2019年06月07日

その活力

引きこもり犯の人、僕には解らないことがある。

人を殺すだけの覚悟とかやる気があるのになんで日々部屋から出るのが億劫なの。

また部屋から出るのイヤでもネットでコミュニケーションとっていたりする訳でそれって僕にとっては非常に面倒臭い事をしている訳ですよ。

知らない人とネットで罵詈雑言とかって実に活力があると思う。

僕にはそんな気力も活力も無い。

リアルの知り合いとしかコミュニケーションをとらない方が楽だと思うけどね。

逃げ場がないとかはあるかもだけど。

怒りが持続するって実際に凄いことです、大概は面倒臭くなって妥協して諦めるのです。

また部屋に籠もり時間が潰せるというのもこれまた凄い精神力。

コレほどのモノがあるのに引きこもる、実に謎。

僕にはそんな事が出来ないから小さなコミュニティーに今日も出て行く。
posted by mouth_of_madness at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

ホレミタコトカ

引きこもりの暴走犯罪を探して無神経なコメンテーターのせいと言いたいが如くその手のニュースを探す。

暴走犯がテレビを観て自分の場所がない、人としての存在を否定されたとか言ってくれたら万々歳とでも思っているにちがいない。

善意で言っている訳ではないと思う、自分は物事を客観的論理的に見ている心優しい人という称号が欲しいだけの輩ですよ。

たぶん危機感も危険性もなんにも感じていない、そこの家の家族とかが困り果てている事なんか何もわかっちゃいない。

ただ人には生きる権利があるし自己都合で裁いては駄目という倫理だけで周りにいる人を地獄に落とす。

遠いところから好き勝手いう簡単なお仕事。

僕は引きこもりの原因はこの人権屋の責任だと思っている、中途半端な優しさが人を脆弱にしてしまったのだ。
posted by mouth_of_madness at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

消費財

Appleのitunesの戦略を観るとますます音楽は消費財に成る感じがする。

好きな音楽を聴くというより流行の音をまとうという感じなのかもしれない。

曲を買うのではなく音のある時間を買うという感じなのだろう。

ヒット曲はこれからも生まれるかもしれないけど心に残るような曲はないかも、良い感じのBGM状態がこれからの音楽の形なのかもね。

ドンドン消費してもらわないと商売的には意味がない、直ぐに忘れて次の曲という感じでないと駄目なのですよ、そうじゃないと月額基本料的商売は成り立たないのですよ。

好きな曲聞き続けるのであれば買えば終わりでしょ?そっちの方が安上がりでしょ?月10曲程度気に入らせる必要があるのですよ。

単に消費させないと駄目なのですよ、何か損している感を想起させたら不味いのですよ。

良い曲が山ほどある状況にすると音楽はただ聴かれるだけに成ってしまうのです。


おっさんとしてはチョイと悲しい。
posted by mouth_of_madness at 23:03| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

政治的発言

ミュージシャンとかが政治的発言をする、でもイマイチ薄い。

何故か?

それは何か言いたいだけで実は発言する程興味なんかないからだ、本当に興味があったらもっと慎重になるだろうし、勉強をしてもう少しマシな意見になるはず。

感性で生きているから世の中に漂う不穏な空気を感じ取っているから勉強しなくても大丈夫というのかい?

そんな生温い言葉じゃ何も変わらないし、響かないよ。


そもそもそんなに興味のない事を語る目立ちたがりが実にダサい、格好よくない。

posted by mouth_of_madness at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

不良品

ワイドナショーでの松本人志の発言がチョイと炎上してる。

でも世の中にヤバい人って明らかにいるよね、その人たちは全て社会環境が生み出したの?躾や教育が足りなかったり間違っていたからなの?

どうにもそれには賛同できない、同じような環境で育っても違う育ち方をするし、違う環境なのに似ている例もあるはずだ、そしてその様な環境の影響の効いていない明らかに何かが違う異質性を感じる強烈な個性の持ち主がいると思っている、同じ事をいわれても結果が違う答を出す者がいるのだ。

社会のルールから逸脱していなければそれは強烈な個性として受け入れられるだろう、だが社会のルールを逸脱している場合、社会はそれを受け入れられない、もうそれは個性で片付ける事は出来ないのです。

多分その人の周りにいる人々はは危険を感じるし、ヤバいと思っていて周りからいなくなってくれと考えていたりするのではないだろうか、その様に考える人を人達を、間違ってるとレッテルを貼って排除するそれっておかしくないか?危険思想だと排除する考えもまた危険なのよ。

排除しようという考えではどちらも同じよ、


差別的だろうが自分の人生の危機を感じたら排除しようとするのは本当に危険思想なのだろうか?ある種の本能。

お花畑な善意で物事を観る人もいれば、厳しい目で物事を観る人もいるのです、自分の見ている目が常に正しいと考えては駄目、自分を信じる事は大事だけどそれを過信しては駄目。

それにね環境で人の個性が確定するのであれば個性なんてモノに意味なんてないよね、また犯罪者生み出さないメソッドがあるのならばみんな施設に入れて教育及び躾をするべきでしょ?

産まれたら直ぐに施設に入れ人格が安定するまで洗脳教育こそが不良品0社会という事じゃないの?

国家児童という感じもまたナチス的。

何かがおかしい・・・ 僕の理屈か・・・・

posted by mouth_of_madness at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする