進国の人は自国の兵士を殺したくないし、死ななくてもPTSD持ちになったりしたら問題だからね、それならば自国の人間を死から遠ざけ、相手の人間を如何に効率よく殺すかという事だし、凄い武器で殲滅すれば苦しまずに死ねるから人道的でしょという奇妙な考えだと思う。

血が流れない様な戦争になると多分人は取り返しのつかない事をする筈だ、争いにより流れる血を見ない様になればきっと死について麻痺するのだ。
posted by mouth_of_madness at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

素直

素直っていい事なの?よくこの子は素直でいい子なのとかいうよね?

ふと思いました、意味見てもありのままとか従順とかあるけどなんか微妙なのですよ。

ありのままに悪人というのはいると思うし、従順というのは自分の意思が無いという事なんじゃ無いの?

それに意味にある、真っ直ぐでねじ曲がってない様「素直な髪の毛」(デジタル大辞泉)にあるけどこれって今はやりの黒人差別だったりしない?

実際は素直というのは馬鹿にしている事ではないかと思う、素直な料理とかいうのは褒めてない感じがするよね、不味くはないけど作り手の個性を感じないという事でしょ?

そんな事を考えると褒める部分がない人をなんとかいい感じにしてあげようという言葉、無個性をいい感じ表現する為の言葉なのではないかと思う。

何かについて自分の考察を入れ発言をする、ヒネリを入れるというのはその考えの良し悪しはあるけれど人としては生きているよね。

変に捻って面白くなかったり不愉快だったりする事もあるけれど意思があるよね。

こんな風に考えると素直って微妙です、なんとなくうすら馬鹿感が滲み出る感じがします。
posted by mouth_of_madness at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

Daiwa Boys

ダイワハウスのCMで役所広司がボーカルをとるバンドがなんかいい感じ、ゆるいテンポが実にしっくりくるのです。
DaiwaBoys
https://youtu.be/ehjXW7FcT-E

カントリー? フォーク?

これまであまり聞いてこなかったジャンルなので実に新鮮なのですよ。

CMからの流れで調べてみたら「The dead south」というグールプがいい感じなのですよ、何かこうやって音楽を聴いていくと隙間のない位に色々な音が散りばめられて構築されている音楽って疲れるよねと思う、若い時はそれでも良かったというかそれが好きだったけど今は隙間が心地良いのです。
The dead south
https://youtu.be/B9FzVhw8_bY

隙間と太い音、存在感のある音というのが逆に空気の音を感じさせるのです。

無音という名の音なのです。
posted by mouth_of_madness at 21:17| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする