2018年06月29日

ジャスティスリーグ

DC版のヒーロー大集合映画。

これまでのDCの映画の微妙な暗さがマーベルのシリーズとは違い良い感じだったのに今作はそんな感じが大幅に減りなんかガッカリな感じ。

尺も短いし、わかりやすいとは思うけど何かコレジャナイ感が非常に残念なのよ、また映像もどことなく安っぽい感じもグッと来ない要素。

兎に角バットマンがタダの金持ちの良い人に成り下がっている感じがどうにもねぇ、逆にスーパーマンが暴走を抜きにしても何かチョイと嫌な奴になっているのも何だかなぁという気になる理由。

またこの映画で面白くない部分、ヒーローに光を当てる為なのかもしれないが大変な事になっているのに防衛活動をする軍隊とか警察が出てこないのよ、これは駄目です。

ちゃんと軍隊は蹂躙されないとスーパーマン等の活躍の対比になら無いのですよ、都市が破壊され、防衛軍も歯が立たない絶望的な状況、人々もバットマンでは地球は守る事が出来ないと思っている状況でも立ち上がるバットマンみたいな展開があって復活のスーパーマンとなるといった話が欲しいよね。

スーパーマン等により地球は救われ、ヒーロー復活の記事が踊る中、ヒッソリと闇に帰るバットマンみたいな明暗が欲しかった。

なんか馬鹿っぽいヒーロー映画になってしまってはマーベルとの違いが出ないのです、それでは作る意味がないのではないかと思う。
posted by mouth_of_madness at 22:53| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

弱冷房車

朝の通勤の時に降りる時の出口位置関係で弱冷房車に乗っている。

この弱冷房車、朝の混雑時結構キツいものがある、何かトラブル等で電車が路線上で長時間止まった時とか結構熱がこもり汗ダクになる、ここまで酷いと弱冷房車って何よという気になるのです。

弱冷房車って寒くは無いけどそれなりの快適性は維持出来ていないと意味は無いのでは無いかと思う。

冷気のある風では無いにしてももっと空気の入れ替え等はガンガンにやるべきでは無いかと思う。除湿と換気が上手く行っている状態にしてくれよ。

後カーテン欲しいと思うよね背中とかが照りつける日差しで死ぬという感じになるからね、日差しでみるみる温室化になる場合があるからね


弱冷房車があるならば強冷房車も欲しいのではないか、それとも現状は強と弱で普通が無いのか?

それにしとも満員電車で座っていて前に立っている人の汗が上から落ちて来るのはチョイとどうなの?弱冷房車に乗るなというのかもしれないけれどこれはやはり温度設定、管理が出来ていないと思うけどね。

送風口の近くは冷風がキツイのですというのであればその辺の改良をするべきですよ。


あと夏用車両としてシートの交換が出来るようになればと思う。メッシュシートとかでベタつか無いシートの導入どうぞよろしく。
シートの下の空気の循環等があればさらに良し


posted by mouth_of_madness at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

AIに負けない

本屋に行ったらAIに負けない様に自分磨き的な本が有った。

何でAIに負けたら駄目みたいな感じになっているのだろか?

社会の仕組み的に仕事が無くなると食べて行けないというのはあるけれど、それさえどうにかなれば別にAIに負けた所でほとんどの人には問題は無い筈。


機械に支配されるのはまっぴら御免とでも言うのだろうか。

生活が快適になるか否かで物事をもう少し考えても良いのではないかと思う。

それにねぇ、充分に進歩したAIに勝てる人間なんか極僅かだと思う、きっと90パーセント人間はAIに負ける、50年後とかには滅茶苦茶優秀なAIが家庭やそこら中にあり至れり尽くせりな状態になっていると思うけどね。

勝ち負けを論じるよりAIをどう使えばより快適な生活が出来るのかを考えるべき、新しい労働環境における貨幣経済等のバージョンアップを考えるべきなのです。

現状の中流家庭の生活が働かなくて出来るのであれば別にAIに負けても問題は無いと思うけどね。

それを達成できるあたらしい仕組みを考えることの方が大事なのだ。

段階的に導入されるAIによる社会問題をいかに無くすべきかを議論するべきなのです。
posted by mouth_of_madness at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

距離感

外国人が日本での生活に慣れてから母国に帰ると礼儀が駄目駄目に感じるとか、もう日本に戻りたいとかの感想を読むとどんだけ自国が酷いのよと考えてしまう。

ネットにある感想だけでなく、自国が嫌で日本に来たというフランス人と会った事もある。

そのフランス人は自己主張が煩すぎて自国が嫌だと言っていた、自己主張に過ぎないのに勝ち負けをつけようとする部分が兎に角嫌だと。

きっと相手も良かれと思ってアドバイスとかアイデアを提供してくれているのかもしれないが、度が過ぎるとそれはただ煩いだけのモノに成り下がるし、興味もなければこれといった意見もない事にでもグイグイ来られたらそれは疲れると思う。

別に何でも白黒つける必要はないのにね。

ベビーメタルのファンとアンチのネットでの衝突とかを見てもそこま何故ぶつかると思ったりもしたしね。

日本で暮らすと其処までガツガツぶつかる事もなく穏やかな生活に慣れるときっとその耐性が極端に衰えるし、別の価値観がうまれた為にもとに戻りにくい人達がいるのだと思う。

多分元々自国で疲れていたのに気がついていなかった人達がその様になるのではないだろうか。

肩コリが一度揉みほぐされて楽になると途端に意識してしまう事に似ているのかも。


日本での生活における距離感になれると自国に帰ると距離感近過ぎに気がついてしまうのだ、あまりにも内側に踏み込んで来るのでそれが礼儀がなってないように思えるのでないだろうか。

中々距離感が縮まらない事で疎外感を感じ日本が嫌になる人もいるけどね。



距離感近いのをフレンドリーと感じる人もいれば、親しき仲にも礼儀ありという考えもある、距離感は実に難しいモノなのです。
posted by mouth_of_madness at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

肥大化

企業とかは買収したり、増資したりで巨大になっていく。

大きくなる事でこれまで出来なかった事が出来るようになったり、スケールメリットを活かした商売が出来たりもする。

でも本当にやりたい事が出来ているのだろうか?単に売り上げを上げたいという理由なら達成出来ているかもしれないけれど、肥大化していく過程で内包するリスク等も大きくなり身動きが取れなくなり当初夢見ていた理想からズレていたりしないだろうか?

ぶら下がってくる連中もいるだろうしね。

人が増え、関係する企業が増えてくるとコントロール出来ない部分が増えてくる、ドンドンと背負うものが増えるともう自由から遠いモノになってしまう。

経営者のみなさんやりたい事って出来てますか?

肥大化して何の仕事をしているかわからなくなってませんか?

posted by mouth_of_madness at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする