2019年02月07日

賛同者

カジサックと宇野常寛のアホみたいな喧嘩。

人に知らせる必要すらない様な喧嘩をネットで叫ぶ、これって単に自分に賛同して欲しいだけだよね、実に気持ちの悪い状態だよね。

フォロワーという関係性の薄い身内意識を支えに生きていく実に人として脆弱な感じ、この脆弱性がキレ易さだったりするのだろう、そして騒ぎに参加する仲間意識に自分の居場所を見つけるフォロワー、これも実に情けない感じがするのは僕だけだろうか?

仲間になる事でマウンティングしようというセコさが滲み出ているような感じが実に嫌な感じですよ。
この時代に取り残されるな、流れに乗らきゃという強迫観念にも似た感じの仲間意識は何処から来るのだろう?何か仲間がいなきゃ駄目とでも刷り込まれているのではないかと思う。

正義のある方に乗らなきゃダメなのよ、乗ってれば一安心なのよという間違った感じが実に危険だよね。


まぁそんな事よりもっと嫌なのがこういう事が有ると直ぐいっちょ噛みしてくる茂木健一郎だけどね。

posted by mouth_of_madness at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

話せばわかる

話し合いでかいけつ、話せばわかるの正体は俺のいう事をきけ。

俺の言っていることが正しいのだからいう通りにしろという状態だから上手くいくわけは無いのです。

また国会の議論が成り立たない理由は同じ目的のもとには議論をしないから噛み合うわけがないのです、議論は同じ目的に向かってどうするのが最善手を考えるかでないと成り立たないのですよ。

この様に人はチョイチョイと噛み合わない事をして逆ギレをする。



相手がバカだら議論にならないとかレベルにすらいっていないただの自己主張のぶつかり合い、きっと今何について議論しているのかすらわかっていない大声大会なのです。

明確化していないから時間も無駄にかかるのですよ。


そう考えると議論という名の駄弁りがしたいだけなのだろう。
posted by mouth_of_madness at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

教育的指導

親が子供にビンタで警察が出てくる。

確かに虐待の恐れもあるのだが子供の悪知恵というのもあるのよ、この見極めをちゃんとしないと色々と問題が出てくる。

そもそもビンタする躾がなっていないというわけ知り顔の教育評論家の群れがいるけれど、どれだけの人がちゃんとした躾が出来ているのだろうか?

話せばわかるというのは本当か? 少なくとも大人の世界では話せばわかるというのはかなり無理な話、日頃のそんな事を言っている人ですらはなせばわかるというのが出来ていないからね。

常に叩いていると効果がないのはわかるけど、要所、要所でピリッとさせる為の、ここはリミットという事を教える事も大事だし、適度にストレスを与える事も精神的タフさを得る為には必要だと思うけどね。

世の中の理不尽さをコントロールして教えるのも必要だと思う。

中途半端な人権意識が未成熟な大人や小皇帝を生み出し取り返しのつかない状態になるのではないかと思う。


それにね親の暴力問題について一番の問題は学校も児童相談所もイマイチやる気も見えないし、実際にはかなり無力な部分少なくとも調査機能は強化しないと駄目よね、まぁそれとなんといっても未成熟な親なのよ、むしろ親学校が必要な位に子育ての知識が欠落しているのよ。

親と暮らさない、自分の生活が大事という様な感じが色々と余裕を奪う事になっているのだと思う。

昔は有ったご近所付き合いとかが無くなったのも余裕がない原因だと思う、自分の生活が大事といって全てを切り捨てたのだから子育てが大変になるには自己責任です。

posted by mouth_of_madness at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

恵方巻

なぜ毎年の様に取り憑かれた様に作りすぎる?

いい加減製造計画、販売計画見直すべきだと思うけどね、どう考えても商売的に問題が多すぎるでしょ。

過ぎたるは及ばざるが如し過ぎです、あれだけ売れ残っているのをみると赤字じゃないのと思うもの、まぁ恵方巻に限らないけど会社の帰りに寄るパン屋結構閉店間際に行くけど惣菜パンが山ほど売れ残っている、あれも多分廃棄だよね、バイトが何個かもらったりするのかもしれないけれどあの量は半端ないと思う、そのくせ僕が欲しいバタールとかはチョイチョイ売り切れている、製造のバランスおかしくないか?

このパン屋プライドなのかブランドイメージの為なのか知らないけれど閉店間際でも割引も何もないからね。

店に選べるだけの商品がないというのは客の為を思えば商売的によろしくないのだろう、廃棄で損をするよりもチャンスを逃す事の損の方がも後々響くのもわからんでもない。

そうは言ってもあの売れ残り量はどう考えてもおかしな量だと思う。

何かルーチンワーク的に何も考えずに過去に決めた数量を作っている様に思うのです、それはあまりよろしくないと思うのですが。





posted by mouth_of_madness at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

揉み消す

犯罪を犯す、金等で示談に持ち込み不起訴になる。

でもこれって非常に拙い事ではないか?金があれば犯罪が揉み消せるという事であれば法治国家は瓦解する。

金さえあれば凶悪な輩が野放しに出来るという事、この犯罪行為が金を生み出す様なモノであれば永久に続けられる危険性を内包するのですよ。

これに未成年とかが絡めば最悪の状況です、名前が出ることもなく凶悪犯罪三昧ですよ。

この示談というシステムの欠点は早急に対応するべき、野放しにしておくと知恵をつけた奴が何度も繰り返す、被害者は裁判等の煩わしさとか思い出したくない事なのかもしれないけれど示談に乗るという事は新たな犯罪のタネを蒔いたのかもしれないのよ。

後に不起訴になった奴が犯罪を犯した場合に責任をとらないとよろしくないと思う、被害者から加害者に変化してしまうのです。

新井浩文の件でも実に君が悪いのがデビィ夫人の発言の記事、事務所が被害届を取り下げさせる方法をとれば逮捕されなかったという流れも芸能事務所は日常的に揉み消しているの?と思ってしまうよね。

そういう事をさらっと言ってしまうのも何か感覚が麻痺している感じで実に気持ちが悪い。

この程度の犯罪は大した事ではないと考えているのだという事が垣間見えてこの社会にあるある種の壁が見えて来るのである。
posted by mouth_of_madness at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする