2019年01月28日

へッドフォンケーブル

ヘッドフォンケーブルの交換、思っている以上に変化が有って驚く。

オーディオケーブルがらみでこんなに変化を実感したのは初めてかも。

判りやすく音量が変わったからね。

今回変えたケーブルの前は1000円しないような安い奴だったけどこれは左右のバランスもなんか怪しかったからね。

どうにもそれが我慢できないので新しいのに変えたのですよ。

始めから付いてたモノはチョイと長すぎで使いにくかったしね。


チョイと奮発して3000円オーバーです。

でも元からの奴より細かい音も聴こえるし、低音も切れがいいしで大満足です。

安い奴とは雲泥の差。

メニエールになった理由ってケーブルのせいじゃないのすら思う。

左右の微妙な音のバランスがストレスの原因じゃないの。

まぁチョイとケーブルが固いのはダメだけどね。


それよりも音の良さがが圧倒的だからね。
posted by mouth_of_madness at 22:37| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

リア充

リア充が嫌いな人達、でも実際はリア充が嫌いなのではなくリア充の作り出す差別的状態が嫌いなのではないかと思う。

俗にいうリア充が嫌いな人も意外と自分の生活は充実していたりするのだけど方向性が違っていたりするとその生活が充実していないと否定されるのですよ。

ある方向性に流れる状態を良しとしない気持ちが反発するのではないかと思うのです。

それにその方向性って流行に流されているだけでそれに対してあまり興味がない者からしたら大きなお世話だったりするのにある種の強要される感が実に不愉快だったりするのです。

別段興味のない話題をコレ知らないのとか、やった事ないのとか言われたら実に不愉快でしょ?一つの価値観に閉じ込められたら嫌でしょ?

相入れない感性の違いの反発がそこにある様な気がするのです。



それにね俗にいうリア充の人って実はリア充ではないよね、ただ流行に振り回されているだけの人、それをリア充っていう部分にも違和感を感じるのですよ。

側から見たらブラックな感じの仕事ぶりでもそれが面白くて堪らない人には生活が凄く充実していたりするのだけどこういう人ってリア充とは言われないよね。


一つの基準で測られるのは堪ったモノではないのです。



posted by mouth_of_madness at 22:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

トクサツガガガ

NHKのドラマ面白く無い訳では無いが実に微妙な感じ。

このドラマ、テレ東のドラマ24の枠だったらとかTBSのドラマイズムの枠だったらもっと面白くなったのではないかと思ってしまうのですよ。

微妙な生真面目感がどうにも座りが悪いのです、キャスティングとかも良いので実に惜しい感じがするのです。


NHKは新しい方向に変わろうとしているのかも知れないけれどその方向性が微妙な感じもする、その一環としてのゾンビドラマもあるのだろうでもコレもまた「カメラを止めるな」のヒットの便乗した感があってどうにも迷走している感じがするのですよ。

技術はあるけど愛がない、思い入れが無いというか、楽しんでいる感が微妙に足りない感じがするのです。

まぁ実際は愛はあるのかもしれないけれどそれを形にする経験値が少なくて微妙な感じになっているのかもね、枷を乗り越えるだけの能力がないのかもね。


大河のいだてんも微妙な感じだしね、何かがスンドメしていてハッチャケないのです。






posted by mouth_of_madness at 22:47| Comment(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

バカタレの音楽

今の日本の若者の音楽って洗練されているよね、更にはナイーブな俺みたいな感じでちょいと内向的でアート志向な感じ。

でもこれだとバカモノは何を聴けばいいの?

勢いと衝動のバカモノの為の音楽はないの?

僕が学生時代にはインディーズにはそんな音楽が色々と有ったけど今はどうなのよ?


技能やセンスなんか糞食らえと言わんばかりのやる気だけで突っ走った連中がいたのですよ。

そのなんとも言えない勢いにワクワク感が合ったのです、馬鹿を受け止めてくれる場所が有ったのです。


今はもうバカタレは滅んだのかもね。



小綺麗でハイセンスな社会へようこそ。
posted by mouth_of_madness at 22:56| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

コンビニからエロ本

ついにエロ本排除に踏み切ったコンビニ業界。

ますます世の中は健全化に突き進む、不潔なモノとレッテルを貼り表舞台から消していく、これもまたある種の差別だし言論弾圧の一部です、不快に思う人がいるからといって何でも追放していく。

売れ行きの悪いエロ本だから問題なしとかいうのだろうけど、この不快だからという理由で追放できるというルールかなり危険という事を理解するべきよ、いまにね予想していなかったモノも消える世の中になるよ。


このエロ本追放でまた一つ世の中は潔癖になった、潔癖症の誰かに支配される世の中になりつつあるという事理解して欲しい、どんどん窮屈になり猥雑さのない世の中になって人は正気を失うよ。

歪な犯罪が今に起きる気がするのです。
posted by mouth_of_madness at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする