2018年01月03日

黒人

ガキ使でのダウンタウン浜田のエディーマーフィーのコスプレが差別的だという事で問題だという記事。

まぁ今回は黒人作家の人が言うのだから不快感に多少の説得力もあるのだが、やはりチョイと過敏すぎる様な気がする。

この様な過敏な反応が続くと何でも差別的だという感じになるのではないかと危惧するのですよ、アフロヘヤーもドレッドヘヤーもパンチパーマも駄目になる日が来るのではないか?

ガングロとかも駄目に成る日が来るのだろう、また黒人差別だけで無く日本人が脱色して金髪とかにするのも白人差別だとか言い出す輩が出てくるに違いない、モヒカン刈りとかもネイティブインディアン差別とか言い出すかもね、実に厄介な状況に陥るのだ。

終いにゃ日本人は丁髷しか駄目とかになったりしてね。

黒塗りとかは本当に無意識の差別なのだろうか?そういう差別文化があったのを知らないからという事で知れという事なのだろうけど、其処にこそ差別が内包している様な気がする、鯨食うな、犬食うなとかとかと同じ感じがするのよ、自分達の文化ではおかしいという事を無理矢理押しつける感じ、お前らの文化は遅れているから聞けという上から目線の意識を感じるのです。

コレこそ差別ではないのか?明らかに文化の上下を作り下の文化は上の文化に修正せよという奢りを感じるのです。

そういう観点では浜田の黒塗りより僕は厚切りジェイソンの方が余程差別的ではないかと思う。

それにねぇ表面上取り繕っても何にも解決しないのは移民問題をみてもKKKとかをみてもわかるでしょ?ごく少ないネットでの情報での事であるけれど日本で生活をしてみて黒人差別が少ないだのイスラム差別が少ないだのと言った感想もあったりする。

それらを考えると表面的に考えるより内包する悪意の有る無しで判断する様にしないと色々と窮屈になり鬱憤も溜まる、それに悪用して儲けようと差別ビジネスも横行する様になる。

何か気に入らない事を差別という言葉で封じ込めて行けば行き場を失った得体の知れない不満が爆発しより差別的になると思うのは僕だけだろうか?

何か言うと「それ差別だから」とやたらと言って来る様な人とは係わりたく無いでしょ?人として距離起きたく成るのよそれが新しい差別の芽になるのです。
posted by mouth_of_madness at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

お正月

働き方改革というのはよくわからないけど正月店を閉めるというのは良いと思います。

メリハリが有るというのは多少の不便よりも良いと思うのです。

元旦だけでなく三ヶ日店閉める、テレビも最少限度のニュースだけ、ほぼ世の中が停止している位のインパクトこそが今の世の中の必要な事ではないでしょうか。

何か生活を思考をリセットする為にはこれ位の事が必要だと思うのです。

ただでさえ今の世の中の時間に追われていると言われたりするのよ、強制的に止めるのも有りだと思うのです、当初は不満噴出だと思うけど10年続ければそういうものという認識になります。

昔はコンビニもなければ店も今ほど開いていなかったのですよ、それでもそんなには困らなかったからね、開いている今の便利と比べると不便だとは思うけど大した問題ではない。

兎に角、社会には沈黙も必要なのです。

お盆と正月、生活を強制停止させる位の沈黙があればもう少し疲労がとれるのではないかと思います。
posted by mouth_of_madness at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

意識高い

世の中には意識高い系の人がいる。

基本的に普通の人を小馬鹿にしていたりする、でも其奴らも基本的は馬鹿。

テレビとかは馬鹿を相手に番組を作ってるとか言うけれど世の中大半が馬鹿なのだからそりゃそうですよ、観る者も馬鹿、作っている者も馬鹿なんだからそうなります。

意識高くて観ないという人が賢いという事ではありません、単に流行に乗らないだけ違う趣味の持ち主というだけ。

流行に乗らない分だけ賢いんじゃないの?というかもしれないけれどそれには何の根拠もないのですよ。

そういう癖というだけが多分正解、小さい頃に受けた何らかの影響の結果でしかないと思います、まぁこれも
根拠はないけどね。

世界は基本的に凡人の集まりでしかないのに勘違いする、ちょいといい学校にいったとか、人と違う発想をしたとかですぐ自分は賢いと勘違いする。

一流と言われている大学を出て社会で働いていたりする連中って何万人、何十万人いるのよ?官僚になったり政治家になったり企業の中枢にいたり、マスコミ関係にいたりして社会を動かせる立場にいるのかもしれないけれどこの社会のグダグダを見れば実に大した事を出来る能力がないという事を表しているのよ。

考える力はあったとしても自分の感情に振り回され判断を失敗るだらしない者なのです。

実に馬鹿丸出しなのです。

そんな風に妄想すると朝生って論客って言われている人集めてギャースカ言っている様をみせどうです馬鹿丸出しでしょ?という悪意の番組かもと思ってしまう、実に奇妙な見世物なのだ。

単なる癖とか考え方の違いを賢いと思っては駄目というのが朝生見れば実感できるでしょ?

考え方の違いに騙される輩は海外の知識に触れるとすぐ騙され、海外の方が進んんでるとか言ってみたりする、その発想は無かったという事でシビれるのはわかるけど、チョイと愚かです。

明けましておめでとうございます
posted by mouth_of_madness at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

コンビニウォーズ・バイトJK VS ミニナチ軍団

非常につまらないJKの青春コメディ映画。

まぁ実際はつまらないと言うよりネタがよくわからないというのが正解だと思う、ベースになるヨガ馬鹿というのが理解できていないからね。

そのせいでエンドロールでのコメントとも非常に差別的に思え不快感が残るのです。

兎に角つまらない、果てしなくつまらない、変な人だらけで面白いでしょ?クズばっかりで面白いでしょというドヤ感も失笑でしかない位につまらないのですよ。

一つ一つのネタがわかっていて面白いと言う人ならば友達になれると思うけど、オシャレでぶっ飛んでいて面白いとかいう人とは僕は友達にはなれませんし、向こうもこのセンスがわからない奴とは友達になりたいとも思わない筈。

もう少しキレキレのバカ映画を期待したのだけど薄ら馬鹿映画で途方に暮れる、大した盛り上がりもなくダラーっと終わる、薄ら馬鹿たちを描いているのだから仕方無しと言われればそれまでだけどね、


本年も今日で終わりです来年もよろしく。
posted by mouth_of_madness at 14:59| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

サバイバルファミリー

ある日突然電気が使えなくなった世界で田舎のお父さんの家に帰る話。

電気が使えなくなると今の社会は崩壊するし、その生活にドップリ浸かっている現代人は役立たずという事、人の助けがないと生活できない、助け合いが大事という感じの映画。

実にイマイチ。

何となく世の中が動かないからサバイバル生活させられている感じが実に面白くない、実際あのような状況になれば社会は劇的変化を遂げ新しいインフラを生み出す、警官は馬で移動したりするとか、食料の新しい流通形式がすぐに生み出される筈、それがないと大量に死ぬからね。

兎に角ライトな感じにしたいのだろうけど人が生きるという部分のエゲツなさ貪欲さが感じられないのよ、それは人の死が描かれていないからかも。

また水族館の魚を食べるとかにしても「面白いでしょ?」という部分が鼻につき面白くならない。

最初は移動している人多かったけど途中から居なくなって何故に?と思うのです、豚を捕まえた村とかに避難民とかが溢れていても良いのにと思うのです。

また主人公一家の地図帳のくだりにしても、最初はアレでもいいけど途中でいいヤツを手に入れると思うのですよ、止まってる車の窓割って手に入れたりとか、サービスエリアで手に入れたりとかそういう事をすると思うのです、パンクの修理とかをスマホケースとかでする知恵と機転があるのならば地図の新しいのを手に入れるくらいの事はやるでしょ。

なんかそういう部分が妙に気になって話に入り込めないのです。

そもそも気になりだすと最後ある日突然電気が復旧するけど、あの復活の仕方は電子部品の破損とかでは無いのよ電気が無くなった不思議な状態なのですよ、それならば何故人間が動ける?とか物質とか大丈夫なのかとか色々と考えてしまうのです。

復帰後にしても微妙に異質な感じになるのではないかと思うのです、再度なる事を見越して対策されているみたいな感じが欲しいと思いました。

何か色々と足りないのです。
posted by mouth_of_madness at 21:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする