2020年01月01日

新年

今年も無事に明けました。

変わりばえのない正月ですよ、変わった正月になるとそれはそれでおもしろいのかもしれないけれど、変わらないから正月感が出て良いという事ですよ。

まぁ各家庭の食卓は随分と変わったと思う。

実際には僕の子供の頃と比べると全然違うモノになっているのけどね、これから更に20年もっと変わっているのだろう、毎年少しづつ変わるから変化に気が付きにくいだけでね。

今年は違うというのがわかるくらいの変化があった時どう思うのかね?ちょいとそれには興味がある。

最近のコンビニ休もうとかの流れから昔みたいに初売り3日からとかになると街の雰囲気が変わって良いかもね、でも商売は出し抜くとこにアリで中々休む店は出にくいかも、でも働き方改革とかで休みに強制的されたりしてね。

うちは牛乳屋で店が開くとなると配達しないとという感じで休みがなかったので世の中がガッツリと休むべきと思うのですよ、何処が店を開けるとなると関連業者も休めなくなったりするからね、自分達だけの事と考えずに新しい仕組みを考えて欲しい。


そんなこんなで今年もよろしくお願いします。


posted by mouth_of_madness at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

終了

なんと今年も終了ですよ、令和元年もあっという間お終いですよ。

明日はもう新年です、みるみる老人まっしぐらですよ。

でも不思議ですよね、今日しんみりとして明日はヒャッハーとなる、この人の気持ちのデジタル感、カウントダウンで切り替わる人の気持ち。

状況と雰囲気を与えれば人の気持ちはコントロール出来るという事です、ちょいと怖い。

お正月と言う事で日頃はこんなに食費かけないのに、結構高価な食材がガンガン売れているのを見ると、景気回復は此処に有るのではないかと思ってしまう、もう少し月末とかに何かイベント的なものを作り定着させれば財布が緩むのではないかと。

忘月会とかのブーム作ってみたりして、ハロウィンも定着化しつつある感じもするし、恵方巻も定着化している感じもある、そんな感じで月末はコレを食べて厄祓いとか言う感じで各月にそれぞれなんかイベントを作れば景気回復のチャンスじゃないの?

月単位でメリハリがつくというのは生活にも変化が有り習慣的に良い変化が有るかも、プレミアムフライデーでは無いが、毎月最終日は休みみたいな感じにしてしまえば良いのよ。

あと12年に一度の大大晦日とかも風習にして12年に事にチョイと長めの正月休みとかイベント行事を行うというのも良いよね、干支が一回りしたという事をもっと盛大に祝うのよ。

ビジネスチャンスですよ、干支一回りは布団を新しくとか、カーテンを変えようとか、冷蔵庫、テレビを買い替えのタイミングとかいうのが有れば買い替えタイミングのコントロールと大幅なモデルチェンジのタイミングを合わせる事で買い替えが楽かも。

そんな事を考える大晦日。
posted by mouth_of_madness at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

民主主義の危機

民主主義の危機、それは自分達の権利が脅かされている、特定の者が独裁していると言って権利を奪還しようと思いだし暴走する事から始まるのではないだろうか。

陰謀論に毒され、自分達の不幸、不満は権力者による独裁によるモノだという考えこそが危機なのだ、選挙が行われていないのならそれもわかるし、マスコミが与党批判を一切していないという訳でもない、むしろ批判がちな状況でそんな事を言い出す事こそがおかしいのですよ。

また選挙で決まっている事がおかしいとしたらそれは国民がおかしいのであって政党がおかしいというのはちょいと違う事を理解すべき。

政権批判する前に自分達を変える事が大事と知れ。

政権を潰すのに選挙等ではなく革命で、暴力的なデモで潰そうとすることは民主主義では無いからね、また民主主義ってすべての人を満足させる様な代物でもない、自分達が満足していないから民主主義が脅かされているという考えは暴走でしか無いのよ。


誰かが不満を持っている限り進まないとしたら民主主義は何も出来ない主義になってしまうのだ、普通に運用しても遅くなりがちなのよ民主主義は根回しだの妥協点だのを見つける作業があるからね。

責任の所在がわからないある種の無責任状態でもあるのですよ、責任は全ての有権者に有るのに政権批判で自分達に責任が無いと思い込む、それこそが民主主義を更に駄目にしているのです。

それが分かっていない連中が俺たちの手に権利を取り戻すっていう狂気の構造、気狂いが権利を手に入れたらそれこそ民主主義は終わりますよ、正義の名の下に粛清の嵐です、それを民主主義の成果だと暴走して行った果てには地獄しか無い。
posted by mouth_of_madness at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

ダサくて哀れ

表現の不自由 北海道でまた写真を焼く。

あまりにも低脳でダサくて、酷い事をするなというより哀れみしかない、もうね表現者をやめた方がいいレベルなのですよ。

ユーモアも毒もない、ただ阿呆な行為だけがそこに有り表現の自由を訴える、苦情が来ることが分かった上での阿呆な行為、耐えるなる人の家にペンキで落書きしたら苦情が来るのを分かった上で落書きし、苦情が来たら表現の自由だと言い張る頭の悪さしかないのよ。

苦情を微妙にすり抜ける、時代が変わっても理解されるユーモアが有ってこそのアートなのですよ。

またいまだに権力者や自分の意見に反するモノを叩いている状況が馬鹿なのよ、権力者が変われば世の中が変わるという感じがチョイとね幼いよね、まぁ自分の考えを実行してくれる独裁者が出てくるのならばそれも可能かもしれないけれど。

客観的に物事が見えていな感じが実に危険よね、表現の自由なんかどうでもいい感じが漂っているよね、自分達も表現の自由を脅かしているという構造まで描き出してこそ意味があると思うのだが、たったその程度の事も思い巡らせる事も出来ない恥ずかしさ。

人間の業としての自分の考えに反するモノは排除しようとする部分をちゃんと描きなさいよ。

トイレの落書きで人を不快にさせるだけのモノで自慢されてもねぇ。




もっと真面目に生きるべき、ふざけるのならばもっと真剣に。
苦情くるのがイヤだというので有れば表現の自由で逃げる事なく真剣に向き合え、表現の意図を説明し納得させろ。
posted by mouth_of_madness at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

溢れる疲労

昨日で仕事納めだったけど今日はやたらと眠い、普通の週末の眠さと違う位に眠い、チョット椅子とかに深く座ると意識が持っていかれるくらいに眠い。

眠すぎて掃除が捗らない。

数日前から気管支炎になって咳が続き眠りが浅かったというのも有るのだろうけど兎に角眠い。

今年の蓄積疲労が休みに入り緊張感が無くなり溢れ出ている状態なのだろう。

でも此処まで眠いと色々と大変ですよ、風呂大丈夫なのかと思ってしまうしね。


この眠さ、子供の時の遠足から帰って来た時の感じに似ている、遠足の楽しさで疲れ知らずだった感じが家に戻り麦茶を飲んだ瞬間に気が抜け眠りに落ちる感じ、心地いいのだけど、意識が持っていかれ1日半位の記憶が飛ぶというか時間が飛ぶというか。

それにしても肉体と精神って良く出来ているよね、恐ろしくリンクしているよね。

posted by mouth_of_madness at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする